スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチョビとオリーブのトマトパスタ~赤濃金彩唐草シリーズ~

夕飯の買出しに行けない日は、とりあえず冷凍庫を覗いてみます。

あったあった^^ トマトソースとトウモロコシ。
8318.jpg

・トマトソース・ 余計な味付けは一切せず、湯剥きしたトマトをにんにくとオリーブオイルでひたすら煮詰めました。確か、中くらいのトマト8個分くらいは使ったので、旨みがギュッと濃縮された、ある意味贅沢なソース。

・トウモロコシ・ 近所のおじさんが育てた、朝取りのトウモロコシをその日のうちに蒸して冷凍。ただ、あまり行儀よく粒が整列してなかったので^^; かな~り時間かけて根気良く粒をとりました(笑)。もちろん無農薬!


ということで、本日の夕飯です。金彩の器でパッと華やかな食卓に。
8315.jpg


いつかのために買っておいた、アンチョビとオリーブの瓶詰めを見つけたので、トマトソースと絡めたパスタ。

8317.jpg




我ながら絶賛の、コーンスープ。ホールコーンで作ったものとは、比較にならない美味しさでした♪
8319.jpg

半調理してからの冷凍保存、かなり便利!気づけば、いつもより早い時間の夕食となりました^^


【使った器】
パスタ・・・赤濃金彩唐草 ミート皿 23 × 高3センチ/基泉窯

シチュー・・・赤濃金彩唐草 サラダボール 径18センチ/基泉窯



【カトラリー】
デザートスプーン ミルトア 19.5センチ/LUCKYWOOD

デザートフォーク ミルトア 20.1センチ/LUCKYWOOD

ブイヨンスプーン ミルトア 15.4センチ/LUCKYWOOD


日本におけるカトラリーのトップブランド、LUCKYWOOD

このミルトアシリーズは◆2009グッドデザイン賞受賞◆

シャープでスタイリッシュなデザインでありながらも、モダンな表情をもつカトラリーシリーズ。

シンプルな形状のハンドルは、独特な光沢のある「ブラスト」仕上げになっています。


pasuta4.jpg


陶磁器サロン 彩 →HP



いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





スポンサーサイト

長角皿~惣太窯~

もうすぐ秋刀魚の季節ですね!

秋の秋刀魚は油がのっていて、特に塩焼きは日本の秋の味覚。

そこで、今日は秋刀魚がすっぽり収まる長角皿の紹介です。

【吹墨どんぐり長角皿】

831.jpg


どんぐりの周りに付けられた、しぶきのような絵付けは、吹墨ふきずみ」技法といい、水に溶いた呉須を霧吹きや細かい目のふるいに硬毛の筆を手早くこすって霧状にし、素地面に模様を付着させる絵付けの方法です。
8313.jpg


【錆絵銀彩刷毛目長角皿】

8311.jpg


錆漆(さびうるし)を使い、大胆な強いタッチで描かれた動きのある刷毛目。ここ数年で人気が広がった「和モダン」テイストにふさわしい絵付けです。
8312.jpg


糸尻は安定性と、水切れの良さを考慮した機能性を持ち合わせた作りになっています。
8314.jpg


一枚持っておくとテーブルコーディネートの幅が広がる便利なサイズ。

見た目にこだわったワンランク上のコーディネートができるので、料理を作るのが楽しくなりそうです!

8311.jpg


【吹墨どんぐり長角皿】【錆絵銀彩刷毛目長角皿】

36.7 × 11.2 × 2.7cm  各¥5,040(税込)




【そうた窯 窯主 諸隈直哉 陶歴】
1954 佐賀県有田町生まれ (貞山窯・次男)
1972 佐賀県立武雄高等学校卒業
1976 日本大学卒業
1978 渡米
1982 帰国後、貞山窯入社
1992 九州山口陶磁展美術工芸部門 入選
1997 有田町外れ狩立の地に「そうた窯」築窯
1998 九州山口陶磁展美術工芸部門 入賞
佐賀県美術展覧会 入選
1999 九州山口陶磁展美術工芸部門 入賞
2001 九州山口陶磁展美術工芸部門
文部科学大臣奨励賞 受賞
佐賀県美術展覧会 入選
2006 九州山口陶磁展美術工芸品部門 入選
2008 九州山口陶磁展美術工芸品部門 入選
2009 九州山口陶磁展美術工芸品部門 入選

西部伝統工芸展 入選



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


Rossa(ロッサ)~高崎イタリアン~

都内の友人が結婚式で高崎に来ているというので、3次会後の時間を見計らって高崎へ出向きました。

8309.jpg


いつもは行き当たりばったりですが、今回は少々時間があったのでネットを駆使して店探し。

良さそうなお店を見つけましたよ。

高崎駅より徒歩10分ほどに位置するイタリアン【Rossa(ロッサ)】

無事、ほろ酔いの友人と合流し、店を目指します。

シラフの私とはかなりの温度差がありますが^^;・・・

8308.jpg

友人、店内に一歩入って一言。

「群馬っぽくない~!」 
 って失礼な(≧ヘ≦)

確かに、黒を基調とした店内で、洗練されたモダンな雰囲気。なにより、スタッフがイケメン&美人さん揃い!

こういうお店は、きっとデートでくるところなのだと思いながら席に着きます(苦笑

とりあえず、メニューから気になったものをバランスよく数点選びました。

ピクルス
8301.jpg


イサキのカルパッチョ
8302.jpg


マルゲリータ
8303.jpg



赤城麦豚のトマトソースソテー
8305.jpg

8304.jpg

この他に、お酒を数杯吞んだにも関わらず、支払いは5,000円でおつりがきました^^

(友人へ) いいでしょ!群馬♪

とてもリーズナブルで雰囲気◎!カップルにオススメです。




830.jpg

【Rossa(ロッサ)】
Open 15:00
Close 27:00 LO 26:30
Closed on Monday
TEL. 027-321-6292






陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


ポテトコロッケ

友人のご主人が心を込めて育てた「インカのめざめ」

828.jpg

栗のような食感と鮮やかな 黄金色が特徴のじゃがいもです。人気のある希少な品種をありがとうございました。

肉じゃがやカレーにするのは勿体ないので、コロッケにしました。

↓こんな感じの黄金色です。
8282.jpg


ちょっと、いびつですが^^; とても甘くて、まるで栗のような味わい。
8283.jpg


ごちそうさまでした。
8284.jpg



【使った器】 染付芙蓉手ミート皿揃 径 23 × 高3cm 5客揃 ¥15,750(税込) ※単品でも承ります。
7132.jpg

赤濃金彩唐草ミート皿揃 径23cm × 高3cm ¥18,900(税込) ※単品でも承ります。
6253.jpg

いずれも基泉窯の定番人気商品です。


陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

染付花絵高台煎茶揃~基泉窯~

日光の名店、明治の館のヨーグルト♪
8261.jpg

チーズケーキは食べたことありましたが、ヨーグルトは初体験です。

素材の味わいを大切に、また後味の気持ちの良さを考えてジャムやフルーツはいれずに、シンプルにいただきました。

ちょっと甘めですが、コクがあってとってもクリーミー、さすがリッチな味わいです。

ごちそうさまでした。

8262.jpg

【使った器】
染付花絵高台煎茶揃/基泉窯 径8 × 高8cm 5客揃 ¥6,825(税込)

飽きの来ない変わらぬ魅力を持つ藍の器(染付)。お茶だけでなくフルーツやアイス、ぜんざいなどでお使いいただける、万能な煎茶です。



ご購入はこちら → オンラインショッピング


陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




名入れの器~子供食器~

ご出産祝い♪名入れの器が入会しました。

はるきくんへ
826.jpg


オリジナルで名前が入れられるこの器は、誕生日・出産祝い・お食い初めなどにご利用頂いており、私もよくプレゼントに使っています。



食育ということからも、陶器は乱暴に扱うと割れてしまうことの物を大切にするといったことや、食のマナーを教育するには、早い時期から陶器・陶磁器に慣れさせておく必要があるかと思います。

プラスチックの器でなく「やきもの」の器をお使いになられることをお奨めします。
 
自分の名前が入った器を毎日使う・・・・  すごく愛着がありますよ。

全国発送承ります(別途送料)。

ご予算に応じて組み合わせも自由です。詳しくはHPに掲載中。






陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

桐生名所めぐり~後編~

親子3世代による桐生観光、昨日のつづき後編です。


旅も終盤に差し掛かり、最後の目的地である桐生織物記念館へ。

82213.jpg

江戸時代には「西の西陣、東の桐生」とうたわれたとおり、今日一日観光してきたのこぎり屋根の織物工場や土蔵造りの店舗などはこの織物産業の繁栄を今に伝える町並みであり、着物にゆかりのあるこの家族には特に紹介したかった場所。

2階の展示室には、桐生産地の歴史を年表にしたほか、素材のまゆと生糸に始まり、製作工程を表す写真、織機や八丁撚糸(ねんし)機などの道具類、見本帳、お召し織、緯よこ錦織、経たて錦織など桐生織のさまざまな技法による着物までを幅広く紹介されていました。

映画「利休」で主要キャストが使用した衣装も展示されていましたよ。(2階は撮影NG^^;)

822.jpg

1階の販売場ゆったりとしたスペースにネクタイ、バッグ、着物、帯、和装小物などが並んでいます。

ご一行は、こちらで絹の石鹸やタオルなど桐生土産を調達しました。

8221.jpg

トロッコ列車に始まった桐生観光。

日もゆっくり暮れ始め、神奈川までの所要時間、3時間半を考慮するとそろそろお帰りの時間です。



何かと至らないガイドでしたが、この家族のチームワークの良さのおかげで予定していた名所はすべて案内することができました。

まだまだ紹介したいスポットはありますが、次回の楽しみにとっておきますね。



思えば、地元に居ながらこんなにじっくり名所めぐりをしたことはなかったな。

桐生の歴史文化をもう一度見直すいい機会になったし、地元の人の優しさに触れた場面もあったりで、私にとっても実りのある一日でした。






【おまけ】帰り際、最後に立ち寄った赤岩橋たもとのカキ氷やさんにて。フワフワできめが細かく、口の中でスッーと溶けるような食感。天然水を使っています。これが普通のサイズです↓(笑
8226.jpg

ありがとうございました。また仲良し3人家族でお越しくださいね!

陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


桐生名所めぐり~前編~

元同僚で、今も親しくしてもらっている友人が遊びに来てくれました。

おばあちゃん、お母さん、友人、3世代の1泊小旅行です。
8222.jpg

おばあちゃんは、なんと御歳94歳!

これまで、病気は一切したことが無く、いまも元気にこうして旅を楽しんでらっしゃいます。

私の祖母(90歳)も元気で健康が自慢ですが、上には上がいるものです。この元気さには頭が下がります。すばらしい!

アクティブなお母さんも、全国各地の旅を楽しんでらっしゃり、かなり旅慣れているご様子^^

そんな親子3世代の桐生観光の案内役として、わたしも終日ご一緒させていただくことになりました。


3人のお宿は黒保根町の「梨木館」。名物の「きじ料理」に源泉かけ流しの温泉で疲れを癒し、家族水入らずの時間を過ごした翌日、いざ桐生観光へ!



10:15a.m.  待ち合わせ場所である水沼温泉駅へ、私も自宅から向かいます。

まずは、彼女たっての希望で「トロッコ列車」(わたらせ渓谷鉄道)へ乗車。

8224.jpg

水沼温泉駅 ~ 沢入区間を約30分、爽やかな風に吹かれながら渓谷の景色を満喫していただきます。

私は3人を見送り、下車予定である沢入駅で車で先回りしてお迎えする。。。。予定が・・・

トロッコ列車、意外に速い!結果、私が15分遅れての到着となりました^^;。

無事3人をピックアップし、ここからは車での移動になります。



お昼は(同級生のお店でもある)「ふる川」さんでと決めておりました。郡を抜いたこの幅広のひもかわは見たことないはず。予想通りのリアクションに喜ぶわたし(笑)。
8225.jpg




お腹も落ち着いたところで、次に向かったのは、指定重要文化財である「有鄰館」
82215.jpg

開かずの間とされていた、蔵の奥や2階が開放されており、矢野園の方が解説付きで案内してくださいました。

酒・醤油・味噌などの蔵郡を観て回り、案内所で休憩。係りの方に神奈川県から桐生観光に来たことを伝えると、ぜひ天満宮には行って欲しい!と言われ、


言われたとおり、天満宮へご案内^^。旅の無事と家族の健康を祈ります。
82217.jpg


続いて、ベーカリーカフェ レンガさんへ。

82214.jpg

実は私も初訪問だったのですが、こちらは近代化産業遺産でもあり、レンガづくりのノコギリ屋根織物工場を利用したパン屋さんです。

広い店内にはカフェスペースも設けられ、談笑するおば様たちで賑わっておりました。






さて、移動距離はさほどではないのに、気づけば夕方。

最後の目的地は「織物会館」です。



明日へつづく・・・

陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→










こだわりバッグ

先日ご来店されたお客様が、とてもステキなバッグをお持ちだったので思わずパチリ☆
8212.jpg

聞けば、日本屈指の竹職人によるオーダーメイドで、材質自体も希少なものだとか。

非常に技術の高い日本の伝統工芸ならではのクオリティ、寸分の狂いも無い網目は気のとおくなるような細かさです。。

さらに・・・

この持ち手、お分かりになりますか?
8211.jpg

そう、グッチ(GUCCI)のバンブーハンドルです。手持ちのバッグを解体し、こちらのバッグに取り付けてもらったそうです。

日本とイタリアの和洋折衷、完全オリジナルのバンブーバッグ。

贅を尽くした逸品にうっとりです。




お連れ様(男性)のバッグも、これまた珍しい。クリムトの代表作「接吻」をモチーフにしたショルダーバッグです。
8213.jpg

クリムトの絵に多く見られる金ぱくを使った絢爛な雰囲気とは逆に、落ち着いた色合いです。


こちらが元となる絵↓。オーストリアの画家である巨匠グスタフ・クリムトの代表作『接吻』
8214.jpg



流行にとらわれない洗練された上質のものは、長く愛用でき愛着も沸きますね。

そんな自分流のモノ選びができるように、日々感性を磨こう思った日でした。




陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





糸玉長角皿~白山陶器~

今日のお昼はスーパーで買った太巻きです。。

あえてプラスチック容器から、お気に入りの器に移し替え、太巻きさんを格上げさせてみました(笑)!

8192.jpg

まだまだ暑い日が続きますが、夏のうつわ「ガラス」や「青磁」「染付け」に飽きたら、ちょっと秋を先取りして、こんな色合いの器も目新しくて食卓の雰囲気がガラッと変わります。


【糸玉長角皿】  機能と美しさを考えた白山陶器のものです。
8193.jpg

深い色合いの鉄赤釉を背景に、連なる糸の玉をリズミカルにレイアウト。

糸の繊細の柔らかい雰囲気を結晶で表現しています。

「鉄赤」は釉薬と絵具の成分が窯の中で変化し結晶化したものを柄として応用していますが、一見“漆塗り”のような不思議な味わいがあります。
820.jpg


この器を引き立ててくれた脇役たち。庭のもみじ・貝合わせ箸置・小浜の箸・和歌山の片口。
8191.jpg


【糸玉長角皿(大)】22×13×2cm 1枚 ¥2,100(税込)
8193.jpg

お寿司も良いですが、だし巻き卵に良く合います♪作ったときにまた紹介しますね!



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→










頂き物~菜箸(さいばし)~

お客様から頂いた【菜箸】。長野県にある器の専門店で購入されたそうです。
8182.jpg

当店にご来店されるお客様は、旅先での“用と美”の出会いも大切に、楽しんでらっしゃいます。

お客様目線で、他の専門店の雰囲気や品揃え、店主の人柄などを伺えるのも、私にとっては大変勉強になります。


調理小道具である菜箸でさえも、よく吟味すれば、国産で使いやすい逸品に巡り合えるのです。

とても軽く持ちやすい。繊細な盛り付けから炒め物などの調理までこれ一本でこなせ、大活躍です!

ありがとうございました。
8183.jpg




陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



外国土産とカタツムリクリーム

昨日の落雷で電話が不通になっておりました。

17(金)16:00~18(土)11:30

本日回線は復旧しました。 大変ご迷惑をおかけいたしました。




☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

さて、昨年から今年にかけて、私の周りでは海外旅行がブームのようで。

友人達に会ったときには、お土産話と共に旅の写真を見せてもらったり、ときにはお土産まで頂いちゃったり、群馬に居ながら異国情緒を味わっています。(行ったこと無い国の場合はほぼ空想です)

元々旅行が大好きな私にとってはありがたいかぎりです^^


今年に入ってからもらったお土産。

【スペイン】日本にはないポップな色使いの小皿。
8181.jpg

普段使うアクセサリーなどを入れてます。
8184.jpg


【ドイツ】シンクとガス台はこれで磨いています☆ピカピカになるし、香りも好き。
8185.jpg


【タイ】【韓国】 タイ→成田→韓国 の弾丸旅行をした友人より。
8189.jpg


【韓国】【ハワイ】
 年中乾燥している私にとってハンドクリームはありがたいのです。
8188.jpg


【ニューヨーク】
大好きなBath & Body Works、ボディークリームは少量で十分なので一年以上もちます。
8187.jpg
・・・とまぁ、みんな、結構遠出してるものですが、

お隣【韓国】はやはり安価で気軽に行けるので人気のようです。(いまはある意味で紙面を賑わしていますが・・)

熱狂的なK-POPファンで、休日には足しげくお気に入り韓国歌手のコンサートに通っている友人から、韓国コスメがとっても良いと教えてもらい。。。

彼女が“韓国びいき”なのは分かっていながらも、ネットで買ってしまいました^^;

カタツムリクリーム!

8186.jpg

ちょうど基礎化粧品も終わりかけだったし、ちょっと前からブームだし。

かたつむり粘液や美容成分がたっぷりと配合されたクリーム。ちょっと聞くと気持ち悪いですが^^;

ものは試しで(笑)。

この類のクリームを出しているメーカーも多く、値段もピンきりなので、比較的手ごろで有名どころのMISSHA(ミシャ) にしました。

ナイトパックも付いて¥2,400くらいです。
81811.jpg

結果・・・

使ってからすこぶる肌の調子がいい!(笑)


変にネバつきがあるわけでもなく、す~っと肌に入り込みます。

朝使うと、冷房からの乾燥にも負けず夕方までもちもちが持続。

気になっていた匂いもそれほどきつくなく、かなり良い印象。

現地では半額くらいでしょうか。

あくまでも私個人の感想ですが、韓国コスメ見直しました。

熱狂的K-POPファンの友達に渡韓の日程聞かなきゃ。





陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




水牛カトラリー

水牛の角から作られたスプーン&フォークが入荷しました。

当たりがよく、硬質で粘りの強い水牛の角は高級印鑑の素材としても人気があります。

その水牛の角をひとつひとつ手作業で削り、エレガントで美しいカトラリーに仕上げました!


817.jpg

一般的に、黒の方が沢山取れ、黄色や白の方が希少とされます。

その中で固い部分のみを厳選し、丁寧に板状にしてから暖めながら曲げ、整形していきます。




【コーヒースプーン】

8171.jpg


【カレースプーン】
8172.jpg


【フォーク】

8173.jpg


【レンゲスプーン】
8174.jpg


角は模様や色合いが美しく、天然もののため同じものが2つとありません。

優しい色合い、口あたりのやさしさが魅力です。(※↓コーヒースプーン使用)
8176.jpg


金属のように熱を持たないため、お子様や高齢者にも喜ばれています。

どうぞ、手にとってお気に入りの模様を見つけてください。



【コーヒースプーン】11.5cm ¥600(税込)

【カレースプーン】19cm ¥900(税込)

【フォーク】17cm ¥750(税込)

【レンゲスプーン】14.5cm ¥750(税込)



・自然素材のため、それぞれに色、形が若干異なります。
・耐熱温度約80℃。
・お湯などに浸しておくと、多少柔らかくなる場合がございます。





陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

PRIRET~プライレット~

妹の同級生で私も小さい頃から知ってる、2人のイケメンくん。

この春に2人でアウトドア向けのブランド【PRIRET】を立ち上げ、各方面での商品PRをしながら一般市場に向け躍進中です。

8165.jpg

彼らが最初に手がけたのは、天然素材にこだわった“タオル兼用ストール”

2人がカナダ在住時代にキャンプや山登りの魅力にとりつかれたそうなのですが、アウトドア用品でなかなか質の良いモノが無かったことに着目し、数年の構想期間を経て品質にこだわったオリジナルブランドを立ち上げました。


8164.jpg

素材は綿が中心で、家庭でジャバジャバ洗濯できるのも嬉しい。彼らは銭湯に行くときもこのストールを携えてるとのこと(笑)。

8161.jpg


妹は、悩んだ末に・・・・・
8163.jpg


こちらをGET♪
8162.jpg


肌にやさしく機能性に優れたタオル兼用ストール。


会社情報&商品ラインナップはこちら(クリック)→プライレット



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

アベンジャーズ@伊勢崎MOVIX

816.jpg

アベンジャーズの先行上映に行ってきました。

伊勢崎ムービックス、水曜日はレディースDay♪¥1,800→¥1,000のスペシャルプライス!(3Dはメガネレンタル料 +¥400です)

アクション大作だけに3Dで観るべきか迷いましたが、少々疲れ気味だったのと放映時間のタイミング的に2Dがちょうど良かったので、今回はメガネなしで。



【感 想】

まず、この映画を観る前に『インクレディブル・ハルク』『アイアンマン1、2』『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ』は観ておくべきです。登場するヒーローを知らないで観るのは楽しさ半減ですから。

知っていれば1人1人ヒーローが登場するごとに「キタァー!!」とテンションアップするのです(笑)。

こういった集合映画の場合、大抵一部のキャラクターがおざなりになりがちですが、そういったこともなく、キャラクター1人1人にちゃんと見せ場があります。

ヒーロー達が悪と戦うというシンプルな筋書きではありますが、アメリカらしい豪快なアクションに、見終わった後には爽快感に包まれる笑いあり感動ありのアクション映画、思った以上に面白かったのでオススメします♪

あ、これから観ようと思っている方、エンドクレジット後まで席を立っちゃだめですよ。ここ重要!

にがうりの味噌炒め~源右衛門窯~

昨日の晩御飯。

・メカジキの煮付け
・にがうり(ゴーヤ)の味噌炒め
・ミョウガととろろ昆布の澄し汁

手を加えて調理したのは↑これくらいで、他は器に盛り付けただけです。
8141.jpg

ひとつひとつは簡単なのに、パパッと盛り付けて並べるだけで、日常の食卓はもちろん、来客時のもてなしやお酒の席など、いろんなシーンをグッと華やかに演出してくれるいい器たちに私はいつも助けられています。


あ、そうそう。ひと夏に何度も登場するこの『にがうりの味噌炒め』。にがうりは、苦さが美味さではありますが、あの独特な苦味が嫌いな方にはオススメのレシピを、友人のお母さんに教えてもらったので紹介します。
8142.jpg

《にがうりのみそ炒め》
材料 にがうり・・・1本 ごま油・・・大1 みそ・・・大1 はちみつ・・・大1

①にがうりは縦半分に切って中のわたをスプーンでかき出したら、端から薄切りにする。

②フライパンにごま油を熱し、にがうりを炒める。

③にがうりに油が回ったら、みそとハチミツを加えて、絡めながら炒めたらできあがり!

※ 私は炒める前に一度塩もみします。水でさっとさらしたら水分を良く切ってフライパンへ投入。

苦味もだいぶ緩和され、ご飯も進みますよ。夏バテ防止にぜひお試しください。



この納豆にハマってます♪”なっからうんめぇ!粕川なっとう”
※”なっから”とは上州弁で ”とても'' という意味。
814.jpg



この古伊万里ワイングラスでいただくビールは格別です。
8143.jpg



【使った器】食卓を華やかに演出してくれたのは全て源右衛門窯の器たちでした。
8146.jpg




※お盆中は通常営業です。15(水)は定休日となっておりますm(_ _)m



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→






迎え盆

今日は盆の入りですね。ご家族で大切な御霊をお迎えしている方もいらっしゃると思います。

813.jpg



私も開店前に家族で菩提寺へ、迎え火の火種をいただきに行きました。
8134.jpg


本堂のご本尊をお参りした後にお墓参りをし、お迎え用の提灯に明かりを灯して、その明かりと共に精霊を家まで導いて帰ります。

境内のセミが賑やかに合唱していました。このジメジメした暑さといい、お盆にふさわしい陽気です^^;

8133.jpg

お馴染みの馬と牛も準備万端。

キュウリは馬の例え。お盆のときに、少しでも早く迎えられるようにとの願いを込めて。トウモロコシのひげで尻尾をつけてみました。

ナスは牛を表現。お盆が終わって、帰るときはのんびりと。
8132.jpg

お盆中は、果物や好物のほかに、毎日家族が食べるものと同じものを家族の食事の前にお供えします。

今朝は野菜ジュースとコーンフレーク^^; ごめんなさい、夕飯はまともな食事にします。






※お盆中は通常営業です。15(水)は定休日となっておりますm(_ _)m






陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




miw 《招福猫・みゅう》

miw《招福猫・みゅう》

縁起のよい招福猫 miw (みゅう)が新登場!

8122.jpg

昨年の大震災以降、癒やしを求める人が多く、縁起の良い招き猫に福を呼び込むパワーを込めた「上品で有田焼らしい招き猫」を有田の窯元が作りだしました。

漫画チックな一般の招き猫とは一味違う、有田焼の滑らかな地肌に色鮮やかな古典柄を描いた風格のある子猫たち。

見てください!この表情豊かな可愛い子猫ちゃん♪かわいい中にもどことなく色気のある表情に私も釘付けです。
8121.jpg

右手を上げた招き猫は“金運”を招くとされています。

絵柄は3種類。古典的な「菊絵」「椿絵」のほか、サッカーのなでしこジャパンの活躍に触発された「なでしこ」など、現代風にアレンジしたデザインも。

3匹ともそれぞれ違った首輪をしているところもあそび心がありますよね。

私は一番左の首輪に描かれた「鹿の子」の柄が大好きです。
812.jpg
※背中の模様 左から 菊・なでしこ・椿


猫好きさんはもちろん、そうでない方もアクセサリーをかけたり、縁起ものとして飾っていただきたい商品です。

だんぜん犬派のわたくしも、毎日この子達に癒されています^^



miw《招福猫・みゅう》

子猫 高さ11cm 各¥8,400(税込)





陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



更紗文様天眼鏡[サラサモンヨウテンガンキョウ]

【陶匠の天眼鏡】

世界に通用し日本を代表する工芸品である有田焼と、世界に通用するドイツの光学品メーカーであるエッシェンバッハ社との異業種コラボレーションにより、天眼鏡・ルーペとして、また、観賞用として価値ある品が誕生しました。

有田焼の中でも数少ない陶画の世界で活躍する陶匠 葉山有樹氏によるデザインにより、古代の神話や先人達の詩情を文様にした陶磁器の柄をもつルーペです。

8113.jpg


レンズ材質:形状 PXM:バイコンベックス

PXMはエッシェンバッハ開発、ポリメチール系樹脂素材の高品質光学レンズ素材です。透明度・純度・硬度、解像力に優れます。安価なルーペで使われているアクリル性のレンズは、経年劣化により変色し透明度が落ちますが、PXMレンズにはその心配がありません。

8112.jpg


811.jpg



葉山氏の作陶による有田焼とエッシェンバッハ製のレンズが融合した「陶匠の天眼鏡」は、まさに平成の「肥前の精美」として自信を持ってお薦めできる逸品です。
8114.jpg



8116.jpg


陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


プリザーブドフラワー

永遠に咲く魔法の花「プリザーブドフラワー」


新築祝いの贈り物として、友人に頼んで作っていただきました。
810.jpg


新婚さんだからと、(私が勝手にイメージする→)淡いパステルカラーで作って欲しいと依頼し、イメージどおり!いや、イメージ以上の作品ができあがりました♪
8102.jpg

アンティーク調のポットもステキ☆

ほんのり香り癒される、パフュームの香りと共にお届けします♪
8101.jpg


もちろん、お気に入りの器とセットで♪

【パキラボール】
8103.jpg

【パキラなぶり8号皿】
8104.jpg

今年の東京ドームの陶磁器フェスタでも大人気だったパキラ柄。

そう、観葉植物でよく目にする、あのパキラです。

シンプルですが、絵の配置もよく、料理栄えする器なのです。



パキラの花言葉は、「快活」「勝利」「幸運を呼ぶ」といわれています。

贈り物にも最適なシリーズですよ。



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→












松楽しょうらく~足利市~

ど派手なパンツに雪駄スタイルで現れた、60代半ばのイカしたおじ様。
8094.jpg


この方との初対面で「ちょいワルおやじ」とはまさにこういうおじさんのことか!と分からせてくれてから、かれこれ20年近く。


相変わらず、周りを虜にしてしまう話術とユニークなキャラクターで地元ではちょっとした有名人?です。
8095.jpg


実はこの方が、当店の暖簾から名刺、店内の絵を書いてくださる、中華レストランのマスター「ごんちゃん」です☆
809.jpg


今回も新作を持ってきてくれました。心温まるこの画風は海外でもウケているそうです。
8091.jpg



8092.jpg


有名人・著名人の知り合いも多く、中でも↓この方とは「謙さん、ごんちゃん」の仲だとか。
8096.jpg


若い頃に都内のホテルで修行した、味の腕前は確かです^^

↓広い店内の一角、カウンタースペース。長年かけてマスターが集めた骨董コレクション。
8093.jpg


足利に行かれた際にはぜひ☆マスターと触れ合うだけでも元気がでますよ!

当店の器もこちらに嫁いでいます。
【上海レストラン 松楽】
栃木県足利市葉鹿町1-5-9
0284-62-8000
11:30~21:00
定休日 火曜日

青花黄小花蓋物~陶滋(touji)~

なんて心地の良い寝不足なんでしょう♪

やってくれましたね!なでしこジャパン!悲願のメダル獲得確定です☆

決勝は、前回のFIFAワールドカップの対戦相手アメリカです。なにか因縁めいたものを感じますね^^;

今回もなでしこジャパンの勝利を祈り、良い試合になるよう期待しています。




さて、食卓に品良くアクセントをつけるなら、こんな蓋物はいかがでしょうか^^

【青花黄小花蓋物/陶滋】
807.jpg

やや黄みがかった粉引きの土に、珍しい色合いの絵付けが特徴の陶滋さんの作風は「有田焼らしくない有田焼」(笑)。大好きな窯の一つです。

全国にファンも多く、一点一点手造りのため、入荷も年に数回のみとなっております。


この珍しい色合いが気に入って自分用に買ってしまいました、この蓋物^^;

煮物や佃煮、梅干からキャンディーに至るまで、かなり重宝しておりますが、今日は煮豆の差し入れをいただいたので、それを入れてみました♪
8071.jpg


残ったおかずなども、蓋をすればそのまま冷蔵庫に入れられ、いちいちラップをする手間も洗い物も減らせます。
8072.jpg


よく見ると多彩な絵付けが施されています。花の中央部分は赤が入っていますよね。
8073.jpg


木製の蓋はとても扱いやすく、万が一落としてしまっても安心。

つまみは持ちやすく、蓋がずり落ちないように段差がつけてあります。
8074.jpg



来客時にお茶受けを入れて和のおもてなしにもいかがですか^^
807.jpg



【青花黄小花蓋物/陶滋】 径12 × 高5.5cm 


陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


桐生八木節祭り

昨晩行ってきました!桐生八木節まつり♪
805.jpg

桐生の夏の一大イベントである桐生八木節まつり。3日間の祭りの期間中は、県内外 から多くの観光客が訪れ、桐生の街が熱気と興奮に包まれます。

今年は3日~5日の3日間、今日が最終日です!

メインのやぐらの周りには、老若男女、お祭大好きさんが何重にも輪をつくって踊り狂っていました。

8052.jpg

きっと、市外、県外からも多くの観光客が訪れているのだと思います。

よくよく考えてみると、ちゃんとお祭りの雰囲気を堪能したのって20年以上ぶり?^^;。
8051.jpg




クライマックスともなると無礼講とばかりにみんなヒートアップでこの状態!もはや八木節を忠実に踊っている人はいません(笑)。(昨年の動画お借りしました)


昼間もイベント盛りだくさん。

こんなお祭りです(クリック)→桐生八木節祭り






つけ濃(だみ)ツワ型向付~福泉窯~

お客様からいただいた大きなプラム♪
804.jpg


一口サイズにカットして、深い藍色が映えるツワ型の向付に盛り付けました。
8041.jpg


食卓の主役になりそうな、パッと目を惹く器はお刺身はもちろん、器に深みがあるので煮物などの盛り付けにも使えます。
8043.jpg

「器から幸せが泉のように湧き出ますように」そう願いを込めて命名された「福泉窯」ふくせんがまは、今も変わらず伝統的な技術にこだわりを持ちながらも、あそび心を加えた形造りでファンを魅了し続けています。

8042.jpg


【つけ濃ツワ型向付/福泉窯】18×13.5cm ¥4,200(税込)




陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

吉田カバン~PORTER~

父が長年連れ添ったボストンバッグ。30年ほど前に、父の友人が使っていたものを譲ってもらったそうです。
8032.jpg

それ以来、出張や旅行、ゴルフに行くときには常にこのバッグを携え、今ではこのような見事な風合いに。

いま思えば、これ以外のバッグを見たことが無く、おそらく“旅行かばん”と呼ぶにふさわしいバッグはこれ一つなんだと思います。

譲り受けたときから多少の使用感はあったものの、あれから30年、よくぞここまで育て上げたものです。

革は柔らかく馴染み、色艶が深みを増して非常に味わい深い、本人も思い入れのあるバッグ。

でも・・・・

8033.jpg



使い込みすぎて、とうとう穴が開きました(涙)。多分、この状態になってからも2,3年は使っていると思います。

8034.jpg

出かける度に「ずいぶん使い込んだバッグですね~。」と皆に言われていたらしい^^;。

使っている本人もそろそろ代替わりを、と思い立ってから半年、ようやく後任が見つかったので紹介します(笑)。







【吉田カバン ポーター ダイク トラベルバッグ】
803.jpg

予約してから2ヶ月待ちでやっと送られてきました。60歳半ばのシニアが持つには、ちょっとカジュアル過ぎますか?^^;


「一針入魂」を社是とし、「品質」と「使いやすさ」にこだわりと誇りを持っている吉田カバンは日本の職人による手作りで、大量生産はしていないとこのこと。

8031.jpg

少々値段がはるのにも、それなりの理由があるんですよね。

なんだかこう並べると、吉田カバンのポーター君が若い青年のように見えてきます^^。


d7v844wc.jpg

これから末長くよろしくね。




陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

ミニポット~康創窯(こうそうがま)~

幅広い年齢層から人気を集めている「康創窯」(こうそうがま)のシンプルライン商品。

FireShot Pro Screen Capture #107 - 【康創窯】|シンプルモダンな染付和食器を製作している波佐見焼窯元の康創窯 - www_kousougama_jp

古くからある和柄を現代風な表情にシンプルアレンジされていて、好きな絵柄で揃えても、いろんな絵柄で集めても楽しい!

毎日の食卓をにぎやかにしてくれますよ。

私も大好きで、愛用しています。


今日はその康創窯より入荷しました、ミニポットの紹介です。
8022.jpg


可愛らしいコロンとしたフォルムに、ぽつんとした赤のつまみが全体を引き立てています。
8023.jpg


取り外しのできるステンレス網は、お手入れも楽々です。
8025.jpg


左)太い筆をぐっと押し付けて強弱をつけた独特の線の「つれづれ十草」。

右)濃(だみ)の濃淡で描かれたやさしいコントラストの「二色丸紋」。

8022.jpg

お茶の他に、紅茶やハーブティーなどにもお使いください。



康創窯 ミニポット 径9.5 × 高さ10.5 cm 各¥3,360(税込)



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

ホルモン大学~高崎~

都内より仕事で高崎に来ている友人と待ち合わせ、お互いの近況報告がてら夕飯を一緒にすることにしました。

高崎駅より7分ほどの、ホルモン大学にて。
8019.jpg

ホルモン屋さんというと、煙むんむんの大衆的な店をイメージしていたんですがそんなことは全くなく、換気も万全で店内もかなり綺麗です!




お肉の食べすぎ防止に、まずは野菜をたっぷりと^^ 塩キャベツと豆もやしのナムル。
8012.jpg




カルビやハラミなどの定番焼肉もいただきました。
8014.jpg

このお店が気に入ったポイントの一つ、

BGMの「なつメロ」が、なんだかとっても落ち着くのです♪

松山千春、佐野元春、jitterin'jinn 、中森明菜 などなど・・・思わず口ずさんじゃったり(笑。
80111.jpg



七輪で焼くのは美味しいですが、焼き具合が難しいですね。
8015.jpg



この強力ファンのおかげで、服にもにおいが付きにくい。
8016.jpg


友人も満足して帰っていきました。

【ホルモン大学】
高崎市砂賀町49
℡027-345-8787
営業時間/17:00~28:00
定休日 /未定(現在無休)






帰り際に空を見上げたら、満月でした。今月はブルームーン(ひと月に満月が2回)ですね。
801.jpg



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。