FC2ブログ

吹墨十草飯碗

11月に屋内に入れたハイビスカス。部屋が暖かいので今でも次々に花が咲いていますよ。
12033.jpg

ホントは剪定してから屋内に入れた方がいいらしいのですが、蕾がついていたからかわいそうでそのままに。

最初は葉っぱが全部落ちて、「枯れちゃった?!」と思ったけど、春には新芽がでてきてまた新たな花を咲かせました。

もう何年目だろう。10年くらいでしょうか。大して手は掛けてあげていないけど、たくましく長生きしています。

12034.jpg




さて、今日はご飯茶碗の紹介です。

【吹墨十草飯碗 大・中・小】
1206.jpg


中のしぶきのような絵付けは、吹墨(ふきずみ)技法といい、水に溶いた呉須を霧吹きや細かい目のふるいに硬毛の筆を手早くこすって霧状にし、素地面に模様を付着させる絵付けの方法です。
12062.jpg

大・中・小の3種類ご用意しました。ご家族お揃いでいかがですか。

私はダイエット中につき、今夜からこの「小」でお米をいただこう。それにしても小さいなぁ^^;
12061.jpg


吹墨十草飯碗 各¥1,470(税込)

(大) 径12 × 高7.5cm
(中) 径11.5 × 高6.5cm
(小) 径10 × 高6cm


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

外側も内側も渋いデザインで素敵です。
ご飯茶碗って感じがしますね。
それよりダイエットだなんて・・・
必要ないですよ!

Re: タイトルなし

> 元渋谷アリスさん
忘年会シーズンで、肥える一方です。お正月にはお餅やらおせちやら、が待ってるし(笑)。すこし絞った方が体調いいかも。
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR