FC2ブログ

透かしビアグラス~畑萬陶苑HATAMAN~

暑い夜には、こんな涼しげなビアグラスでビールはいかがですか?^^

「究極の透かしビアカップ」
727.jpg

《究極の透かしビアカップの特長》
・ 手仕事で透かし彫刻をし、厚さ1mm位まで彫る技術で造っています。
・ 特殊な陶土で白さがあり透光性もあるため、ビールが入っているのがうっすらと見えて楽めます。
・持ち手をリング式と彫刻の彫りによって持ちやすくしています。
・カップを冷蔵庫に冷やしておいてビールを注ぐと、クリーミーな泡立ちでより一層美味しいビールが楽しめます。
・冷たいウーロン茶等も中身がうっすらと見えて楽しいものです。


高い技術を誇るこの透け感。
7271.jpg



7272.jpg



7273.jpg


ラインナップはこちらです↓
7275.jpg



beercup_image.jpg


究極の透かしビアカップ  φ7.6cm×H14cm・容量350ml 各¥10,500(税込)

畑石 眞嗣

1955年生まれ
佐賀県伊万里市大川内山
畑萬陶苑4代目 (創業80年)代表取締役社長
日本伝統工芸士会 伊万里有田焼伝統工芸士
日本文化振興会 会員
ハプスブルク芸術友好協会 宮廷芸術会員

1986(昭和61年)
第10回全国伝統的工芸品展 会長賞受賞
1989(平成元年)
第86回九州山口陶磁展 入賞
第7回日本新工芸西九州工芸展 入選
第30回全日本中小企業総合見本市 中小企業庁長官賞受賞
第32回陶磁器デザインコンペティション 入選
1990(平成2年)
第87回九州山口陶磁展 通商産業大臣賞
1991(平成3年)
佐賀国際デザインコンペティション 優秀賞
第88回~97回九州山口陶磁展 入選8回
1999(平成11年)
日中友好団美術展 北京美術館にて
2002(平成14年)
全国伝統的工芸品展 入選
2003(平成15年)
朝日陶芸展 入選
第100回九州山口陶磁展 第3位受賞
2004(平成16年)
日本文化振興会 国際芸術文化賞受賞
欧州国際芸術祭リール2004 リールグランパレにて欧州重要伝統文化大賞受賞
2005(平成17年)
第4回芸術空間展 エビスガーデンホールにて
第3回メラヴィリア日伊芸術 驚異と美の饗宴展 日伊表象文化特別賞受賞
エコロジー・アース・アート21 第5回記念展 埼玉県立近代美術館
日仏久遠の栄光祭~至高なる日本芸術~ 東京ドームホテル ファンタジア芸術ワイン金賞
第8回北京国際芸術博覧会 中国国際貿易センター 第3位受賞
第5回新世紀宮廷芸術祭 オーストリア・インスブルク宮殿 マキシミリアン芸術賞
第3回トルコ日本現代芸術世界展 イスタンブール・ミマールシナン美術大学 絵画彫刻美術館
2006(平成18年)
和の宝珠展 モンゴル国際大学
ブルガリア国際芸術博覧会 国立海外美術館
2007(平成19年)
美の継承展 鎌倉美術館
第104回九州山口陶磁展 第3位受賞
台湾EARTH展(国際巡廻美術展) 国立中正紀念堂
第10回北京国際芸術博覧会 中国国際貿易センター 特設
モスクワ国際芸術博覧会 ロシア国立芸術 アカデミー美術館 総裁賞
日本・モロッコアートエキスポ IN カサブランカ サクレ・フール聖堂 カサブランカ市長賞
2008(平成20年)
第11回エイズチャリティー美術展 フジテレビジョン賞
第105回九州山口陶磁展 経済産業大臣賞(おもてなし紅茶碗セット)
世界文化功労賞 イギリスアカデミー
2010(平成22年)
第107回九州山口陶磁展 STSサガテレビ賞(四季透かしビアグラス)
2011(平成23年)
第108回九州山口陶磁展 入選(桜前線大鉢)




陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

なんて素敵なビアグラス(^o^)
見た目も涼しげで良いですね。
私は麦茶を入れて楽しみたいな~と思いました。

Re: タイトルなし

> 元渋谷アリスさん
ビアグラスといっても、フリーカップなので、お酒の苦手な方は麦茶など入れて楽しんでくださいね^^
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR