FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桐生のピザ屋さん

昨年11月にオープンした、桐生市本町3丁目にあるPIZZERIA Antimo(ピッツェリアアンティモ)さんに行ってきました。

本町通りに面しているので、市内在住でご存じの方、既に行かれている方もいらっしゃると思いますが、リーズナブルに本格ピザを食べられるお店です。

ピザの『さくっ・もちっ・ふわっ』の歯切れの良い食感がクセになる生地は評判通りでとても美味しく、好みでトッピングを選べるのも楽しい。

(メインのピザ・パスタの写真を撮り忘れました。。)
2503315.jpg


この専用の大きなピザ窯で、オーダーを受けてからピザを焼いてくれます。

中は物凄い高温で、ピザ生地が1分半で焼けるらしい。

250331.jpg

ピザ・パスタ以外もメニューが豊富なので、また行く楽しみができました。


≪PIZZERIA Antimo≫
群馬県桐生市本町3丁目4-30
11:00~23:00 ※15:00~17:00は準備中
[ランチ]11:00~15:00
電話0277-32-3658
定休日 木曜日






陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



スポンサーサイト

月に一度の

仕事前に、月に一度のお墓参りへ。

(今回はお彼岸以来なので、2週間ぶり?)

お寺に来た人が必ず通る場所、門前に掲げられた伝道掲示板の“言葉”に今日も足を止め見入ります。

250330.jpg


ポジティブな気持ちになれる言葉が多いので、ちょっとした人生の指針になったり、勇気づけられたりするものです。

2503307.jpg


本堂脇にある掲示板の今回の言葉。

2503302.jpg



こちらも、ポジティブ思考の極みです。

2503303.jpg

大体は、お経の一説やお釈迦さんの言葉などが掲げられるそうですが、こんな風に誰もが理解しやすく、明るく前向きになれる言葉はありがたいものです。

そんなことを思いながら、本堂脇を抜けお墓へ。

2503304.jpg


今年も桜がきれいに咲きました。

2503305.jpg



儚いからこそ美しい桜。気温が低いので、なんとか今日の雨には耐えてくれそうです。

2503306.jpg


また来月きますね~。絶好の場所でお花見を満喫してください。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





ボーダーの飯碗・湯呑

なんとなくボーダーな気分で、縞々模様の飯碗と湯呑を仕入れました。

【赤絵二色千段飯碗】大)径12×高7cm 小)径11.3×高6.3㎝ 各¥1,260(税込)
250329.jpg


【赤絵二色千段湯呑】大)径7.7×高8cm 小)径7.5×高7.8㎝ 各¥1,260(税込)
2503291.jpg


【トチリ線湯呑】赤・青ともに 径7.3×高7.3㎝ 各¥1,260(税込)
2503292.jpg

【トチリとは】
私は「とびカンナ」と言うことが多いのですが、ばねの利くカンナを利用して模様をつくる技法の事を言います。

生地をロクロに乗せ回しながら、ばねの利くカンナの刃を当て、トントン・・といった感じで、カンナが生地の上で弾み生地に一定の間隔で模様が出来上がります。

ロクロの回転速度、カンナの角度、力の入れ具合で模様は変わります。


【トチリ線飯碗】赤・青ともに 径11×高7㎝ 各¥1,260(税込)
2503293.jpg

横縞(ボーダー)を選ぶ心理状態・・・

頭打ち・現状維持・自分のことは自分でやるから放っておいて…などというサインだそう(笑)。

信憑性は???ですが、目新しい気分で食卓が楽しくなりそうな器です。


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

サクラサク

店内の窓から、お隣“桐生ガス”さんの桜が良く見えます。

2503281.jpg

一本でもここまでの大木は見ごたえあります。

2503282.jpg


先日、日光へ行った際に立ち寄った「明治の館」で、お馴染みのチーズケーキ「ニルバーナ」から桜バージョンが売られていたので買ってきました。

桜の塩漬けが乗せられていて、ほのかな桜の香が春を感じさせてくれます。

250328.jpg


私は好きですが、ノーマルの方が美味しいとの声多数^^;

↓こちらがテイクアウトの定番、チーズケーキ「ニルバーナ」。

9203.jpg

お取り寄せもできますよ^^

明治の館
日光市山内2339-1
TEL:0288-53-3751
http://www.meiji-yakata.com/onlinestore/




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

錦桜面取コーヒー碗皿

同じ町内にある“マリーポール”さん「ミディアムチーズ」を差し入れでいただきました♪

本当は焼いてあるそうなんですが、食感はベイクドチーズと言うよりレアチーズみたい。

スプーンですくっていただきます。

250326.jpg

とても濃厚ですが、甘すぎず程よい大きさが丁度いい感じです。お酒にも合いそう(笑)

チーズケーキを頂いておきながらなんですが、、こちら「マリーポール」さんは知る人ぞ知る“生チョコレートケーキ”が絶品のお店なんだそうですよ。お近くの方はぜひ。



【錦桜面取コーヒー碗皿】
でティータイム。

2503263.jpg

ソーサー部分に凹みが無いので、ケーキ皿として使います。

繊細に描かれた、美しい桜模様が目を惹く逸品。

2503261.jpg



2503262.jpg


観測史上、異例の速さで開花した千鳥ヶ淵の桜を、昨夜テレビで観ました。

群馬はこれからが見ごろです♪まだ3分咲きくらい?

【錦桜面取コーヒー碗皿】カップ:約Ф9×H7cm ソーサー:約Ф15×H2cm ¥6,825(税込)

2503264.jpg




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

平地では育つのが難しいとされている「ヤシオツツジ」が、今年も見事に花を咲かせました♪

ヤシオツツジは桜よりも一足早く開花する“春を告げる花”です。

木々の新芽もまだ出ていないこの時期に、ひと際華やかに咲き誇るヤシオツツジはたくましくもあり、自然の持つエネルギーを感じます。

【自宅の庭先】
250325.jpg



そして・・先日

素敵なアレンジをいただきました♪
2503251.jpg

生花があるだけで、店内がパッと明るく華やかになります。ほんのり芳しい花々は癒しも与えてくれます。

ありがとうございました♪


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

有田のパスタ皿 チェルキオ

オリーブオイルソムリエ石井秀代さんと、有田焼窯元が共同開発した有田のパスタ皿 “チェルキオ” 大好評です!

当店のお客様は、自分で使って気に入ってモノをお使い物にされる方も多く、その中でもこのパスタ皿はリピーター様が多い商品です。

すっかり春めいた陽気のせいか、ここのところビタミンカラーのパスタ皿が人気となっております。

その中でも売れ筋2点をご紹介。


【カサーレ】225mm × 190㎜ × 45㎜ ¥2,730(税込)
 
パスタを美しく見せるイエローとホワイトです。センターの刷毛で動きとおしゃれ感を表現。
6251.jpg


2503211.jpg



洗練された形状。カジュアルなパスタ料理に有田のデザインを加えることで本物の価値が感じられる器に・・・。
613.jpg



【ロングフラワー】225mm × 190㎜ × 45㎜ ¥3,360(税込)
花模様がグリーンの釉薬とあいまってポップで楽しいデザイン。グリーンの釉薬のトーンをうまく合わせることができました。
2503213.jpg

250321.jpg




使い勝手のよい、贈って喜ばれる器。チェルキオ。新生活をスタートされた方達へ、ペアの贈答用にも最適です。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

和装小物

振袖用のバッグと草履のセット。

振袖はさすがに着る機会が無くなりましたが^^; 「小物はまだまだ使える!」と、、

私は成人式の振袖に限らず、訪問着や附下にも合わせています。

こういった小物は、全体のバランスを見て、違和感が無いようだったら問題ないと思うんですけどね(40代くらいまで?・・・)


ただ・・・このインパクトの強い赤のエナメル。更紗っぽい柄がとても気に入っているのですが、なかなか出番がないのです。。

あえて地味な着物の差し色にするか、、等々考え中。これから先ずっと、陽の目を見ないのはかわいそうなので。。

250319.jpg


こちらは、ここ数年よく使っているセット。手まりのかわいい雰囲気を残しつつ、落ち着いたゴールドが◎。

2503191.jpg

しばらく押し入れに眠ってしまっていた和装小物。

どちらも礼装用ですが、せっかくあるのだから、上手くコーディネートして使っていきたいと思います。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


赤絵牡丹ポット・カップ&ソーサー

美味しいコーヒー・紅茶をもっと美味しく飲む。

季節と共に飲む器を選ぶ。

そんなちょっとしたことで楽しむ豊かさが広がります。

もうすぐ春牡丹の季節ですね。庭先で可憐に咲く牡丹を目にする機会も増えてきます。

そんな季節に相応しい商品が入荷しました。



【赤絵牡丹ポット・カップ&ソーサー】
250318.jpg


ティーポットは、すっきりと白磁を生かしながらも、大胆に絵付けがされています。

モダンなデザインに加え、持ちやすさを追求した取っ手。

また注ぎ口は、佐賀県の特許である撥水加工も施されておりますので、液だれしにくくなっております。

2503181.jpg


陶茶こしは、上部分についていますので、お手入れがしやすいのも魅力。
2503182.jpg


こちらは「カップ&ソーサー」。このように口径が広いものは、紅茶の色や香りが愉しみやすく、レモンスライスなども入れやすいのです。

2503183.jpg


ソーサー部分には、カップを置く部分の凹みがないので、ケーキやクッキーなどのお皿としてもお使いいただけます。

2503184.jpg




【赤絵牡丹ポット(小)】 
 径11×高11.3㎝ ¥7,350(税込)

【赤絵牡丹カップ&ソーサー】
カップ)径9.5×高5.2㎝ ソーサー)径15.7×高2.2㎝ ¥7,560(税込)

250318.jpg




こちらがリアル牡丹。↓ 
2503185.jpg

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花――。

永遠の憧れです^^;。

みなさん自身、例えるならどんな花ですか?




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


想い出

携帯電話を変えたので写真の整理をしていたら、想い出が詰まったフォルダがたくさん出てきました。

ブログにUPしていなかった、(昨年)北海道旅行のショット。

1泊2ラウンドの弾丸トラベル^^;。

【1日目】2:00a.m.群馬発→羽田空港→千歳空港→ゴルフ→すすきの→ホテル

【2日目】ホテル→ゴルフ→小樽周辺観光→千歳空港→羽田着→帰宅

今思い出してもよくやったな~と、、、、^^;
2503175.jpg


ティーグラウンドの脇に、やけにカメラ慣れしているキツネがいました(笑)

他にも、ウサギや鹿に遭遇したりと、北海道ならではの大自然に囲まれてのラウンド。

最高でした。

250317.jpg


新鮮な海鮮が安価で食べられるのも楽しみの一つ。

2503172.jpg


海ナシ県では目にすることのない、溢れんばかりの(溢れてます)“いくら丼”。

2503171.jpg



そんなこんなで、食べて・飲んで・遊んでと2日間フルに満喫した北海道弾丸トラベルでした。

スケジュールだけ見ると相当辛そうですが、案外こなせるもんですよ。

数年に一度はこんな旅もいいものです。体が動くうちにまた挑戦したいなと。

2503173.jpg





陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

お彼岸準備

明日からのお彼岸に備えて、仏壇の掃除終了!

2503163.jpg


明日は、仕事前にお墓参りに行ってきます。

昨年見事にデビューを果たした花粉症は、さらなる悪化している模様。。。

2503167.jpg

どうかスギ花粉だけで済みますように。。。念のため、病院でアレルギー検査をしてきました。

一週間後の結果待ちです。


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



ビアグラス~桜坂~

~匠の蔵~プレミアムビアグラス

当店でもお馴染みの、有田焼の名工たちが、細部にまでとことんこだわり作りあげたビアグラス。

“プレミアムビアグラス”

市販のビール、特に缶ビールには炭酸が多く含まれているため、缶からそのまま飲むと炭酸とビールの対流が起こらず、ビール本来のマイルドな味を楽しめない場合もあります。

そこで、おいしいビールをもっとおいしく飲む為にもぜひ『プレミアムビアグラス』に注いで、マイルドな泡立ちをお好みでつくり、お召し上がりください。

グラスの形状曲線が、ビールを注ぐ際の対流作用が効果的になるように設計され、理想的な泡バランスが期待できます。

春の訪れを感じつつあるこの季節に相応しい「桜坂」
250315.jpg


桜の花、一つ一つに凹凸を持たせる特殊な技法で作られています。
2503151.jpg


後ろ側には、ひらりと花びらが散っています。
2503152.jpg



【プレミアムビアグラス 桜坂】 径6.4×高12.8cm ¥6,300(税込) 
250315.jpg

【プレミアムビアグラスの特徴】

1.グラスのシャープな縁仕上げ
  シャープな飲み口が、ビールのキレをよくする。
2.1対2のバランス
  口径6.5cm(1)に対して、高さ13cm(2)のバランスが、持ちやすく飲みやすい理想の形です。
3.グラス内側の20度の傾斜
  20度の傾斜がビールの泡持ちをよくし、旨味を引き出します。
4.グラスの胴節
  下部の胴に節をつけることにより、指あたりがよく、持ちやすく安定感が増します。
5.グラスの形状曲線
  ビールを注ぐ際の対流作用が効果的で、理想的な泡バランスが期待できます。
6.内側底部の丸み
  ビールを注いだときになめらかな対流を起こし、マイルドな泡立ちをつくります。


いつもの缶ビールは、ぜひこの『プレミアムビアグラス』に注いで、プレミアムな時間をお過ごし下さい。



匠の蔵 プレミアムビアグラスのラインナップはこちら→クリック!




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

木のスプーン~どうぶつ~

かわいい動物たちの木のスプーンが入荷しました♪

自然のぬくもりを感じさせる木のスプーンは、口にやさしく、お子様にも安心してお使いいただけます。

250312.jpg


【ねこ】
2503121.jpg


【くま】
2503122.jpg


【くじら】

2503123.jpg

大人も癒される動物たちのカトラリーは、調味料や紅茶の茶葉などを入れる時にも使えそうです。

250324.jpg


【どうぶつ木のスプーン】 各¥367(税込)

ねこ)  長さ10.5㎝
くま)  長さ9.5㎝
くじら) 長さ10.5㎝

陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

唐津焼とチョコレート

横浜の友人からOGGIのチョコレートギフトをいただきました。

目黒川沿いに本店を構える、百貨店でもよく目にする有名なチョコレート屋さん。
2503043.jpg

お菓子作りを得意とする彼女は、以前にも手作りケーキを贈ってくれたりしたのですが、とても素人とは思えないほど美味しく、家族やお客さんも大絶賛でした。

そんな彼女が、こちらのお店の製造部門でお菓子作りを仕事として頑張っているということを知りました。

ありがたく頂きます☆



↓写真上は、ショコラトランシュ。洋酒の香がフワッと広がる濃厚な一枚。

下は、大好きなオレンジピール。すがすがしい味わい。

美味しい・・・。

来年のバレンタインはこれにしよう。

2503113.jpg


唐津焼のコーヒー碗皿を使って。

2503114.jpg
2503111.jpg


250311.jpg

【唐津焼コーヒー碗皿/菅ノ谷窯】
碗)径7.5×高6.5㎝ 皿)径14.5㎝ ¥5,900(税込)

2503112.jpg


大変なことももちろんあると思うけど、好きなことを仕事にできるって素晴らしい!

いつも気にかけてくれてありがとう。私も応援してるよ!


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

赤絵ミナイ手シリーズ/源右衛門窯

柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。

こちらは↓源右衛門窯の布製品を扱う、老舗ハンカチメーカーの“ブルーミング中西さん”専属のテーブルコーディネーターさんによるコーディネートです。

【ひなまつりのアフタヌーンティー】
250310.jpg



【赤絵ミナイ手皿】 径21.5cm ¥18,900(税込)
【赤絵ミナイ手 碗皿】 碗:径10.0 × 高さ5.50cm 皿:径16.0㎝ ¥27,300(税込)

2503101.jpg


【黄緑彩兜唐草皿】径21.0cm ¥42,000(税込)
【黄緑彩兜唐草碗皿】 碗:径10.0 × 高さ5.5cm 皿:径16.0cm ¥44,100(税込)

2503102111.jpg

「赤絵ミナイ手絵変りシリーズ」は、通常縁や背景に副文様として描かれることの多い細密文様をメインのモチーフとして取り上げ、現代のテーブルにふさわしい普段使いの食器に仕上げました。

≪赤絵ミナイ手絵変り碗皿ランナップ≫ 
碗9×5.8㎝ 皿:15.6㎝ ¥25,200~¥27,300(税込)

2503105.jpg

2503103.jpg

2503104.jpg


古伊万里のこころを現代に伝える源右衛門窯が、シルクロードを辿る色絵の旅を思い誂えた「赤絵ミナイ手絵変りシリーズ」を、是非お楽しみ下さい。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


新時代絵シリーズ

ブログをご覧いただいているお客様より「新時代絵シリーズ」のお問い合わせをいただきました。

以前に掲載した↓こちらの茶菓揃に加え、他にも多数ラインナップをご用意いたしましたので紹介します。


【タコ唐草そば猪口】カップ)径8×高6cm 皿)10×17cm カップ&皿 ¥1,840(税込)
25108.jpg


【花唐草ポット】 サイズ・値段ともに上と同じ
251082.jpg


【時代絵・軽々湯呑】径7×高9cm 青)¥945(税込) 赤)¥1,050(税込)

250309.jpg

上の湯呑は、三面に渡り絵変わりの絵付けがされています↓。
2503091.jpg


【時代絵・クリアポット】
大)7.8×5.3×H8.5cm ¥1,680(税込)  小)7.8×5.3×H7cm ¥1,575(税込)

2503092.jpg


【時代絵・焼物皿揃】21.5×13.5㎝ 5客組¥3,990(税込)
2503096.jpg


【時代絵・楕円小鉢揃】15.5×13×3.5㎝ 5客組¥3,150(税込)
2503094.jpg


【時代絵・多用丼揃】径13×高8㎝ 5客組¥3,990(税込)
2503095.jpg


【時代絵・三ツ組鉢揃】
花型)16.5×5.5㎝ 四角)16×4.5㎝ 八角)18×5cm 3客組¥3,675(税込)

2503097.jpg


【時代絵・組湯呑】 径8×高9㎝ ペア¥1,575(税込)
2503099.jpg


【時代絵・組飯碗】 径11.7×6.8㎝ ペア¥1,575(税込)
2503098.jpg



【時代絵・コーヒー碗皿】 径15.6×7.8㎝ ペア¥4,200(税込)
25030910.jpg




身も心もお寛ぎいただける洗練された飽きの来ない染付、「時代絵シリーズ」


どんな料理も引き立たせる、上品にしてシンプルな器です。





※全国発送承ります。送料は別途頂戴いたします。




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




金継ぎ(きんつぎ)

1月に修理の依頼で、伊勢崎市のお客様が持ち込まれた↓こちらのいっぷく碗。

今まで数々の壊れてしまった器を見てきましたが、正直、ここまで派手に壊れてしまっているのは初めて目にしました^^;

チップやヒビどころではなく、落してパッカリ割れてしまったものを、市販の接着剤で修復してお使いになっていたそうです。

さらには、使っているうちに小さな隙間からお茶が浸み出し、漏れてしまうとのこと。。

相当思い入れのある器でしょうから、プロの手を借りて器を甦らせてあげましょう。


250127.jpg

と、いうことで、大変お待たせをいたしましたが、この度「金継ぎ」により、見事に生まれ変わって戻ってきました。

まずは、接着剤を溶解し、はがす作業から取り掛かった為、時間も費用も通常の倍近くかかってしまいました。

作業にかかる前にお客様とも相談しましたが、やはり気にいっている器だから直してほしいとのことで、作業を始めさせていただきました。

新たに息を吹き込まれて戻ってきた器がこちらです↓。


250308.jpg



【内側・修理前】
2501271.jpg



【内側・修理後】
2503081.jpg


【絵付け部分・修理前】
2501272.jpg



【絵付け部分・修理後】
2503082.jpg


このように、経験と技を誇る職人の手によって見事に生まれ変わりました。

一見簡単そうに思うこの作業、ここまでキレイに仕上げるのは熟練の技を要するため、当店では専門の職人に依頼をしております。

大切な器を壊してしまった時のショックは大きかったと思いますが^^;、こうしてよみがえらせることで、壊れる前の器よりも愛着が湧いたり、また新たな景色が生まれたりするものです。

壊してしまって諦めかけていた器がございましたら、このように金継ぎで蘇らせてみてはいかがでしょうか。

【金継ぎとは】
割れた茶碗・欠けた皿などを漆でつなぐ技法。割れたり欠けたりした陶磁器などを漆で継いで、その継ぎ目に金粉を振りかけて装飾とする、修復のための工芸技術です。





※詳しいことはこちらに掲載しています。費用のご参考に。→クリック!




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





太巻き~染付市松平皿~

【染付市松平皿】
2503053.jpg


先日に引き続き、同じお皿を使っての夕飯です。

2503071.jpg


今回は、太巻きを盛り付けてみました。

250307.jpg


この辺り桐生地区は1ヶ月遅れの4月3日が桃の節句。

市松の模様に合わせて、1マス毎に「手まり寿司」を盛り付ければ、一層華やかな食卓になるでしょう。

さまざまなシーンで活躍しそうなこのお皿。ぜひオススメです☆


【染付市松平皿】24×24×高1.5㎝ ¥5,250(税込)
2503053.jpg



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→







生春巻き~染付市松平皿~

昨夜の晩ごはん。

・バジルホワイトソースパスタ(市販のホワイトソースに刻んだバジル・レモン汁・白ワインを入れただけ)
・トマトスープ(にんにく・コンソメスープ・玉ねぎ・赤ワイン・市販のカットトマト缶)
・アスパラ生ハム巻
・生春巻き


