FC2ブログ

吉田カバン~PORTER~

父が長年連れ添ったボストンバッグ。30年ほど前に、父の友人が使っていたものを譲ってもらったそうです。
8032.jpg

それ以来、出張や旅行、ゴルフに行くときには常にこのバッグを携え、今ではこのような見事な風合いに。

いま思えば、これ以外のバッグを見たことが無く、おそらく“旅行かばん”と呼ぶにふさわしいバッグはこれ一つなんだと思います。

譲り受けたときから多少の使用感はあったものの、あれから30年、よくぞここまで育て上げたものです。

革は柔らかく馴染み、色艶が深みを増して非常に味わい深い、本人も思い入れのあるバッグ。

でも・・・・

8033.jpg



使い込みすぎて、とうとう穴が開きました(涙)。多分、この状態になってからも2,3年は使っていると思います。

8034.jpg

出かける度に「ずいぶん使い込んだバッグですね~。」と皆に言われていたらしい^^;。

使っている本人もそろそろ代替わりを、と思い立ってから半年、ようやく後任が見つかったので紹介します(笑)。







【吉田カバン ポーター ダイク トラベルバッグ】
803.jpg

予約してから2ヶ月待ちでやっと送られてきました。60歳半ばのシニアが持つには、ちょっとカジュアル過ぎますか?^^;


「一針入魂」を社是とし、「品質」と「使いやすさ」にこだわりと誇りを持っている吉田カバンは日本の職人による手作りで、大量生産はしていないとこのこと。

8031.jpg

少々値段がはるのにも、それなりの理由があるんですよね。

なんだかこう並べると、吉田カバンのポーター君が若い青年のように見えてきます^^。


d7v844wc.jpg

これから末長くよろしくね。




陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

この前、カンブリア宮殿という番組で、吉田かばんを特集してました。
本当に職人さんが、一つ一つ丁寧に作ってましたよ。
また長く愛用できると良いですね。

Re: タイトルなし

>元渋谷アリスさん
このバッグで最低30年は一緒に旅して欲しいものです。やっぱり国産がいいですよね!バッグも車も(笑)
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR