FC2ブログ

漆器のポットと湯呑

陶磁器が大半を占める店内で、一際目を引く商品。

漆器のポットと湯呑。山中塗/石川県

418.jpg




根来塗(黒漆による下塗りに朱漆塗りを 施す漆器)のポットは、使えば使うほど艶を増し、また、ほどよく擦れ、中塗りの黒が浮き出て、とても良い表情となってくれます。付属の茶こしは取り外せ、お手入れも楽です。
4181.jpg



実際手にして、あまりの軽さに皆さん驚かれる組湯呑。とても薄く、程よく反った口当たりの良い口縁です。
4183.jpg

漆器(木製)は軽く、落としても割れにくいのが魅力の一つ。

また、木は熱の伝導率が低いので、表面が熱くなりにくく、尚且つ中のお茶は温かさをキープしてくれます。

軽く、割れにくく、表面が熱くなりにくいので、特にお年寄りの方にオススメです。

自然のぬくもりを感じさせる木製品は、長く使うほどに手になじみ、つややかな風合いが加わります。

ぜひ、手にとって木のぬくもりを体感してください。




陶磁器サロン 彩   → HP
misegamae2.jpg




読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

漆器のポット(急須)って珍しいですね。
湯呑みも、たまに驚くほど熱くなってることがあります…。
漆器は使いやすそう♪

Re: タイトルなし

>元渋谷アリスさん
このポット、珍しいですよね!特に急須は出っ張りが多いため、割ってしまいがちです。絵付けや柄が施されているものはありませんが、気兼ねなく使える木製もオススメです^^
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR