FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろはかるた~箸置き~

お子様用のかわいい箸置きが入荷しました♪

いろは順にすべて絵柄が違う箸置きですよ。
10293.jpg

最近では、箸置きをお使いになるご家庭も少なくなってきていますが、食卓を楽しく演出してくれ、小さいながらも重宝するアイテムなのです。

いろはにほへと
ちりぬるを
わかよたれそ
つねならむ
うゐのおくやま
けふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせすん


例えば、お子様の名前の頭文字を選んだり、お子様自身に好きな絵柄を探してもらうのも良いですね!

ちなみに、気になる「ん」パンダの絵柄です^^

10294.jpg


いろはかるた 箸置き 3.5×3.5cm 各¥470(税込) 




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


スポンサーサイト

されど あぶらとり紙

頂き物のちょっと贅沢な「あぶらとり紙」。

熟練の箔職人ならではの技で一枚一枚、ていねいに金箔・プラチナ箔を散らし打ち込んであります。

1029.jpg

自分では、きっと買わない代物。女性へのちょっとしたプレゼントに喜ばれそうですよね!


ちょっと分かりにくいかもしれませんが、確かに金箔が入っています。
10291.jpg


こちらはプラチナ箔↓。
10292.jpg

「たかがあぶらとり紙、されどあぶらとり紙」

こんなちょっとした消耗品でさえも、品質の良いものを携行するだけで不思議と気持ちも上がります。

ありがとうございました。





陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



2013年 干支の置物

来年の干支である巳年(ヘビ)の置物が入荷しました。

10275.jpg

敬遠されがちなヘビの特徴を生かしつつ、愛着が湧くような商品をつくる、、、

どの窯元さんも今回のヘビさんには頭を悩ませていたそうです。

試行錯誤の結果、できあがった商品をご覧ください^^。

【宮崎康平 干支 置物 座布団付き】 高さ6.5cm ¥1,890(税込)
10276.jpg

↑宮崎康平(みやざき こうへい)さんは、現在20代の若手の作家さんです。

すべて1つ1つ手作りで、干支だけでなく、だるまやひな人形など、レパートリーも年々増え、作品も本当に完成度が高いものとなってきています。

将来を背負う有望な作り手さんで、私も期待しています。


【青葉 へびと赤富士 4寸絵皿 皿立て付き】 径12.3cm ¥2,100(税込)
10277.jpg

↑【青葉窯 吉村伸也】
1957年
長崎県波佐見町生まれ
1975年
佐賀県立有田工業高等学校窯業科 卒業
1981年
吉村製陶所入社
以後、3年間伝統工芸士 中村三平、田澤大助両氏より轆轤の指導を受ける。
1996年
(有)吉村陶苑 青葉窯開窯
2001年
波佐見町中尾山に移設



ヘビは脱皮を繰り返すことから、再生のシンボルと言われています。

縁起の良いヘビの置物、ぜひ店頭でご覧ください。


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




広告担当

桐生・みどり両市をエリアとする新聞社「桐生タイムス」の記者さんとイベント広告掲載の打ち合わせ。

10274.jpg

3年くらいの付き合いになりますが、いつもワガママ聞いてもらってます^^;

任せて安心、信頼のおける記者さんですが、こんなお茶目な一面も(笑)。

今回もよろしくお願いしますね!

10271.jpg


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





DM担当

イベント開催にあたり、いつも素敵なDMを作ってくださるデザイナーさん。

ARTS design×project の加藤さん。

都内の某大手出版社で培ったセンスと技術が光ります!

今回も出来栄えに満足です^^

ありがとうございました。

→ こんな会社です

10273.jpg

陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

イベントのお知らせ☆

創業20周年 特別記念セール

蔵出し市 開催のお知らせ



おかげさまで 陶磁器サロン彩は今年20周年を迎えることとなりました。

日頃のご愛顧に感謝の気持ちを込めまして、当店初の試みとなります「特別記念セール 蔵出し市」を開催します。

有田焼を中心にご奉仕価格で多数ご用意。(※ 一部除外品となります。)

ぜひこの機会に足をお運びくださいませ。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。



とき 11/9(金)~11(日) 11時~19時 3日間


10272.jpg



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

煎茶道具

「煎茶道」をされているお客様のご希望で取り寄せた茶道具。

【左から 盆巾筒・茶巾筒・茶入れ】
1027.jpg


お茶の作法には、茶道の他に煎茶道があります。

違いは、粉末のお茶を使うか、茶葉を使うかです。

お道具もほとんど共通性がありません。両方を比較すると、規則は煎茶の方が少し緩やかだ、とお客様がおっしゃってました。

煎茶道を学んでいる人が、煎茶や玉露でお茶を点てると、ビックリするほど美味しいらしいのです。

普段の生活でとても役立ちそうですよね^^


ちなみに用途は・・・

盆巾筒・・・盆を清める布を入れる道具。

茶巾筒・・・茶碗を清める布を入れる道具。

茶入れ・・・その名の通り、お茶を入れる道具。陶磁器の他に、錫(すず)、竹、木など、さまざまな素材と形があるそうです。


勉強になりました^^





陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



古伊万里ワインコレクション

私も愛用しております、基泉窯のワインカップ。
9262.jpg

「魅力ある日本のおみやげコンテスト2010」で
グランプリと金賞のダブル受賞しました。


装飾技法のひとつである金襴手(きんらんで)。

金襴手には、文様の一部に染付を施し、その濃み塗りの上に金で細かい文様を描きます。

このワインカップは、現代技術を駆使し、高度なプリント技術を用いて古伊万里調の文様を表現しています。


【ワインカップ 大】 径7cm × 高15cm ¥8,400(税込)~
10221.jpg


【ワインカップ 小】 径4cm × 高9cm ¥3,780(税込)
10223.jpg

陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





染錦吉字文小皿揃~中島誠之助 監修~

今日はシンプルに「吉」の文字が絵付けされた小皿の紹介です。

【染錦吉字文小皿揃】
10210.jpg

和食器にはこの「吉」の他に「福」「寿」などのめでたい意味を持つ文字、吉祥文字を描いたものが多くみられます。

ほとんどの文字文様は季節を問わず使うことができますし、祝い事にうってつけです。

実はこの小皿、あの「なんでも鑑定団」でお馴染みの中島誠之助さん監修によるもの。
102022.jpg

窯元さんがずらりと商品を並べ、まず私が直感で選んだ5品中、4品が中島さん監修によるものでした^^;

私の感性に合うのかな、「いい仕事してます。」(笑)。


迎春のおもてなしにも最適な小皿。ぜひ店頭でご覧ください。





【染錦吉字文小皿揃】径9 × 2.5cm 5枚組 ¥10,500(税込)
10213.jpg


中島誠之助【なかじま せいのすけ】
1021112.jpg

古美術鑑定家・エッセイスト。1938年東京生まれ。
東洋古陶磁器を世に広める。
79年「南青山骨董通り」を作詞、これが東京・青山の【骨董通り】の由来になる。
TV「開運!なんでも鑑定団」に出演、鋭い鑑定眼と歯切れの良い江戸っ子トークで人気者に。「いい仕事してます。」の名文句で「96年ゆうもあ大賞」。
著書に「古伊万里染付入門」(平凡社)「体験的骨董用語録」(ちくま文庫)など。




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




器のうんちく

今までのブログでも紹介してきたように、和食器には様々な図柄が描かれています。

その紋様には古い由来を持つものが多く、絵柄の意味がわかると器を使うことがさらに楽しくなりますよ。



長年、ご夫婦で当店を足を運んでくださっているお客様は「網目文様」をコレクションされています。

10201.jpg

皆さんも一度はこの網目文様を目にしたことがあるでしょう。

ふだん使いとして飽きの来ない文様ですが、じつは縁起がよいとされる吉祥文でもあります。

同じ文様をくり返すところから「連続するもの」「永遠に続くもの」の意味します。

また、「網」は福を「からめとる」「すくいとる」ものとして商売の世界では昔から喜ばれました。

このご夫婦がこの文様にこだわるのも、きっとこんな理由からと思っておりましたところ、ご主人からちょっと面白いうんちくを頂いたので記録しておきます。


「網目のお茶碗でごはんを食べると中風(ちゅうぶ)にならない」

(※中風(ちゅうぶ)=中気ちゅうきともいいますが、半身の不随とか腕や脚のマヒする病気です。)

10202.jpg

根拠のない迷信と思う方もいらっしゃると思いますが、実際調べてみたら、そんな言い伝えが実際に残っていました。

10204.jpg

調べだしたら面白くなり、中にはこんな文様まで意味があるの?!と感じたり。

模様の意味が分かってくると、器選びも楽しくなり、贈り物に迷った時のヒントになるかもしれません。

また少しずつ紹介していきたいと思います。

10203.jpg



左【染付網魚文飯碗 / 源右衛門窯】  径 10.5 × 高 6.5cm ¥10,500(税込)
右【染錦内外網魚紋銘々皿揃 / 基泉窯】 径14.5 × 高4cm 5枚組¥14,700(税込)

10201.jpg




陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

恋ノチカラ

お客さんにお借りしたDVD「恋ノチカラ」

1020.jpg


2002年に放送されたフジテレビ系列のドラマです。

30代の女性が転職を機に、諦めかけていた仕事・恋愛を取り戻すストーリー。

演技派のキャスト陣に加えとてもテンポがいいので、ついつい、あともう1話観たら寝よう・・・と夜な夜な日課になっております^^;

たった10年前なのに、時代を感じさせるファッション・人・モノを観るのも面白い。

DVDの鑑賞時間を確保するため、家事もスイスイはかどってます(笑)。

ありがとうございました。






陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


コンペ

休日にお客さんのお誘いで、飲食店さん主催のコンペに参加しました。

最年長のシニアのおじ様と同組でしたが、さすがシングルプレーヤー!キレキレのスーパーショット連発です!
10193.jpg

でも。。。

このコンペは、無類のお酒好きさんたちが集まるコンペ(笑)。

朝の挨拶の「カンパーイ!」に始まり、前半3ホール目でカートにはこの量のお酒を呑み干す始末^^;
10192.jpg

(※ もちろん、帰りは車のハンドルを握らない人たちですのでご安心を。)



台風の影響か、上がり3ホールくらいから雨が降り出し、寒さに震えながらのホールアウトとなりましたが、お風呂で冷えた身体を温めた後は~

パーティーでまた呑み直し(笑)


10194.jpg

年齢も職業も立場もバラバラな人たちが、ゴルフとお酒を通じて交流を深め、仲間の輪が広がる。

お付き合いとはいえ、私もちょっと大人になった気分でした。

この愉快な仲間たちのゴルフコンペは、真夏・真冬は開催しておらず、次回は来年の5月だそうです。

私は10位でフルーツを頂きました^^ ありがとうございました☆



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




楽らく急須

お茶を楽しむ使いやすい急須の紹介です。

万古焼、常滑焼の急須が代表的なものとしてあげられますが、有田焼も研究を重ね、美しく使いやすい急須を開発しましたよ。

「楽らく急須」はとても軽くて持ちやすいので、女性でも楽々使えます。

注ぎ口の“キレ”もよいので、たれにくく、また洗いやすいのが特徴です。

【楽々急須ラインナップ】 ※税抜価格

1019.png
10191.png


法事の引き物としても人気のある商品です。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


うどん定食

いつかの夕飯。【うどん定食】
10161.jpg



付属のめんつゆと、自作のゴマダレ2種類でいただきました。
1017.jpg



1016.jpg


【染付茄子絵すり鉢】¥2,100(税込 すりこぎ別)

ごまをすって、ごまダレやごまドレッシングなどを作る時にはもちろん、そのまま小鉢としても使える基泉窯のロングセラー商品です。

10172.jpg

10161.jpg

近すぎてあまり食べる機会がない水沢うどん、美味でした^^ごちそうさまでした♪


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




∑ヾ(≧□≦*)ノギャーッ!!

週に1度のペースで我が家に訪れるお客様。

コウモリ君†ヽ(゚ロ゚;)

今日も寝室の雨戸にぶら下がっていました。あのぉ。。。呼んでないんですけど・・・。

よく撮れたけど、さすがに「※閲覧注意」になりかねないので、ボカしておきます。
1014111.jpg


ビニール袋で父が捕獲! 何度も来てるので、手慣れた様子^^;
101412222.jpg


びっくりしたのかな、意外に大人しい。後ろ姿はジャンガリアンハムスターみたいね(笑)。
101423333.jpg

いつものように外の生け垣にそっと戻しました。もう来なくていいからね~!!


コウモリに限らず、野生動物全般、人間に感染するウィルスを持っている可能性があるらしい。

素手で持つのは危険だそうです。



でもでも、世の中、なんでも前向きにとらえる人がいるものです。

コウモリが家に来るのは縁起がいい!と。

コウモリが縁起が良い理由は

①こうもりの字は「幸盛り」または「幸守り」だとしてシアワセを呼ぶとされている。

②こうもりを漢字で書くと「蝙蝠」と書き、どちらの字も「福」の字に似ていることから
 福を呼ぶ縁起物とされている。

③中国では、ねずみが長生きしてこうもりになったという伝説があり、こうもり
 は長寿のシンボルでめでたいものとされている。




だけどね、そう考えてもやっぱり君のこと好きになれないわ。。ごめんね、コウモリ君。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


読書の秋

最近、寝る前に読んでる本。

辻村深月さんの小説は重くも無いし、暗くも無いし、とても読みやすい。

101310 (2)




「ツナグ」を読み終えたら実写化された映画を見に行こうと思います。
101310 (1)

辻村さんは他にも多くの小説を書いているんですが、作風の特徴として面白いのが、作品同士で登場人物がリンクしているってこと。

調べると相関図があって、読む順番もあるらしい。

その順番がこちら↓


1.『冷たい校舎の時は止まる』

2.『ロードムービー』

3.『子どもたちは夜と遊ぶ』

4.『凍りのくじら』

5.『ぼくのメジャースプーン』

6.『スロウハイツの神様』

7.『V.T.R.』

8.『名前探しの放課後』

9.『光待つ場所へ』


これを全部読むには、相当な寝不足を覚悟しなければ(笑)。



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


干支の箸置き

毎年大好評を頂いている干支の箸置き

このシリーズを長年コレクションしてらっしゃるお客様は、そろそろ十二支一周するとおっしゃってました。ありがたいことです。

当然今年もメーカーに発注をしたわけですが、担当者が言いにくそうに、

「あのぉ、来年は巳年(ヘビ)で制作にちょっと手こずりまして、、いかに可愛く仕上げるかを試行錯誤した結果、例年とはちょっと違う箸置きができあがりました。。。」と。

そんなこと言われたら、とっても気になるので、その「ちょっと違う箸置き」の画像を送ってもらいました。



あぁ、、^^; なるほど。。。いつもとはだいぶ違いますね。。

まぁ、敬遠されがちなヘビさんの特徴を生かしつつ、愛着が湧くようなモノを作るなんて至難の業ですよね。

そんな風に思うと納得のできる箸置きです。。^^;


そんな巳年の箸置きを紹介する前に、今までのラインナップを載せておきます。

ご存じなかった方は、ぜひ来年から集めてみてください。



【ウサギ年】箸置きとして使うだけでなく、座布団付きなのでちょっとした置物にもなりますよ。
10123.jpg


【ウシ年】
10121.jpg


【タツ年】
10122.jpg




そして、こちらが噂の





【巳年!!】( ̄▽ ̄;)!
10124.jpg


いかがでしょうか?^^; カラーパターンは6種類、ペア座布団付きです。

と、いうことで、来年の干支の箸置きは例年とちょっと違う、とても愛嬌のあるヘビ君になりました。

入荷予定は11月8日頃です。すでにご予約いただいてるお客様もいらっしゃいますが、数に限りがあるため、お早めにご来店ください。


干支箸置きペア(座布団付き) ¥1,680(税込)

見ているとなんだか癒されませんか?^^


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




醤油のすべり台

今日は魚型の「醤油のすべり台」の紹介です。

それぞれ醤油の溜り部分と、醤油が流れるゆるやかな傾斜をつけていて、余分についてしまった醤油を落とせますので、減塩効果があり、とても経済的です。

また食材の持ち味をお楽しみいただけるので、美味しくヘルシーです。

醤油小皿だけでなく、黒豆をいれたり、酢の物、漬物などの小皿や、薬味入れなど多用途にお使いください。



1011.jpg

染付ヒラメ型 14.1×8.8×最高さ3.0 染付イカ型 約17.5×5.6×最高さ3.7  各¥2,100(税込)
10111.jpg

染付タコ型 12.3×8.0×最高さ2.8   染付フグ型 12.9×9.2×最高さ3.5  各¥2,100(税込)

10112.jpg

染付鯛型 12.8×9.4×最高さ3.8  ¥2,100(税込)
10113.jpg


金彩白磁鯛型 ¥3,150(税込)  金彩朱塗鯛型 ¥3,675(税込) 12.8×9.4×最高さ3.8
10115.jpg


食卓のアクセントに。 楽しい器で食卓を明るく豊かにしませんか?

10116.jpg



陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→






神無月

早いもので、今年もあと2か月を切りました。。。

旧暦10月は「神無月(かんなづき)」

「かみなしづき」とも読むこの月は、全国の 神様が会議をするために出雲の国(現在の島根県)に集まってしまうので、日本中から神様がいなくなってしまう、 ということから付けられた名称です。

10101.jpg


来月は、当店の年間のメインイベントでもある展示会を予定しております。

今回は創業20周年の節目を迎え、初の試みを企画中!

詳細はまた後程お知らせしますね^^

1010.jpg

陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



水晶彫ハートinクローバーカップ&ソーサー

以前にも紹介した「水晶彫ハートinクローバーカップ&ソーサー」

入荷以来、特に贈答用に大変好評をいただいています。

・好みを選ばない白磁であること。

・幸せの象徴、ハートとクローバーがモチーフ。

・飲み物を注いだときに現れる、2つの発見が面白い。

と、さまざまな人気の理由が伺えます。

実際にプレゼントされた方が、この商品を贈答用でお求めになったりと、使いやすさも実証済みのコーヒーカップですよ♪





2つの幸せが1つのカップになりました♪


クローバーからLOVEが生まれるカップー&ソーサー


5253.jpg



注いだときはクローバーだったコーヒーが飲んでいくうちに・・・
525.jpg



ハートに変わります♪
5251.jpg



最後には、またまたクローバーが出現♪
5255.jpg



そして、中央には水晶彫りのハートが施されています^^
5256.jpg

四葉のクローバーは「出逢い」や「希望」「幸運」のシンボル。

ハートは「愛」の象徴です。


そんな2つの幸せのモチーフが1つのカップになりました♪


取っ手の無い、フリーカップもご用意。
5257.jpg


すっきりとした白が美しい白磁は好みを選ばず、結婚のお祝いにはもちろん、内祝いなど様々な慶事にお使いいただけます。


皆さんにたくさんの幸せが届きますように・・・。
5254.jpg

【水晶彫ハートinクローバー カップ&ソーサー】 ¥3,360
カップ :口径  9.5cm / 高さ  6.5cm 
ソーサー:直径 15.5cm / 高さ  2.0cm
≪容 量≫ 100cc

【水晶彫ハートinクローバー フリーカップ】 ¥1,575
カップ :口径  9.5cm / 高さ  6.5cm 
≪容 量≫ 100cc







陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


ファミリーコンサート

昔お世話になった恩師が還暦を迎えられたということで、お祝いに行ってきました!
108.jpg

恩師と言っても、学校の担任ではなく、小学校から高校受験に至るまで通っていた塾の講師です。

この先生、講師の他にバーテンダーやミュージシャンなど、実に多彩な顔をお持ちで。。。

生徒だった当時は、親よりも学校の担任よりも怖く、その熱血指導ぶりに半ば怯えながら勉強していました。

あれから20年、都内から私が戻ったのを機に先生と再開することができ、時間を見つけてはお店に立ち寄ってくださり、いろいろなお話を聞かせてくださいます。

生徒だったころは考えもみなかったことですが、私が社会に揉まれて大人になったのか、先生が丸くなったのか、今もこうしてお付き合いさせていただけることに感謝しております。

そんな先生と先生の家族によるファミリーコンサートです。
1081.jpg

お祝いライブに駆けつけた人々の中には、同期もいて、懐かし話に花が咲きます。


ジャズや往年のフォークソングなど、家族ならではの息の合った演奏はさすが^^

私もちゃっかりステージによばれ、隅っこのほうで歌に参加しました。
1082.jpg


祝賀ムードいっぱいのライブも終わり、続いて二次会会場へと。。。

そこで初めて声をかけてくれた女性。

女性「○○ちゃん!(私の名前)」

私「わぁ~!!久しぶり~!」と中学校の同級生だと気付く。

女性「この塾に通ってたんだね!○○ちゃん全然変わらないからすぐ分かった!」素直にうれしい♪(笑)

私「あれっ!?Nちゃんもこの塾の生徒だったっけ?」

女性「ううん、違うの、娘が通ってて、小学校6年生の。」と隣にはNちゃんそっくりな可愛らしい女の子が。

あぁ、^^; そうだよね。私たちの年齢から言ったら、不思議ではないもんね^^;


と、若干羨ましくもあり、、、(笑)



中には親子二代でこの塾生もいらっしゃり、人気と実績の高さがうかがえます。



先生、これからもご活躍期待しています!数年に一度行われるライブも、手足が動く限りずっと続けてくださいね!応援してます。



ライブはもちろん息子さん達からの感謝のメッセージ等々に、~家族の絆~感謝の気持ちが人をつなぐそんな風に感じた一日でした。




陶磁器サロン 彩 →HP



いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





バイオハザードV リトリビューション

なんだか今日は、爽快スプラッター系?!の映画が無性に観たくなり、急いで食事を済ませ、21:00のレイトショー@スマークに行ってきました。はい、こちらを観るために↓

【バイオハザードV リトリビューション】
107.jpg


・1作目から早10年、ミラは変わらぬ美しさでスタイルもキープしていて流石だなぁ、、

・アクションはシリーズ史上最も迫力がありました、心臓に悪いくらいね^^;

・あと、ゲームファンにも嬉しいキャストとBGMがかっこいい!

・揃って身構える集結が、ようやくの完結を予感させるエンディングが壮観!

・でも、映画としての完成度としては???アクションのみの映画がお好きな方はそれなりに満足できると思います。

1072.jpg

レイトショーは時にプライベートシアターと化します。。今日もラッキー♪



陶磁器サロン 彩 →HP



いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

天目花唐草シリーズ

先日、友人3人で横浜で食事をしていたら、バルーンアーティストの女性が各テーブルでパフォーマンスを披露してくれました。
1055.jpg
私たちには、かわいいプードルちゃんを15秒くらいでキュキュッと作りあげ、お隣の若いカップルにはテディーベアを。

大人になってもこういう演出は嬉しいものです。




さて、これからの季節に向けてちょっとシックな器の紹介です。

【天目花唐草シリーズ】 税抜価格表示

シックな黒に伝統的な花唐草をモダンに一つ一つ手描きした人気の商品です。
1054.jpg


1052.jpg

ぜひ店頭で手に取ってご覧ください。


陶磁器サロン 彩 →HP



いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

錫(すず)のぐい呑

お客様からいただいた「錫(すず)のぐい呑」
102.jpg



私の愛読書である“手わざ恋々和美巡り”に掲載されいている京都の職人さんによるもの。
1022.jpg

わざわざ取り寄せてくださったそうで、、、^^; 嬉しいやら、申し訳ないやら、、、




1023.jpg


「金」に「易しい」と書いて「錫すず」。

京都の寺町通りにある清課堂さんは、170年の歴史を誇る金属工芸品づくりの老舗です。

錫本来の美しさが長く保たれるよう、2%の割合で銀を混ぜている独自の技法で作っています。

仕上げに金づちで模様を打ち出すときには、途中で休むと模様が崩れるので、打ち始めたら最後までひたすらたたき続けるのだそうです。

「ピカピカな状態が良しではなくて、錫は永く使い込むうちに独特の風合いを纏っていきます。使う人が育てていくのが魅力です。」とこの道20年の錫器職人の山中さんは本の中で語っています。

1024.jpg

日本にはこんなに素晴らしい手仕事が残っていて、それらを受け継ぎ、また新たに生み出す熱い職人さんたちがたくさんいます。

陶磁器に関わらず、こういった日本の伝統工芸の逸品に触れ、良さを感じ取るのも重要なことだと思いました。


今夜から早速使わせていただきます!ありがとうございました。
1021.jpg

【清課堂】
〒604-0932
京都府 京都市中京区 寺町通り二条下る妙満寺前町462
TEL:075-231-3661





陶磁器サロン 彩 →HP



いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

紅葉~もみじのうつわ~

夏が終わり、紅葉の季節へと移り行くこの季節・・・

夏の思い出が遠ざかっていく寂しさもありますよね・・

午前中、お客様のお宅に伺ったらキンモクセイの香が漂ってきました。

その香りが秋のセンチメンタルな気持ちに拍車をかけます。。


そんな感傷的な気分に浸りながらの器の紹介です^^;。

これからの季節にピッタリの紅葉柄の器を集めてみました。


【紅葉マグカップ】やはり土ものは温かみがあり、素地に鮮やかな紅葉の朱が映えます。
106.jpg


【陽刻鹿紅葉紋菊型小皿】前回の出張時に、一目ぼれして仕入れた小皿。「紅葉に鹿」は、取り合わせの良いもののたとえ。 花札の絵柄にあるように、「梅に鶯(うぐいす)」「獅子に牡丹」なども目にしたことがあるかと思います。
1012.jpg



【紅葉鹿紋花型多様鉢】
こちらも「紅葉に鹿」ですが、さっぱりとした飽きの来ない染付。
1013.jpg


【色絵紅葉文5寸皿】飾って良し、使って良しの5寸皿。多彩な色使いと繊細な絵のタッチが見る者を飽きさせません。波のグラデーションの技法なんて見事でしょ!
1014.jpg



1015.jpg


こんな風に季節に合わせて、四季折々の器を楽しむ和の心。

現代に生きる私たちもほんの少し、そんな風情を楽しむ心の余裕が欲しいものですよね。




陶磁器サロン 彩 →HP



いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



イタリアへの贈り物

お客様のご依頼で、イタリアへ贈った有田焼のパスタ皿が無事届いたと報告をいただきました!(10日ほどで届いたそうです。)

イタリアの宅配事情はとにかく酷いと聞いていたので、嫌がらせなくらい念入りに梱包した甲斐がありました。

7283.jpg

イタリア人に

イタリア国旗がデザインされた

有田焼のパスタ皿をプレゼント♪


イタリア国旗のデザイン 【ビバイタリアン】
611.jpg

大胆なトマトの絵付け 【トマト】
612.jpg


恐れていた破損や紛失はなく、無事でよかった☆

Facebookの画像をお借りしました^^ さすが本場、パスタ皿がマッチしてます(笑)有田焼なんですけどね^^
101.jpg


7284.jpg

このお皿とともにステキなお食事タイムをお過ごしください。ありがとうございました!





陶磁器サロン 彩 →HP



いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


     
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。