FC2ブログ

きもの

着物が好きだった母から譲り受けた大島紬。

なで肩で小柄の母が着ていたものは、私が袖を通すと裄丈(腕の長さ)が足りないので直して着ています。

12096.jpg

しなやかで軽く着れば着るほど光沢がでて、体になじむ大島紬。

黒みがちの地から浮かび上がるような椿の柄がとても気に入っています。



↓こちらは昨年の展示会に着た紬の着物。左右非対称の柄がモダンで、きっちりと着付けるよりもざっくりとラフに着たほうがおしゃれに見えます。
12093.jpg


今年の“蔵出しセール”では、外にテントを設けたり、倉庫での作業が多くなりそうだったので着物は断念。。
12094.jpg

お正月2日目は着物を着るようにしているので、久々に袖を通すことができそうです。

同じ着物でも、合わせる帯・帯締め・帯揚げの組み合わせで、まったく印象を変えることができます。

また、洋服と違って、こうして親子代々受け継ぐことができるのも着物の魅力。

なかなか着物で出かける機会もありませんが、来年は今年よりも多く袖を通したいと思っています。





陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR