FC2ブログ

金継ぎ(きんつぎ)

【金継ぎとは】
割れた茶碗・欠けた皿などを漆でつなぐ技法。割れたり欠けたりした陶磁器などを漆で継いで、その継ぎ目に金粉を振りかけて装飾とする、修復のための工芸技術です。



先月お預かりしたお客様たちの大切な器たちが、金継ぎによって新たに息を吹き込まれて戻ってきました。


崋山萬右衛門/小鉢  ふちのチップをお直し。
1229.jpg


源右衛門窯/小鉢  ヒビ修理。(内側)
12284.jpg


(外側)
12285.jpg


もちろん当店の商品以外も承ります。 ふちのチップをお直ししたのは、、
12282.jpg


ノリタケ製の洋皿です。
12283.jpg


基泉窯/コーヒーソーサー  ふちのチップをお直し。
12287.jpg


源右衛門窯/銘々皿  ふちのチップをお直し。
12286.jpg

このように、経験と技を誇る職人の手によって見事に生まれ変わりました。一見簡単そうに思うこの作業、ここまでキレイに仕上げるのは熟練の技を要するため、当店では専門の職人に依頼をしております。

大切な器を壊してしまった時のショックは大きかったと思いますが^^;、こうしてよみがえらせることで、壊れる前の器よりも愛着が湧いたり、また新たな景色が生まれたりするものです。

壊してしまって諦めかけていた器がございましたら、このように金継ぎで蘇らせてみてはいかがでしょうか。

※詳しいことはこちらをどうぞ。費用のご参考に。→クリック




≪休業のご案内≫

1月1日~3日まで休みをいただきますm(_ _)m。4日から通常営業いたします。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR