FC2ブログ

九州出張~最終日~

【3日目 最終日】

やっと九州地方も晴れました!!

早起きして海まで散歩。

すぐそこには唐津城。幾度となく訪れているこの地ですが、このロケーションは最高です!!
51815.jpg



キラキラ光る海を眺め、潮風を感じながら、ゆっくり浜辺を歩きます。
51814.jpg



散歩ついでに神社へお参り。家族の健康と旅の無事をお祈りしました。
5186.jpg


登校中の小学生達。すれ違う人が誰であっても「おはようございます!!」と元気に挨拶をしています^^偉いなぁ~。
51816.jpg

清々しい朝を迎えたものの、今日は旅の最終日。

とても名残惜しいけど、3日間お世話になった親戚へ挨拶をし、最後の買い付けである唐津焼の窯元へ。


【菅ノ谷窯】素朴な土が温もりを感じさせ、自分が使うことで変化していく唐津焼。昔ながらの技法で伝統美を追求しながら、登り窯で松薪を使用して高熱で焼成しています。

現役のお父様とその技術を継承した息子さんが、東京の百貨店で個展を開くなど現在活躍中です。
5196.jpg

5193.jpg



2代目(息子さん)の作品に多く見られる、蛇やトカゲの肌に似ている器肌の蛇蝎(じゃかつ)唐津。
5194.jpg



こちらの陶房で、新しい作品を生み出しています。
5192.jpg



とても暖かい家族で、皆さんの人柄が本当に素晴らしいのです。益々のご活躍期待しています!
5195.jpg





最後の窯元へ向かう前に、昼食をとります。

イカ活造り【河太郎】呼子店
51913.jpg


中央には生け簀があり、注文が入るたびに板前さんが生きたイカを取りにきます。
51914.jpg



席からはこの眺め!!
51916.jpg


新鮮なイカは透き通ってます。イカシュウマイも美味。身を食した後のゲソ部分は、お約束の「天ぷら」に。
51915.jpg

■住   所 佐賀県唐津市呼子町呼子1744-17
■電   話 0955-82-3208
■営業時間 平  日  12:00~20:00
土日祝   11:00~20:00
月曜のみ 12:00~19:00



さて、最後に訪れたのは唐津焼を代表する【中里太郎右衛門陶房】。400年の伝統を持つ唐津焼のかつての御用窯で、作品を将軍家に献上してきました。現在14代目。
5197.jpg


一年ぶりの訪問ですが、新作も数点お目見えしておりました。
51912.jpg


中里逢庵 (13代太郎右衛門)と14代中里太郎右衛門作品の展示室へと向かう渡り廊下からは、鯉や鮎が泳ぐ庭園を見渡せます。
5198.jpg


こちらがその展示室。
5199.jpg
※許可を得て撮影しています。


さすがに13代の作品ともなると、桁が違います^^; 茶碗230万円也。
51911.jpg

日本の伝統文化である『侘び寂び』の表現がもっともふさわしい唐津焼。

現在も茶の湯の世界では『一楽(信楽焼) 二萩(萩焼) 三唐津(唐津焼)』と言われ古くから、また現在も高く評価されています。

菅ノ谷窯さんの作品、中里太郎右衛門窯作の作品をぜひ手にとってご覧ください(5月25日入荷予定)。



*     *     *     *     *     *     *     *     *     *     



ということで、まだまだ紹介したい部分もありますがこれにて完結、3日間の出張ブログとさせていただきます。

唐津~有田の地にはゆかりがあるので、私が一生涯のうちに訪れることは度々あったと思います。

ただ、この業に就いていなかったらきっと知りえなかっただろう文化や歴史に触れ、またそれを通じて経験した様々なことが、私の人生において大きな財産になっているのだなと感じています。

日頃ご来店くださるお客様をはじめ、縁をもたらしてくれてた両親にも感謝しつつ頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。




陶磁器サロン 彩   → HP
misegamae2.jpg




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

No title

3日間の出張、お疲れ様でした。
人々の温かさに触れつつ、多くの作品を見ることができて
とっても充実した出張でしたね。
またこれから、その作品がお店に並ぶと思うと楽しみですね。
出張のブログ、楽しく読ませていただきました。

Re: No title

> 元渋谷アリスさん
私には山の田舎と海の田舎があるのです^^ とてもありがたいことです☆
店に商品が並ぶのはちょっと先になりそう。。。2つのメーカーからまだ届いていませぬ。。
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR