FC2ブログ

金襴手獅子見込 湯呑揃

毎年楽しみにしているお歳暮。

宝塚寶菓匠 菅屋“金覆輪(きんぷくりん)”

金覆輪とは刀や鞍などの縁飾りの覆輪に、金や金色の金属を用いたものから名前を付けられたそうです。

1230.jpg

ずしりとした重量感のこのお菓子、

一層目・・・丁寧に裏ごしされたいんげん豆に卵黄を混ぜた黄身餡

二層目・・・十勝産の小豆で作られた漉し餡

真ん中・・・大粒の丹波栗

そして上には豪華さをかもし出す金箔がヒラリと添えられています。

12301.jpg

なんといっても、口の中で溶けていく滑らかさは絶品。甘さも餡の風味を損なわない上品なものです。

カプッといきたいところですが(笑)、品よく8等分にしていただきます。

12302.jpg



今年も美味しく頂いております。ありがとうございました。

12303.jpg


≪使った器≫

【金襴手獅子見込 湯呑揃(五個組)/源右衛門窯】
径9.5 × 高さ5.0 (cm) ¥63,000(税込)

12304.png

「金襴手(きんらんで)」は、金箔糸で鮮やかに模様を織り出した金襴布に名前を由来する赤絵(色絵)技法の一つです。邪気を払う聖獣として中国で頻繁に文様化される百獣の王・獅子(ライオン)を外面の円窓で表し、内面の染付文様との対比で、とても華麗で清楚な印象の湯呑です。




≪休業のご案内≫

1月1日~3日まで休みをいただきますm(_ _)m。4日から通常営業いたします。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。ご無沙汰しております。パリから帰ってきてから慌ただしく過ごしてました(汗)
美味しそうな和菓子ですね。(個人的には・・・)
年末年始は美味しいものがいっぱいですが、お互い食べ過ぎには注意しましょうね。

Re: タイトルなし

>アリスさん
パリ弾丸旅行☆楽しんできたみたいで何よりです☆ぜひ今度お土産話を聞かせてくださいね!
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR