FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金襴手獅子見込 湯呑揃

毎年楽しみにしているお歳暮。

宝塚寶菓匠 菅屋“金覆輪(きんぷくりん)”

金覆輪とは刀や鞍などの縁飾りの覆輪に、金や金色の金属を用いたものから名前を付けられたそうです。

1230.jpg

ずしりとした重量感のこのお菓子、

一層目・・・丁寧に裏ごしされたいんげん豆に卵黄を混ぜた黄身餡

二層目・・・十勝産の小豆で作られた漉し餡

真ん中・・・大粒の丹波栗

そして上には豪華さをかもし出す金箔がヒラリと添えられています。

12301.jpg

なんといっても、口の中で溶けていく滑らかさは絶品。甘さも餡の風味を損なわない上品なものです。

カプッといきたいところですが(笑)、品よく8等分にしていただきます。

12302.jpg



今年も美味しく頂いております。ありがとうございました。

12303.jpg


≪使った器≫

【金襴手獅子見込 湯呑揃(五個組)/源右衛門窯】
径9.5 × 高さ5.0 (cm) ¥63,000(税込)

12304.png

「金襴手(きんらんで)」は、金箔糸で鮮やかに模様を織り出した金襴布に名前を由来する赤絵(色絵)技法の一つです。邪気を払う聖獣として中国で頻繁に文様化される百獣の王・獅子(ライオン)を外面の円窓で表し、内面の染付文様との対比で、とても華麗で清楚な印象の湯呑です。




≪休業のご案内≫

1月1日~3日まで休みをいただきますm(_ _)m。4日から通常営業いたします。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



スポンサーサイト

金継ぎ(きんつぎ)

【金継ぎとは】
割れた茶碗・欠けた皿などを漆でつなぐ技法。割れたり欠けたりした陶磁器などを漆で継いで、その継ぎ目に金粉を振りかけて装飾とする、修復のための工芸技術です。



先月お預かりしたお客様たちの大切な器たちが、金継ぎによって新たに息を吹き込まれて戻ってきました。


崋山萬右衛門/小鉢  ふちのチップをお直し。
1229.jpg


源右衛門窯/小鉢  ヒビ修理。(内側)
12284.jpg


(外側)
12285.jpg


もちろん当店の商品以外も承ります。 ふちのチップをお直ししたのは、、
12282.jpg


ノリタケ製の洋皿です。
12283.jpg


基泉窯/コーヒーソーサー  ふちのチップをお直し。
12287.jpg


源右衛門窯/銘々皿  ふちのチップをお直し。
12286.jpg

このように、経験と技を誇る職人の手によって見事に生まれ変わりました。一見簡単そうに思うこの作業、ここまでキレイに仕上げるのは熟練の技を要するため、当店では専門の職人に依頼をしております。

大切な器を壊してしまった時のショックは大きかったと思いますが^^;、こうしてよみがえらせることで、壊れる前の器よりも愛着が湧いたり、また新たな景色が生まれたりするものです。

壊してしまって諦めかけていた器がございましたら、このように金継ぎで蘇らせてみてはいかがでしょうか。

※詳しいことはこちらをどうぞ。費用のご参考に。→クリック




≪休業のご案内≫

1月1日~3日まで休みをいただきますm(_ _)m。4日から通常営業いたします。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

陶器の鏡餅

今年も残すところあと僅か。。

皆様、年越しの準備はもうお済でしょうか?

今日は、お正月には欠かせない鏡餅の紹介です。

こちらは陶器製の鏡餅↓。

12281.jpg


来年の干支「巳」札も陶器製。
1228.jpg


陶器なので痛む事もなく、毎年使えて便利!
12281.jpg


こんなエコな陶器の鏡餅、手ごろなサイズなので玄関先やサイドボードにピッタリです☆

【鏡餅】

径8 × 高8.5㎝ ¥3,465(税込)



≪休業のご案内≫

1月1日~3日まで休みをいただきますm(_ _)m。4日から通常営業いたします。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



ボンボニエール

冬の定番、シャコバサボテンが今年も花をつけました♪

12273.jpg


昨年より花は少なめだけど、花が付きすぎてかなり重そうでダラリとしていたので、これくらいが丁度よさそう。

植え替えも数年してないので、春になったら新しい土に変えてあげよう。

花博士(パートさん)のアドバイスはとても為になります^^
12274.jpg


今日は蓋物の紹介です。

【ボンボニエール】

「ボンボニエール」(bonbonniere)とはフランス語でボンボン(キャンディなどの砂糖菓子)を入れる小箱のことです。

フランスではキャンディーのことを「ボンボン」と呼ぶので、そこから来ています。

明治以降、日本の皇室でもご慶事の記念用としてボンボニエールに金平糖(こんぺいとう)を入れ配られるようになりました。

1227.jpg


私は、チョコレートやキャンディー、またこんな風にポプリを入れたりして使っています。

12272.jpg


【バラ絵ボンボニエール】 ¥5,040(税込) 径12 × 高4.5㎝
12271.jpg

贈り物にも最適です☆



≪休業のご案内≫

1月1日~3日まで休みをいただきますm(_ _)m。4日から通常営業いたします。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



書道

昨日のつづきです。

イヴの夜はやっぱりこれ!

史上最大のクリスマスプレゼントショー“明石家サンタ”!!

1226.jpg

まったりと観ながらの・・・


書道(笑)。。 

12261.jpg

風邪で寝込んでいた為に、大幅に予定が狂い、提出日目前で切羽詰ってます。




書は人の心をのどかに、そして豊かにするもの。

心地よい緊張感を持ちながら、真っ白い紙に書を表現すること。



相変わらず、こんな環境下で書をしたためる不謹慎な生徒です。

しかし、八木さん幾つになってもお美しい。





陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→







クリスマスディナー

イヴの夜☆

みなさんいかがお過ごしですか?

日本列島、クリスマス寒波に見舞われているこの連休に足を運んでくださるお客様には感謝感謝です!

1225.jpg

家族や友人とホームパーティーなど楽しんでる方も多いのではないでしょうか^^



さて、我が家のクリスマスイヴのディナーはこんな感じでした。



ザ・和食!!(笑)  

12252.jpg

でも今日は特別な夜☆いつもより豪華ですよ~。友人が九州から送ってもらったという「牡蠣」をおすそ分けしてくれたので、今日の主役となりました。

教えてもらった通りに、アルミホイルに包み網焼きにしましたが、ぷりぷりでとってもジューシー!身も大きく、2人で10個、秒殺でした。。ご馳走様でした^^

12254.jpg


副菜は、いつもと変わらずこんな素朴な感じです。↓

12253.jpg


せめて、食後はクリスマス気分を味わおうとケーキを用意しました。

今年は「和栗のモンブラン」

12251.jpg

濃いめに淹れたコーヒーとよく合います。

12256.jpg


【源右衛門窯 染錦ミナイ手朝杯】

12255.jpg


皆さんも素敵なクリスマスをお過ごしください♪



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




おでんの取り皿 Cacomi~カコミ~

発売当初より大人気のシリーズ“Cacomi”

薬味置きのついた取り皿はお鍋・おでんに大活躍です!!

12245.jpg

<こんな方にオススメ>
・お鍋用・おでん用にちょうどいいサイズの取り皿をお探しの方に。
・家族団らんに、お揃いの取り皿をお探しの方に。
・お鍋料理やおでんを食べるときに、薬味が流れ落ちるのが気になっていた方に。
・お友達とお鍋パーティーを予定している方に。


12246.jpg



12247.jpg

12248.jpg

12267.jpg

家族でお揃いにしたり、それぞれ好きな絵柄を選んだり。みんなの笑顔がこぼれる楽しい食卓になりますよ♪


【Cacomi おでん皿】
径16 × 高6cm ¥1,596(税込)~





陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



迎春の器

今年も残すところ1週間余り。

クリスマスが終わると、一気に世の中もせわしなくなりますよね。

・忘年会
・年末の挨拶回り
・年賀状作成
・大掃除
・正月準備(食材買い出し、正月飾り等)

思いつくだけでもこんなに、、。



さて、これまでのブログで“迎春の器”の紹介はしてきましたが、今日は伝統的な正月のお祝いの膳には欠かせない屠蘇器の紹介です。

【宝尽し祝盃揃】
12224.jpg

こちらは盃を置くための台、盃台です。
12223.jpg

盃は大・中・小の三点揃え。

赤や金を使った、おめでたい柄がとても華やかです。お正月の食卓をより華やかなものにしてくれますよ。
1223.jpg


漆塗りの屠蘇器も良いけれど、圧倒的に手入れが楽で他の器ともマッチしやすいのが魅力。
12221.jpg


お揃いの三段重もご用意しました。黒豆・金時・なます・松前漬・・・など、今から使うのが楽しみになります。
12222.jpg


【宝尽し祝盃・屠蘇器セット】¥26,250(税込)
屠蘇器[幅18.5cm高さ12cm]
盃大[幅10.5cm高さ4.2cm]
盃中[幅8.8cm高さ3.8cm]
盃小[幅7.4cm高さ3.2cm]
盃台[幅13.2cm高さ7cm]

【宝尽し三段重】¥23,100(税込)
14×14×高20cm









今年こそ、やり残しなく大掃除をしたいなぁ、、、。いや、しよう!(笑)



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


カキあれこれ

食後に

お客様から頂いた

ちょっと変わった柿をいただくとします。

富士の形をした日本一大きな柿【富士柿】
 写真左↓
12212.jpg
富士柿は、昭和天皇即位の記念として国木地区内で配布された蜂屋系の柿苗の中から昭和2年に偶然発見されたものだそうです。愛媛県の特産品!
果実は大きなもので約1kgもあり、日本一大きく、着色(紅)も良く、豊産性で果形が富士山に似ている事から「富士柿」と命名され(昭和30年)今日まで50年以上にわたって地域の特産物として大切に栽培されている、とのこと。

渋みが一切なく、甘くてジューシー。
12213.jpg


今年のイベントの記念品として、来店された方に差し上げた皿↓ とても好評で嬉しいです♪

みなさんはどんなふうにお使いですか?
12211.jpg


【おまけ】

店先のプランターに植えてある、多肉植物が異常なほど元気。

気が向いた時に栄養を週に1回くらい与えていたら、直径1㎝ → 15cm くらいに成長しました、ちょっとコワイから放置しよう^^;
12202.jpg



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


仕事復帰

ブログの更新が滞っておりました、すみません。

実は先週末から風邪をひきまして、丸5日間寝込んでおりました。

健康が取柄で、寝込むほどの風邪はかれこれ10年以上ひいてないように思います。

先日のブログで書いた「地震酔い?」と思っていたものは、どうやら風邪の前兆だったようで。。

師走に入り、なんとなく慌ただしく、、って言うのは言い訳で、完全に日頃の不摂生が祟った結果です^^;

皆さんも、良い年を迎えるために、くれぐれもお気を付けくださいね。

とりあえず、今朝店に出たら看板が無事リニューアルされていましたので^^;載せておきます。

1220.jpg

撮影キットを借りて撮影した、あの写真をはめ込みました。

1221.jpg


師走の5日間の空白は大きい!(涙)。。気を引き締めて、また今日から頑張ります!


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




寄せ植え

開店前に近所の花屋さんへ。放置気味のコンテナがあったので寄せ植え用の花を買ってきました。

今回はお手頃で世話のかからないものをチョイス^^;。

1210.jpg



今年もきれいな色に紅葉したハツユキカズラ。葉やけしてしまった部分をカットし植え込みます。

しかし、今年の酷暑にもよく耐えてくれました。
12101.jpg


ひとまず完成!春先にはきっとバランスが変化しているはず。
1215.jpg
↑フチのやわらかな曲線とやわらかい色味が気に入って購入した、バスケット型のコンテナ。とうとう右部分の花の装飾が割れてしまいました。。



ちなみに、今年の春先はこんな感じのパステルカラーで統一しましたよ。
12151.jpg

12152.jpg




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




看板Ⅱ

元の看板には、取扱商品の写真を差し込むことにしました。
12146.jpg



友人から借りたスタジオ撮影キットを使って作業中。
12112.jpg



誰でも簡単にカタログのような写真が撮れます。
12143.jpg


撮影が終わったら、色の微調整をします。
12142.jpg


12141.jpg


12145.jpg


12144.jpg



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→






看板

店の看板が非常に分かりにくいと、常々お客様から言われておりました。。。

当店の先から広がる有名どころの大看板に負けてしまい、結構通り過ぎちゃったりするものなんですよね。

12114.jpg


なので・・・




看板をリニューアルしました!!

1211.jpg


12111.jpg

生け垣と同化してしまっていた為に分かりにくかった看板を、大きくし、色もシンプルな白に。

少しは改善されればいいのですが。。


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




きもの

着物が好きだった母から譲り受けた大島紬。

なで肩で小柄の母が着ていたものは、私が袖を通すと裄丈(腕の長さ)が足りないので直して着ています。

12096.jpg

しなやかで軽く着れば着るほど光沢がでて、体になじむ大島紬。

黒みがちの地から浮かび上がるような椿の柄がとても気に入っています。



↓こちらは昨年の展示会に着た紬の着物。左右非対称の柄がモダンで、きっちりと着付けるよりもざっくりとラフに着たほうがおしゃれに見えます。
12093.jpg


今年の“蔵出しセール”では、外にテントを設けたり、倉庫での作業が多くなりそうだったので着物は断念。。
12094.jpg

お正月2日目は着物を着るようにしているので、久々に袖を通すことができそうです。

同じ着物でも、合わせる帯・帯締め・帯揚げの組み合わせで、まったく印象を変えることができます。

また、洋服と違って、こうして親子代々受け継ぐことができるのも着物の魅力。

なかなか着物で出かける機会もありませんが、来年は今年よりも多く袖を通したいと思っています。





陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→







陶器の小湯呑

昨日は久々に大きな揺れを感じる地震がありましたね。

3.11以来、条件反射で安定の悪い壺や皿を棚から降ろす行動が身につきました。

その後、「地震酔い?」と言うのでしょうか、めまいや吐き気が寝るまで続きました。

東北の方々の多くはこのような症状に悩まされていると聞きましたが、長期間続くストレスは計り知れないことですね。

どうにか治す方法はないかと、夜な夜なネットで調べていると、症状緩和に効果がありそうな指圧のページを発見。

モノは試しで押してみました。。即効性はありませんでしたが、眠れたので多分効果があったのだと思います。

12086.jpg


さて今日は、ほっこり可愛らしい小さな陶器の湯呑を紹介します。

1208.jpg



小さい湯呑にその都度、淹れたてのお茶を飲みたい!という方にオススメです。
12083.jpg



この時期、温もりのある土ものが恋しくなる季節。鮮やかな絵付けに心も明るくなります。
12081.jpg



12084.jpg


現在店頭に並んでいるのはこの4種類。
12085.jpg


左上より時計回りに
芙蓉小湯呑・赤
芙蓉小湯呑・染
錦梅小湯呑
錦市松小湯呑

径6.5 × 高6cm 各¥2,940(税込)




下を向くとまだ目まいが。。。(涙) みなさんは大丈夫ですか?


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

インド土産

大学時代の友人からインド土産が届きました。

長年インドに駐在している彼を支えるために2か月近く、現地での生活をしていたとのこと。
1207.jpg

食材も充分ではないし、言語・宗教・文化も全く違う、お手伝いさんとの相性等々、、、きっと、日本では考えられないような不自由がたくさんあったことだと思います。

息詰ってしまった時には、一人で近隣の町に出かけたりして上手くリフレッシュしながら、日々を送っていたそうです。

お土産のテーブルマット&ナプキンは“アノーキ”というブランドのもので、模様は木彫りのスタンプでつけていると言っていました(右上↓)。
インドらしい草花や鳥などが描かれた更紗模様は有田焼にも使われている柄で、私も大好きです。
12071.jpg
(左下↑)濃紺のパシュミナストールは手織り・手刺繍で肌触りが良く、とても気持ちがいい。着物を着た時にと選んでくれました。


ありがとう。早速使わせていただきます♪ランチョンマットに器を置いたらこんな雰囲気に^^ 有田焼との相性もバッチリ◎です♪
12072.jpg



ついでにカトラリーレストの紹介も。

スプーン類の他に、お箸が置ける凹があるので安定も良くスッキリまとまります。

箸・スプーン・ナイフ・フォークと4種類置けるものは非常に少なく、食洗機にもかけられるのでとても便利です。
12073.jpg


白磁とプラチナの2種類ご用意。
12074.jpg

11.3 × 高1.5cm
下)プラチナ カトラリー・レスト ¥1,050(税込)
上)白磁 カトラリー・レスト ¥840(税込)



ランチョンマットやカトラリーレストのような小物類を揃えるだけで、食卓のもてなしが楽しみになりますよね。

今夜から早速使います♪




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

吹墨十草飯碗

11月に屋内に入れたハイビスカス。部屋が暖かいので今でも次々に花が咲いていますよ。
12033.jpg

ホントは剪定してから屋内に入れた方がいいらしいのですが、蕾がついていたからかわいそうでそのままに。

最初は葉っぱが全部落ちて、「枯れちゃった?!」と思ったけど、春には新芽がでてきてまた新たな花を咲かせました。

もう何年目だろう。10年くらいでしょうか。大して手は掛けてあげていないけど、たくましく長生きしています。

12034.jpg




さて、今日はご飯茶碗の紹介です。

【吹墨十草飯碗 大・中・小】
1206.jpg


中のしぶきのような絵付けは、吹墨(ふきずみ)技法といい、水に溶いた呉須を霧吹きや細かい目のふるいに硬毛の筆を手早くこすって霧状にし、素地面に模様を付着させる絵付けの方法です。
12062.jpg

大・中・小の3種類ご用意しました。ご家族お揃いでいかがですか。

私はダイエット中につき、今夜からこの「小」でお米をいただこう。それにしても小さいなぁ^^;
12061.jpg


吹墨十草飯碗 各¥1,470(税込)

(大) 径12 × 高7.5cm
(中) 径11.5 × 高6.5cm
(小) 径10 × 高6cm


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

毎日続けよう!

佐賀県有田町でインフルエンザを激減させた!

としてメディアで紹介され、たちまち品切れになるほどの人気を博した「R-1ヨーグルト」

花粉症対策として効果が期待できるということもあって、先月から毎日摂るのが日課になっています。

(※花粉症には、遅くとも花粉の時期に向けて12月くらいから摂取し始めたほうが良いのだそうですよ。)

1205.jpg

毎日食べていると、やっぱり飽きてくる。。そこで私は一工夫、あるものをトッピングして食べていますよ。

この“マイセン写し色絵草花文 キャンディーボックス”に入っているもの。

12051.jpg


はい!まさかの、きなこです(笑)。

12052.jpg

スプーンで山盛り一杯、これが何故か飽きが来ないのです。ジャムやフルーツソースに比べて見た目は劣りますが、美味しいし美容効果も◎!

12053.jpg

<きなこに含まれる効果>
・コレステロール値を下げる
・ガン予防
・便秘の改善
・老化の防止
・アレルギー予防
・カルシウムが豊富

ヨーグルトに混ぜることで相乗効果があるとかないとか。思い込みも重要な要素だと思います^^。

インフルエンザ予防接種も受けてないし、なにより来春の花粉の時期に体質が改善されているかということに期待!



12054.jpg

使った器はこちら 

【マイセン写し色絵草花文 キャンディーボックス】

径12.5㎝×高4.5㎝ 5,250 円(税込)



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



クリスマスキャンドル

先日、桐生プリオパレスで開催された「クリスマスキャンドル作り」のイベントに参加してきました。

ランチ時間に合わせての開催ということで、

ワンプレートランチの食事
     ↓
クリスマスキャンドル教室
     ↓
スウィーツを頂きながらティータイム


花材代込¥3,500という、とってもお得なイベントです♪

参加者はあらかじめ用意された花材を切ったり丸めたりしながら、グルーで接着していくという、簡単な作業工程でオリジナルの作品ができるのです。

そして、こちらが私の作品↓。シックな色合いが“大人のクリスマス”って感じでとても気に入ってます♪
1203.jpg
2つ対で置いたらステキだろうなぁ~^^


普段はブライダルなどで使われている素敵な空間でお食事&キャンドル作り☆
12031.jpg

日曜日とあって、お子様率高い^^ ママと一緒に仲良く作業。
ja4b61ci.jpg


プロ仕様のグルーガンは熱いですね^^; なんども火傷しかけましたよ(涙)。。
12035.jpg

できあがりを想像しながら花材を選ぶのってすごい難しいし、これが一番センスが問われると思うんです。

素晴らしい感性の先生が用意してくれた花材&レッスンのおかげで今年もステキに仕上がりました☆

ありがとうございました。


ちなみにこちらは昨年の作品↓。圧倒的に今年の方が、細かい作業が多く難しかったです^^;
1115.jpg

毎年一つずつ作品が増えていくのは嬉しい♪来年も楽しみです☆


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


X’masプレゼント

昨日(1日)は嬉しいサプライズがありました♪

大きな箱にたくさんお菓子が詰まったX’masギフト☆
1202.jpg

都内でOLをしていた頃、同じ部署だった女の子2人からの贈り物です。

時には激務で大変なこともあったけど、人間関係が上手くいっていたおかげで乗り切れたことがたくさんありました。

手紙には、今年一年であったこと、会社の近況など綴られており・・・なるほどなるほど。

12021.jpg


私が退職してから4年半が経ちますが、毎年クリスマスイブにこうしてギフト(お菓子の詰め合わせ)を送ってくれるんです。嬉しい(涙)。

あれ?・・・いつもはクリスマスイブだったけど、今日は12月1日。。と中を開けて納得!

このスターバックスの今日から始まるクリスマスツリーカレンダー。

ポケットの中には、キャンディーやチョコレートが入っています。

12022.jpg

12月1日から、ひとつずつお菓子を食べながら、楽しいクリスマスの訪れを待つなんて素敵なアイデアですよね^^

今日はこのアメを一つ食べよう♪

↓部署柄(総務)こういう気遣いはさすがです(笑)。ご心配なく、遅くとも今年中には全て無くなってますから☆
12023.jpg

近そうで遠い「東京⇔群馬」、退職してから会う機会がほとんどなくなってしまったけど、こうして思い出してもらえる存在であることが、とても嬉しく思います。

ちょっと離れたこの地から応援してますよ!今年もありがとう!

出会いは宝☆



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→









有田焼のX’mas

遂に師走に突入ですね。

開店時間にミゾレが強く降ったかと思えば、お昼には晴れ間が見え、すっかり天気に翻弄された師走の幕開けとなりました。
120122.jpg

今月の一大イベントといえば、やはり「クリスマス」。

迎春の器より圧倒的に数は少ないものの、クリスマスをモチーフにした置物たちが入荷しましたので紹介を。

120344 (2)



【うさぎサンタ絵皿】使って良し、飾って良しのかわいい絵皿。
120566.jpg



【クリスマス湯呑】
三面に違う絵付けがされていますよ。
120344 (1)


【雪だるま】愛嬌たっぷりの雪だるまくんは陶器製です。
120455.jpg



【うさぎサンタ絵皿】 径10cm(皿立て付き) ¥2,625(税込)

【クリスマス湯呑】径7cm × 高7cm ¥2,625(税込)

【雪だるま】高8.5cm (敷台付き) ¥4,200(税込)



この季節のちょっとした贈り物にオススメです^^

陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。