FC2ブログ

手打ちうどん~宮崎祐輔~

蕎麦打ち名人のお客様から頂いた「手打ちうどん」
6267.jpg

蕎麦にかける情熱は人一倍であるこのお客さま、蕎麦愛好家たちと全国の名店を巡ることから始まり、自分で蕎麦打ち始めてからも研究を重ね、とうとう蕎麦畑を契約してしまうところまで行き着いてしまったとおっしゃっていました^^;


そんな蕎麦打ち名人が打った“うどん”。期待せずにはいられません(笑)。

早速夕飯でいただきました。

6268.jpg


すっきりとした”もちもち感”と切れのある”コシ”があって食感がとてもいいです。 自家製つゆも大変美味しく、出汁へのこだわりが分かります。ごちそう様でした♪
6269.jpg



宮崎祐輔 作のそば猪口を使いました。うさぎがんでって縁起が良さそうですよね。
626123.jpg


表と裏、2羽の色違いのうさぎが描かれています。でも・・・・・分かりますか?ここ↓
6261234.jpg



地震で落下した皿がぶつかり、チップしてしまいましたがこの程度で済んだのはラッキーとしか思えません。

(落ちてきた皿は修復不可能でした。。)

チップした部分を修復し、金で継いでまた新たな景色が生まれました。

金継ぎした部分は月に見立てて、

うさぎと月(笑)  

飛躍したウサギにツキ(月)なんて、さらに縁起の良いそば猪口になりました♪


62611.jpg


【宮崎祐輔 陶歴】 

日本工芸会正会員
佐賀陶芸協会理事

昭和29年 佐賀県嬉野町生まれ

昭和44年 琥山製陶所入所作陶にはいる 

昭和52年 嬉野町吉田皿屋に谷鳳窯開窯

昭和53年 24歳で日本工芸会正会員となる

佐賀県展入賞3回

西部工芸展入賞多数

日本伝統工芸展入選23回

日本陶芸展入選6回

日本陶芸展日本選抜海外巡回展招待出品

中国・パキスタン・モロッコ・トルコ外遊

平成12年 イギリス大英博物館出品・収蔵

平成21年『工芸のいま伝統と創造』展  九州国立博物館




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

青と白のうさぎですね。可愛らしい(^o^)
縁起の良い器で美味しいうどんが食べれるなんて幸せですね。

Re: タイトルなし

>元渋谷アリスさん シンプルモダンなものも良いですが、縁起物として昔から言い伝えのある絵柄の器も良いものです。
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR