FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金継ぎ(きんつぎ)

お買い上げいただいてから2週間足らず。

また私の手元に戻ってきたコーヒーカップ。

理由ははこちら↓ (/ヘ ̄、)アララ・・・思いっきりチップしちゃっています。

11283.jpg

というワケで、金継修理の依頼でお預かりしました。

今回は2か月ほどお待たせしてしまいましたが、綺麗に命を吹き込まれてもどってきましたよ^^
11284.jpg


【金継ぎとは】
割れた茶碗・欠けた皿などを漆でつなぐ技法。割れたり欠けたりした陶磁器などを漆で継いで、その継ぎ目に金粉を振りかけて装飾とする、修復のための工芸技術です。

11285.jpg

チップさせてしまった時のショックは大きかったと思いますが^^;、こうしてよみがえらせることで、壊れる前の器よりも愛着が湧いたり、また新たな景色が生まれたりするものです。

壊してしまって諦めかけていた器がございましたら、このように金継ぎで蘇らせてみてはいかがでしょうか。

※金継ぎ修理の詳しいことはこちらを→クリック


今回、新たな命を吹き込まれて戻ってきたコーヒーカップ。

11287.jpg
源右衛門窯 赤濃牡丹絵朝杯 約9cm 高さ 約7cm 皿 径 約15.5cm ¥12,600(税込)




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





スポンサーサイト

ZOO LAND ずーらんど

お子様への贈り物に人気の“ZOO LANDシリーズ”、新たな動物が仲間入りしました♪

子供達の大好きな可愛い動物が描かれた、仕切り皿・飯碗・マグカップの3点セットです。


【ゾウ】
11264.jpg


11265.jpg



【パンダ】
11266.jpg


そしてこちらは、ゆる~い感じの表情が気に入って仕入れた
【かえる】
^^ ※かえるは仕切り皿の取り扱いがありません。マグカップとご飯茶碗のみとなっております。
11267.jpg


おにいちゃん、おねえちゃんになってからも使える食器。

出産祝い、お食い初めなどの贈り物としてもオススメですよ^^


以前紹介したこちらは完売となりましたが、意外なことにイヌ・ネコ好きさんの大人の方にお買い上げいただきました。
112610.jpg

長寿の贈り物にも「可愛らしくて癒される。」と好評でした♪




【ZOO LAND ずーらんど(税込)】 ※ 単品でも承ります。

【仕切り皿】  ゾウ¥1,890  パンダ¥1,575

【飯碗】 ゾウ¥1,050 パンダ¥892

【マグカップ】 ゾウ¥1,470 パンダ¥1,365 カエル¥1,260









陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


香合(コウゴウ)

今日は香合(コウゴウ)の紹介です。

香合とは、お茶室でたくお香を入れるためのうつわです。

茶道をする人には馴染みが深くて、誰でも知っている物ですが、茶道を知らない人にとっては言葉すら聞いたことがないもの。

よく耳にする“香炉(コウロ)”との違い↓

・香炉は、お香を焚く道具
・香合は、お香を入れておく容器


・・と、それぞれ用途が違います。


11261.jpg

高校時代、茶道部(裏千家)に所属していいた私ですが、歴史や作法より菓子目当てという不純極まりない動機で入部しました。。


現在この業に携わり、あの時もっとまじめに作法や歴史を学んでおけば良かったなぁ、、と後悔中^^;
11263.jpg

…なので、以下豆知識より抜粋※

茶道と香の関係は深い。炭点前の際に香をたき、部屋と精神を清める。どのようにして茶道に取り込まれていったのか。
 
 日本では香をたく習慣は飛鳥時代の仏教伝来と共に始まり、香をたくことで、身の穢れを取り除き、仏の功徳を受けられるという思想から盛んに行われた。香合はこの香を入れる容器として、仏教伝来と同時に伝わった。
 平安時代、仏教行事以外でも、貴族は日常的に自分の着物に香をたきしめ、また香合わせという遊びもあった。
 室町時代には、仏教上の行事であった香を茶道にも取り入れ、書院の床の正面に香炉を飾って香をたくようになった。この頃は周囲の環境をよくする為の香炉の脇役として香合は存在した。
 草庵の茶道が流行するにつれて、香合は侘び茶を盛り立てる、点前に欠かせない重要なものとなっていった。

 茶道に取り入れられた初期、香合の素材は、金器・銀器・漆器・木彫・古代蒔絵などが好まれた。
 桃山時代になり、陶磁器製の香合が使用され始める。利休様が楽焼の香合を作らせたのが焼物香合のはじまりとも言われる。やがて、織部焼、志野焼、瀬戸焼、備前焼、唐津焼などの国焼物の香合が出現する。
 徳川時代初期になると、外国製品尊重の思想から中国の古染付、祥瑞、青磁、交趾焼等の形物香合が主流となる。形物香合とは、手作りではなく型を用いて作った陶磁器の香合のこと。形物香合=交趾焼を指す場合もある。
 安政二年には京・大阪の同好者によって形物香合番付という、相撲番付のような一覧表が作られた。全230点、染付(85種)、交趾焼(64種)、青磁(29種)、祥瑞(19種)、呉州(17種)、和物(10種)、宋胡録(2種)、紅毛(2種)、南蛮(1種)、寧波染付(1種)。ちなみに、東の大関は交趾焼の大亀、西の大関は染付の辻堂である。江戸時代の相撲では大関が一番位が高く、横綱は存在しなかった為、形物香合一覧も大関から始まっている。江戸時代の人たちは遊び心にあふれている。

 茶道において、香は大事な精神性を示し、香合は小さくも茶席に彩りを添えていると思う。


11262.jpg


左【梅小紋香合】 径6 × 高3.5cm ¥12,600(税込)

右【牡丹紋千鳥型香合】 径4.5 × 高3cm ¥13,650(税込)





陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

KOMON~小紋~

“クリスピー・クリーム・ドーナツ”クリスマスバージョン♪

スノーマンかわいい☆
11221.jpg

今でこそ、あちこちに店舗が増え、並ばずに買うことができるようになったけど、国内1号店として新宿南口サザンテラスにできた当時は長蛇の列、、2時間待ちなんて当たり前でしたね。

並んで買った食通の友達におすそ分けしてもらい、ありがたく食した思い出があります^^



そんなアメリカのお菓子と有田の器でティータイム。

【KOMON~小紋~】
江戸小紋の伝統柄をモチーフにした文様を手描きしています。トリコロールカラーが可愛らしいですよね。
11222.jpg


ポットは網付き、カップのソーサーには凹みが無いので、お皿としてもお使いいただけますよ。
11223.jpg

【リビングポット】380CC ¥4,200(税込)

【マグカップ】径7.6 × 高7.5cm ¥1,890(税込)

【ソーサー】11 × 10.6 × 高1.5cm ¥840(税込)





↓ちなみに“スノーマン ベリーズ”の中身は甘酸っぱいベリーミックスのジャムが入ってましたよ♪
11224.png





陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



絵変り迎春変形小鉢揃

遊び心のある迎春の小鉢。

お正月を代表する絵柄がちょっと漫画ちっくに絵付けされていますよ。

どれもこれも捨てがたい。。これは6点揃えで持ちたい小鉢です。


11206.jpg

【羽子板】
11207.jpg

【だるま】
11208.jpg

【鯛】
11209.jpg

【鏡餅】
112010.jpg

【獅子舞】
112011.jpg

【小槌】
112012.jpg


重なりが良いのも◎!!
112014.jpg

今年お世話になったあの人に、お歳暮にいかがですか?

食卓が一層楽しくなりそうな小鉢です。

お醤油・珍味・薬味に最適。

手ごろなサイズなので、玄関などの飾りとしてもいいですね^^


11206.jpg


【絵変り迎春変形小鉢揃】
6点セット 9 × 7 × 3cm ¥6,300(税込)





陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





シクラメン陶額~金襴手(キンランデ)~

【シクラメンの陶額/小野達郎 作】

先日、メーカーさんが持っていたものを、一目惚れして現品を買い取りました。

陶額とは、陶画(陶器に描いた絵画)を額縁に入れたもので、従来の焼き物の手法を用いながら独自の発想と工法で完成した作品です。

この作品に用いられている手法『金襴手(キンランデ)』。
11202.jpg

金襴手とは、陶磁器に箔を貼る最高の贅沢な手法です。

小野さん独自の感性で、金箔の他にプラチナ箔・銀箔・青貝箔・赤貝箔など多彩な色箔を使い、文様を描くような作品を制作しています。

箔はそれぞれの金属を何百回となく叩いて薄く延ばして作られています。

このような手法からなる重厚感に加え、鈍い光を放つ“いやらしくない金”

これが決め手のポイントでした^^。

11203.jpg


彫文字の落款。
11204.jpg

和洋どちらのインテリアにもマッチするこの陶額。

実物はもっと素晴らしいのに、画像でお伝えできないのが残念です。。

ご興味のある方、ぜひ観にいらしてくださいね。

11202.jpg

【シクラメンの陶額/小野達郎 作】

20 × 17cm ¥36,750(税込)


【小野達郎 作陶歴】

昭和二十四年
佐賀県嬉野町に生まれる
昭和四十八年
琥山窯に入社
平成十五年
第100回九州山口陶磁展 入選
第86回佐賀美術協会展 入賞
第53回佐賀県美術展覧会 入選
平成十六年
第101回九州山口陶磁展 入選
第87回佐賀美術協会展 入賞
第54回佐賀県美術展覧会知事賞
全国伝統的工芸品公募展 入選
平成十七年
第88回佐賀県美術協会展1席
第55回佐賀県美術展覧会 入選
平成十八年
第41回西部工芸展 入選
第103回九州山口陶磁展 入選
第89回佐賀県美術協会展 入選
第56回佐賀県美術展覧会教育委員会賞
平成十九年
第104回九州山口陶磁展 入選
第90回佐賀県美術協会展 入選
第57回佐賀県美術展覧会 入選
平成二十年
第91回佐賀県美術協会展 入選
第58回佐賀県美術展覧会 入選
平成二十一年
第106回九州山口陶磁展 入選
第92回佐賀県美術協会展 入選
第59回佐賀県美術展覧会 入選
平成二十二年
第107回九州山口陶磁展 入選
平成二十三年
第108回九州山口陶磁展 入選




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



仕入れ

佐賀県有田への買い付けは、基本的に年に1~2回。

普段はこうして、定期的に各メーカーさんが新作商品や売れ筋商品を持ってきてくれます。

風合い・質感・色味などが大変重要な陶磁器は、カタログ写真やインターネットの画像では分かりえない要素がたくさんあります。

こうして現物を手にし、実際目で確かめて商品選びができるのは安心です。


1120.jpg


本日は佐賀県のお隣、長崎県より窯元の営業さんが新作商品の提案に。

11201.jpg

作家モノとは一味違う、斬新な唐津焼が気に入り、早速お願いしました。

今月末には納品予定です。


あ、それと、一目ぼれした「陶板」も購入しました。

それは明日のブログで紹介したいと思います。




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

ワインパーティー

17(土)・18(日)は、 足利市田島町の「こころみ学園のワイン醸造場 ココ・ファーム・ ワイナリー」の収穫祭!

ぶどう棚の下で、できたてのワインを楽しめる、知る人ぞ知る年に一度のビックイベントなのです。

なぜかよく雨に降られることが多いこのイベント、今年も初日17日は雨模様。。。

・・・ということで、市内の友人が自宅を開放してのホームパーティーになりました。

仕事を終わらせ、20時近くに皆と合流。

午前中にココファームに足を運んだ収穫祭組のワインをはじめ、自宅を開放してくれたこちらのお宅の奥様がお手製の料理をふるまってくれました。

ご自宅には、自作のクリスマスツリーやリースも飾られ、気分が盛り上がります↑
11192.jpg


「食べる・飲む」のに夢中で、料理の写真を撮り忘れる始末。。手作りケーキだけでも4種類(レアチーズ・ベイクドチーズ・チョコレート・ジンジャー)もあり、料理も全て美味しくいただきました。

先日の当店のイベントに3日間、毎日足を運んでくださった奥様。こちらに嫁いだ器たちはさぞかし幸せでしょうね^^ 早速使っていただきありがたいかぎりです。

1119.jpg


皆が楽しむ間も、洗い物をしたり、ササッと料理をつくったり、、頭が下がります(年下なんですけどね。。)
11191.jpg



子供ってなんでこんなに癒されるんだろう♪ はしゃぐ子供と同じテンションの酔っぱらい(笑)
11193.jpg

こんなに楽しいひと時にも関わらず、体調が悪くなり(飲みすぎ・食べ過ぎ?)2時間足らずでおいとますることになった私。。。


11194.jpg

次回は体調を万全に整えて挑みたいと思います。。

ご主人は幸せ者ですね^^ 私はこんな奥さんが欲しいです。。。(笑)



今回も行けなかった、ココ・ファームワイナリーは→こんなところです♪



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




里芋のポタージュスープ~家ごはん~

今日の家ごはん。

・キノコとベーコンのトマトソースパスタ
・バーニャカウダ
・里芋のポタージュスープ
・カプレーゼ
・バゲット

11163.jpg


里芋をたくさん頂いたので、スープに。牛乳を切らしていたので豆乳で伸ばしてみました。
11171.jpg



里芋は淡白な味なので、圧倒的に豆乳の味が勝ってしまい。。 コクの出る牛乳の方がきっと美味しかっただろうな(笑)
111645.jpg

バーニャカウダソースは数週間前に作って冷蔵保存しておいたものを使用。多めに作っておくと便利!1ヶ月くらい日持ちします。

【保存方法】
1.小瓶を用意し、バーニャカウダソースを入れる。
2.表面にオリーブオイルを1cmほど注ぐ。
3.ふたを閉めて冷蔵庫へ!


111164871.jpg


トマト系のパスタの時には必ず登場する皿。

ブログにお付き合いいただいてる方たちに、またか!思われそうなので、そろそろ新顔を投入したい。

候補はたくさんあるのですが^^; 少々お待ちを。。


【赤濃金彩唐草ミート皿揃】 径23cm × 高3cm ¥18,900(税込) 単品でも承ります。

6253.jpg

日本人が西洋の華やかな文化に憧れた明治初期。

有田焼もまた、ヨーロッパの薫り高い洋食器を作り上げました。

染付(藍と白)のように呉須(ゴス)だけで成立している器は数多くありますが、

朱赤だけを使って濃みを施した器はそう多くはありません。

さらに、洋食器であるため、器の内側は白。

内絵をほどこす有田焼では極めて珍しいものです。




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→






こどもの器~名入り~

ご注文の名入れの器が入荷しました^^


りんちゃんへ♪
1116.jpg


おじいちゃまから贈り物→かえでちゃんへ♪
11162.jpg


それぞれに手描きで名前が入ります。(男の子はブルー女の子はピンクの文字です。)
11161.jpg


オリジナルで名前が入れられるこの器は、誕生日・出産祝い・お食い初めなどにご利用頂いており、私もよくプレゼントに使っています。

食育ということからも、陶器は乱暴に扱うと割れてしまうことの物を大切にするといったことや、食のマナーを教育するには、早い時期から陶器・陶磁器に慣れさせておく必要があるかと思います。

プラスチックの器でなく「やきもの」の器をお使いになられることをお奨めします。
 
自分の名前が入った器を毎日使う・・・・  すごく愛着がありますよ。

※ご予算に応じて組み合わせ自由。

※納品は、ご注文から3週間ほどかかります。




こちらに詳しく載っています→クリック!




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




X’masオーナメント&お正月飾り

X’masリース展示中です

ブライダルの教会の生けこみや、ブーケづくりなど、華やかな舞台で活躍中のプロによるハンドメイドです。

彼女独自の感性で仕上げた作品なので、世界中どこを探しても同じものはありません。
11152.jpg
↑¥5,500(税込)



11151.jpg


こちらは、先日のイベントでも大人気だった、オーナメント。
11153.jpg


壁掛けはもちろん、付属の棒を差し込めば、立てかけることもできる“2WAYタイプ”ですよ。
11154.jpg


お正月飾りは、残り数点となりました。ご希望の方は、電話でのお取り置きも可能です。
TEL:0277-53-7970
11155.jpg


ちなみにこれは、私が去年作ったリース。
1115.jpg
作ったといっても、あらかじめ用意された花材を差し込んだり、グルーで接着したりしただけです^^;

でも、色合いがクリスマスらしくてとても気に入っています♪



【2WAYタイプ お正月飾り】 ¥2,600(税込)


【2WAYタイプ X’mas】 ¥2,400(税込) 

サイズ 12cm × 12cm

   


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





永久保存版~手みやげ大全~

お客様にお借りした本。

「全国五つ星の手土産」(岸 朝子監修、東京書籍)

北海道から沖縄まで、全国の368店の手みやげにして喜ばれるお菓子が紹介されている、800ページにおよぶ永久保存版手みやげ大全。

伝統、味、地元の定着度、地元の推奨度、全国的知名度などの観点から厳選して掲載されています。

1114.jpg


やっぱり気になるのは地元の銘菓でしょう、と最初に群馬のページを開いてみる(笑)。

なるほど、なるほど。。。


・とらや本店の 名栗 〈前橋市〉
・旅がらす本舗清月堂の 旅がらす 〈前橋市〉
・ガトーフェスタ・ハラダの グーテ・デ・ロワ 〈高崎市〉
・芳房堂の 栗甘納糖初霜風情 〈高崎市〉
・松風堂の 磯部せんべい 〈安中市〉
・伊勢屋の スバル最中 〈太田市〉
・三和屋の くるみの樹 〈藤岡市〉
・田島屋の まゆこもり 〈富岡市〉
・わびさびやの 雪輪もなか 〈桐生市〉
・三桝屋總本店の 麦落雁 〈館林市〉
・勝月堂の 湯乃花饅頭 〈渋川市〉
・忠治茶屋の 焼きまんじゅう 〈伊勢崎市〉


まんべんなく載ってました。
11141.jpg


次に気になる佐賀県のページへ。

やっぱり載ってました。当店のイベントで必ず登場する「松露饅頭」
11142.jpg

先日のイベントでも、このお菓子でおもてなしさせていただきました。

喫茶スペースが狭く、皆様に召し上がっていただくことができず、すみません^^;

11145.jpg

小ぶりで甘さ控えめとあって、思わず二つ三つと手が伸びてしまう。。。魅惑の和菓子(笑)。

11144.jpg


ついでの器の紹介も。抹茶碗 中里太郎右衛門/窯作
11143.jpg



【中里太郎右衛門】
肥前三右衛門の一人。(他二人は有田の、酒井田柿右衛門と今泉今右衛門)

1957年 十三代中里太郎右衛門の長男に生まれる 本名 忠寛
武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業
1983年 中里太郎右衛門陶房にて作陶をはじめる
1984年 叩き青唐津手付壷「貝緑」にて、日展初入選
1990年 第22回日展にて「焼締壷90」特選受賞
    日本工匠会(日工会)創立会員となる
1991年 日工会評議員となる
1992年 佐賀県陶芸協会会員となる
2000年 第5回アジア工芸展にて文部大臣賞受賞
2002年 十四代中里太郎右衛門を襲名する
国際陶芸アカデミーの会員となる
2003年 第五十回日本伝統工芸展にて「叩き唐津焼締壷」入選
    十四代中里太郎右衛門 襲名記念展を開催
   (企画:GALLERY一番館 会場:唐津シーサイドホテル)



話が戻りますが、この「全国五つ星の手土産」、ピンとくるお土産に巡り会えなかった時や、どれにしようか迷ってしまう時に、ガイドとして心強い味方になってくれそうです。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→







イベント最終日!!

お陰様で、無事3日間のイベントを終えることができました!

ご来店くださったお客様、応援してくださる方々、ホントに感謝してもしきれない気持ちでいっぱいです!

心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。
110912.jpg

初日にお祝いの品々をブログで紹介したことで、その後にご来店くださった方に気を遣わせてしまっていたら申し訳ありません。。。


前橋のK様。お忙しい中、調整してくださりありがとうございました。
1113.jpg


M様、プロの手づくりケーキはさすがです!!
1131.jpg


二代目の不安と葛藤。。。

今回のイベント開催にあたり、本気で1ヶ月悩みました^^;

母が16年もの間、試みなかった「値下げやB品アウトレットを取り扱う」ということ。

今まで母が築き上げてきたものを台無しにしてしまうんじゃなかとか、結局、時代の流れがそうさせてると思われるんじゃないかとか。。



でも、一重に言えることは、無事に20年目の節目を迎えられたのも、日頃足を運んでくださるお客様あってこそなんだと。


言ってみれば「感謝祭」であり、店構えが敷居と感じてらっしゃった方々に、少しでも足を運んでいただけるよう、考えた結果です。


桐生の片隅で小さな店を商っている私が言うのもおこがましいけど、たくさんの方々と触れ合う時間が楽しくてしかたがありませんでした。



母へ・・・


やっと分かりました、「商い」は「飽きない」という意味が。。。


もし、あのまま20周年を迎えられていたら、どんな催事をしてましたか。。。?





ご来店いただいたお客様、応援してくださった方々、ブログを読んでくださっている方々、ホントにありがとうございました!



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→







イベント2日目!

「20周年記念 蔵出しセール」2日目です!!

今までの経験上、イベントの中日(なかび)は、初日、最終日に比べて来場される方が少ない傾向にあり。。。今日も覚悟していました。

午前中のそんな中日らしい雰囲気から一転、午後からまたたくさんの方々にご来店いただき、気持ちよく、感謝の気持ちいっぱいで一日を終わらせることができました。

2日間連続でいらした方も数名いらっしゃり、ホントに感謝感激です!

ありがとうございました。

11124.jpg



11123.jpg


本日いただいた贈り物☆ 市内のFさん☆ 和洋のイメージでアレンジしてくださいました。
11112.jpg


市内のFさんご夫婦☆ 奥様、連日ありがとうございました!
11125.jpg


市内のSさん☆ご自分で育てたお米。これで安心して年が越せます^^(笑
11126.jpg


そして、母の元に届いた、母の友人からの贈り物。お気遣いに感謝です!
11128.jpg


お客様はじめ、、今回お手伝いいただいてる方、家族、友人、このブログを見てくださっている方への感謝の気持ちを記すには、ちょっと頭と心の整理が必要です。

明日、無事イベントが終わりましたらゆっくり考えてUPしようと思います。



「20周年記念 蔵出しセール」いよいよ明日11(日)が最終日!!

お時間ができましたら、ぜひ遊びにきてくださいね!

ご来店お待ちしております☆


イベント初日!!

いよいよ「20周年記念 蔵出しセール」開催です!!
11102.jpg



予想以上のたくさんの方々にお越しいただいて、感無量です。。。(T-T )( T-T)ウルウル
1110.jpg




11101.jpg


そして、日頃大変お世話になっているお客様からも、素敵なお祝いの品を頂きました☆


心よりお礼申し上げます。ホントにありがとうございました!



粕川のH様より☆
11103.jpg


みどり市のS様より☆
11106.jpg


埼玉のS様より☆
11104.jpg


桐生のM様より☆
111010.jpg


太田のT様より☆
11109.jpg



桐生のH様より☆
11105.jpg


そして、ワタクシの妹から☆
11107.jpg


メッセージカードのコメントにウケました(笑)ありがとうね!
11108.jpg



「20周年記念 蔵出しセール」あと2日間です!!

お時間ができましたら、ぜひ遊びにきてくださいね!

ご来店お待ちしております☆






陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




misegamae2.jpg

ついにイベントは明日!!

通りがかりの方達に、少しでも気に留めてもらいますように!看板を立てました!

110912.jpg


先の大手店舗さんには負けるけど(笑)。。。
110913.jpg


そしてテントも設置!!
110914.jpg

明日から3日間

・蔵出し超特価品!

・1,000円均一の皿、鉢類

・500円均一のご飯茶碗、汁椀

・B品アウトレット商品

・木のスプーン、レンゲ よりどり5点1,000円

の品々が並びます!



そして、さらに!店内商品20%FF!!での提供となります!(一部作家ものは除外)

今までこのブログで紹介してきました、こんなお皿やあんな鉢が20%OFFでお求めになれます。

↓ その中の一部、私も自宅で愛用してます♪

0osxw3w3.jpg


as3vfphe.jpg


0rx0axjj.jpg


0ea8bhhr.jpg


dvld56iq.jpg


j2slysvf.jpg


tow3v6la.jpg


n3chnshh.jpg

↑ この他、有田焼中心にご奉仕価格でご用意しました。



器の他にも、クリスマス、お正月飾りも展示中!
110916.jpg


とてもハイセンスで品のいい、プロによるハンドメイドです!
110917.jpg


写真だけでは良さをお伝えできません。。^^; ぜひ、店頭でご覧ください☆
110918.jpg



いよいよ明日より3日間!!

陶磁器サロン彩 創業20周年 特別記念セール

とき 11月9(金)~11(日) 

11:00~19:00 


皆様のご来店を心よりお待ちしております。





陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




misegamae2.jpg

イベントまであと2日!

2日後に予定しております「蔵出しセール」

屋外のテントには、B品アウトレット商品のブースも設けました。

窯元より送られてきた商品を、再度自分の目で再チェック!!

でも。。。。これって、間違い探しですか???!!!^^;

4年半、この業に携わってきた私でも、創業当初からお手伝いくださっているパートさんでさえも、欠陥を探すのが困難なほどの美しすぎるB品です。。。



中でも、比較的分かりやすかった商品のご案内↓ 例えば。。。一見どこも欠陥が見当たらないこの鉢。
11097.jpg



裏返すと、鉄粉の飛んだ跡「ほくろ」があります。大きさ1㎜にも満たない、「そばかす」程度です^^;。
11098.jpg


さらに、こちらの蓋物はというと。。。↓
11099.jpg


あったあった!!赤絵の色飛びがありました。(写真では分かりにくくて、すみません・・)
110911.jpg


でもなんだか、検品しているうちに楽しくなってきましたよ。間違い探しをしているようで^^;


そんな優秀なB品アウトレット商品を300点近く仕入れました!

皆さんも、ぜひこの機会にお気に入りの品を見つけてくださいね!

宝探しをしている気分になりますよ^^


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




イベントまであと3日!

店内が迎春の飾りつけで華やかになりました。

11093.jpg


11096.jpg



11095.jpg



11094.jpg


迎春の宴を華やかに彩る有田焼の他、漆器もご用意しております。

漆器類もご奉仕価格にて提供いたしますので、ぜひこの三日間に足をお運びください^^


陶磁器サロン彩 創業20周年 特別記念セール

とき 11月9(金)~11(日) 11:00~19:00 



皆様のご来店、心よりお待ちしております。




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

イベントまであと4日!

いよいよ蔵出し市記念セールまであと4日となりました。

準備に追われなかなかブログを更新できずにすみません。。。


今回は創業20周年ということで、当店初の試みとなります「記念セール」を開催します。

屋外にテントを設け、B品アウトレット他、特価商品を販売する予定です。

陶磁器サロン彩 創業20周年 特別記念セール

とき 11月9(金)~11(日) 11:00~19:00 



テント内に並ぶ商品たちをちょこっとだけ紹介します。


汁椀¥500(税込)
1108.jpg


塗りスプーン よりどり5点 ¥1,000
11091.jpg



11092.jpg



お時間のある方は、この機会にぜひ遊びに来てくださいね!




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

ハスミランプ

雑誌クロワッサンの中で、女優「江波杏子さん」が紹介していた逸品、「ハスミランプ」

ハスミランプとは、スタンドは有田焼や伊万里焼、シェードはアメリカ製、台座はイタリアン・デザインと、日本の伝統工芸と欧米のものを融合させたケン・ハスミのデザインによるもので、ヨーロッパでも高い評価を受けています。

1103.jpg

「ぜひこれと同じものが欲しい!」と、

この雑誌を手にされてご来店されたお客様。

数週間お待たせをしてしまいましたが、この度ご要望に沿うことができました。

今回取り寄せさせていただいたランプ↓
11031.jpg

絢爛豪華な色使いのものが多いハスミランプの中でも、シンプルで欧風の雰囲気を醸し出すデザイン。

重厚なイタリアン・デザインの台座が繊細に調和した逸品です。
11014.jpg



明かりを灯せば、暖かみのある優しい光がお部屋全体を包み込みます。
11013.png


有田焼の販売を生業としている私ですが、限られた地域・窯元との取引では知り得ないたくさんの情報をお客様から学ばせていただいてます。

今回もこの「ハスミランプ」との出会いにより、新たな気づきと自分の中の引き出しが、また一つ増えたような感じです。

極上の一品に巡り合わせていただきありがとうございました。




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

お祝い

店長はじめ、スタッフさん達にも大変お世話になっている近所の美容院が、この度、新規オープンされるということで、レセプションパーティーに行ってきました。


エントランスでひと際目立つ、友人たちと贈った風船♪

お花と迷った結果、パーティーだったのでピンクを基調としたキュートなバルーンギフトにして正解でした。
11019.jpg


旧店舗より3~4倍はあると思われる広々としたモダンなサロンは、美容院には珍しい、分煙設備が整っているとのこと。

設備機器も全てリニューアルされたそうです。
11015.jpg

11017.jpg

ついに念願が叶いましたね!これからの素晴らしい出会いを心からお祈りしております。


【Blik mt HAIR MAKE】
大間々町大間々371-9
tel 0277-73-1955


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

紅葉~ハナミズキ~

店の東側に植えたハナミズキが紅葉真っ盛りです。

11012.jpg

ハナミズキは新緑や5月の花、秋の紅葉と赤い実など一年を通して楽しめますが、紅葉し始めた時の赤と緑の鮮やかな対比には、ハッとさせられます。

11011.jpg


春にはお隣「桐生ガス」さんの桜が店の窓から見ることができました。

大木の桜は一本でもこの見応え!
04123.jpg

枯葉舞い散る季節・・・この大木ですもの、その掃除には大変な思いをしているけれど、それも春に目を楽しませてくれたお礼と思って掃除も頑張れます^^;。

落ち切るまであと少し!(笑



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→







プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。