250305.jpg


↓左)茶色のは何だと思います?実は、これ「豆腐の燻製」なんです。赤城豆腐さんで購入したというお客様からお裾分けをいただきました♪今まで味わったことのない食感で、お酒が進みます(笑)。黒保根町だとばかり思っていたら、最近大間々に支店ができたそうなので、今度行ってみようと思います。珍しいチーズ豆腐なども興味あり^^。

2503051.jpg


こちらの生春巻き。写真撮り忘れで、食べかけ中にあわててシャッターを。見事に崩れた時の画^^;。

2503052.jpg


今回はこちらを紹介したかったのです。↓生春巻きで使ったこちらの【染付市松平皿】

2503053.jpg

見慣れている方も多いと思いますが、この市松模様は、二色の正方形を交互に配したチェック柄の模様です。

藍色の部分は、全て手作業で塗られているため、より味わいを感じることができます。

2503055.jpg


1.5㎝ほど淵上がりになっていますので、煮つけやソースを使った洋食にもお使いいただけます。

淵も直角ではなく、やや外側に反っているので、昨夜使った際も、角まできちんと洗うことができストレスがありませんでした。

糸尻(高台)は無く、安定のよい作り。

2503054.jpg


普段使いの無難なお皿にそろそろ飽きたな、、、という方^^。これ一枚でテーブルのアクセントになり、いつもと違う食卓が演出できますよ。

「大皿料理」に、また前菜を数品盛り付ける「ワンプレートディッシュ」にいかがでしょう。

【染付市松平皿】24×24×高1.5㎝ ¥5,250(税込)
2503053.jpg




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



京都・清水焼

春を待ち焦がれるこの季節にピッタリな清水焼のマグカップの紹介です。

【刷毛目染付春秋マグカップ(左)・刷毛目しだれ桜マグカップ(右)】
2503041.jpg



落ち着いた色合いと細く繊細な刷毛目模様が、桜の絵柄と調和したマグカップ。
2503044.jpg


カップ内側にも絵付けが施されており、使う楽しみが増えます。
2503042.jpg

【刷毛目染付春秋マグカップ(左)・刷毛目しだれ桜マグカップ(右)】
径8.2×高11.0㎝ 各¥3,360(税込)

2503041.jpg

【玉凰窯 富田新治】
昭和58年 伝統工芸士認定
平成5年  京都市伝統産業技術厚労賞受賞
平成17年 春の勲章・瑞宝単光章受章 



*     *     *     *     *     *     *     *



↓いつかの夕食、“ヒラメの煮つけ”。

※残った煮汁を魚に回しかけるのを忘れました。
250304.jpg

魚の煮つけは、全て強火で煮ていましたが、カレイやヒラメの煮付けは強火でサッと。さばの味噌煮なんかはコトコト長時間煮ると、しっかり味が入って骨まで柔らかく食べられるのだそう。

・・・知らないこと多いです。。

とりあえず、今までの適当な料理 → 「基本に忠実な料理」を心がけ、少しでも美味しい食卓を目指したいと思います。





陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


赤絵ミナイ手草花紋中碗皿~源右衛門窯~

「ケーキは別腹だから~♪」

・・・と、昼食後にケーキをパクつく私のおばあちゃん。

250303.jpg

御年90歳。美味しそうにケーキをほおばる姿は立派な女子です。

戦前戦後を生き抜いて、私まで命をつないでくれたおばあちゃん。

私たち子孫が束になってもこの人には敵わないのです。

これから先の人生も楽しんで、いつまでも元気な“ステキ女子”でいてくださいね。

2503031.jpg

この日におばあちゃんが使ったコーヒー碗皿

【赤絵ミナイ手草花紋中碗皿/源右衛門窯】
径6.5 ×高6.5 ㎝/皿 径13 ㎝ ¥12,600(税込)


繊細な筆遣いに大胆な色遣い。気配りの細やかさにおおらかさ。

この「赤絵ミナイ手絵変りシリーズ」は、通常縁や背景に副文様として描かれることの多い細密文様をメインのモチーフとして取り上げ、現代のテーブルにふさわしい普段使いの食器に仕上げました。

古伊万里のこころを現代に伝える源右衛門窯が、そんなシルクロードを辿る色絵の旅を思い誂えた「赤絵ミナイ手絵変りシリーズ」を、皆さま是非お楽しみ下さい。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。