FC2ブログ

ひな人形

3月3日はは桃の節句ですね♪  もうご準備はお済みでしょうか^^?

時代とともに、しきたりや風習が薄れ、また住宅事情もあり、昔のように7段飾りは見かけなくなりましたね。

その一方で、場所をとらず出し入れの手間が掛からない、小さめの雛人形がここ数年人気となっているようです。

初節句の贈り物にはもちろん、女の子がいらっしゃらないご家庭でも、季節感を出せるアイテムとしてご購入されるお客様もいらっしゃるんですよ。



今日はそんなひな人形のご紹介を^^
(写真では大きさが分からないですね^^; 一番左、青磁の男雛の高さが13センチ。ご参考までに。)
hina.jpg




有田焼、白磁の立ち雛。実はこちら、電気スタンドなのです!着物の透かし部分から照らされるやわらかい光が心を和ませてくれます。(男雛の高さ 22センチ)
hina2.jpg




こちらはガラス雛。中に散りばめられた金砂が光の屈折でまばゆい光を放ち、小さいながらも存在感があります。
(男雛の高さ 4.5センチ)
hina3.jpg




「雛」ではなく「姫」ですが(笑  気に入っているので紹介させてください^^;
有田焼らしい金彩の絵付けが華やかですよね。姫型の銘々皿。   
hina4.jpg



ご紹介しきれなかった雛人形の他にも、陶板や小皿、箸置なども展示しております。

女の子の節句としてだけでなく、この時季ならではの風情をお楽しみください。





陶磁器サロン 彩 → HP

misegamae2.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

白磁の立ち雛、電気スタンドとはビックリ!
今はそういうタイプもあるんですね。
住宅事情によりサイズダウン傾向にありますが
この素敵な伝統文化は続いてほしいですね。
いくつになっても、やっぱり雛人形を見ると
ワクワクしますv-238

Re: No title

>元渋谷アリスさん
人形は表情・絵付けもさまざまで見ていて楽しいですよね。
次は5月人形です。時期になったらまたUPします♪
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR