FC2ブログ

赤絵牡丹ポット・カップ&ソーサー

美味しいコーヒー・紅茶をもっと美味しく飲む。

季節と共に飲む器を選ぶ。

そんなちょっとしたことで楽しむ豊かさが広がります。

もうすぐ春牡丹の季節ですね。庭先で可憐に咲く牡丹を目にする機会も増えてきます。

そんな季節に相応しい商品が入荷しました。



【赤絵牡丹ポット・カップ&ソーサー】
250318.jpg


ティーポットは、すっきりと白磁を生かしながらも、大胆に絵付けがされています。

モダンなデザインに加え、持ちやすさを追求した取っ手。

また注ぎ口は、佐賀県の特許である撥水加工も施されておりますので、液だれしにくくなっております。

2503181.jpg


陶茶こしは、上部分についていますので、お手入れがしやすいのも魅力。
2503182.jpg


こちらは「カップ&ソーサー」。このように口径が広いものは、紅茶の色や香りが愉しみやすく、レモンスライスなども入れやすいのです。

2503183.jpg


ソーサー部分には、カップを置く部分の凹みがないので、ケーキやクッキーなどのお皿としてもお使いいただけます。

2503184.jpg




【赤絵牡丹ポット(小)】 
 径11×高11.3㎝ ¥7,350(税込)

【赤絵牡丹カップ&ソーサー】
カップ)径9.5×高5.2㎝ ソーサー)径15.7×高2.2㎝ ¥7,560(税込)

250318.jpg




こちらがリアル牡丹。↓ 
2503185.jpg

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花――。

永遠の憧れです^^;。

みなさん自身、例えるならどんな花ですか?




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

季節によって器を選ぶなんて、素敵です。
私も特別な日は、お気に入りの器を使ったりしますが、それだけでテンション上がりますね。

Re: タイトルなし

>元渋谷アリスさん 住宅事情にもよりますが、器をこよなく愛するお客様の中には、季節ごとに食器棚も入れ替えるそうですよ。こんな風に心に余裕を持って生活を送りたいものです。
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR