スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粉引十草(とくさ)すり鉢

ロンドンオリンピックが開幕されて、日々寝不足の方も多いのではないでしょうか。

私もその1人です。

翌日に結果は分かるけど、やっぱり日の丸を背負って奮闘している選手たちをライブで応援したい!

どの種目も、どの選手も、毎日勇気と感動をありがとう!

とにかくオリンピックが終わるまで精一杯、応援したいと思います。



昨夜の模様↓もう“愛ちゃん”なんて呼べません、逆転勝ちすごい!“福原選手”。
7311.jpg




さて、連日の寝不足にこの暑さ、身体が悲鳴をあげる前に予防を心がけなくては^^;。

冷たいもののとりすぎや冷房による身体の冷えは、夏バテの原因のひとつ。

そこで、少量で効果的なものといって連想するのは・・・

ごま


ごまに含まれるビタミンEには活性酸素を発生しにくくし、毛細血管の血行をよくして冷えや肩こりをやわらげる働きがあるそう。

摂りかたにも注意点が。

粒のままより、すりごまやペースト状で食べるほうが消化吸収しやすくなる!ということです。


そこで、こんなすり鉢の紹介です。一見すると、普通のすり鉢ですが・・・・良く見ると・・・
7314.jpg



溝がありません!
 こんなので擂れるの?と思われるかもしれませんが、立派に役割を果たしてくれますのでご安心ください^^。
7313.jpg

なにより、溝に入り込んだごまをキレイに取り除く面倒な作業が、これならお手入れも楽々です。


すりこぎ棒は山椒の木。 山椒には解毒作用があると昔から言われていて、すりおろす時に、この成分が食品に混ざり、解毒作用の効果をもたらしてくれるのです。
7312.jpg


1日の摂取量目安は大さじ1杯くらい。

7292.jpg

夏バテ予防に、上手くごまを取り入れていきたいものです。


【粉引十草すり鉢 すりこ木棒付き】 14 × 11.5 × 6cm ¥4,200(税込)
7314.jpg



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



スポンサーサイト

匠の蔵シリーズ 極上のカレー皿

暑い夏こそ、スパイスたっぷりのカレーを食卓に!!

7301.jpg


極上のカレー皿は人間工学的な見地からカレー専門店の料理人、フードコーディネーター、カレーにこだわる人々や女性を中心とした意見を取り入れ、繰り返し試作と試食を行い納得のいく逸品を作り上げました。
定番のビーフカレーからスープカレーや焼きカレーなど様々な種類のカレーをこの極上のカレー皿で見た目の美しさや、理想の食べやすさを、ぜひ体験して下さい。





《当店の売れ筋ランキング》

1位 【シルエット】
カレーの色(ブラウンとホワイト)との調和を考え、モノトーンの世界を創造しました。
黒は主張することなくルーの茶とライスの白を引き立たせ、テーブルに調和と高級感をもたらしてくれます。
7302.jpg


730.jpg




2位【クローバー】
幸運をもたらす四つ葉のクローバー。あなたは見つけることができましたか?
7305.jpg


3位【白磁】
極上のカレー皿のこだわりを体感するには飾りのない白磁がベスト!有田の白でぜひカレーを。
7306.jpg


4位【レッドペッパー】
香辛料の(胡椒)の原産地インドのイメージ。
7304.jpg


5位【トマト】
大胆な筆使い、ビビットな色調で描きました。この皿だけで食卓の色合いが賑やかになります。
7307.jpg



大皿 : 約26.6cm×約19.0cm×高約5.8cm  ¥2,415(税込)~
小皿 : 約19.0cm×約15.0cm×高約4.2cm  ¥1,680(税込)~
スプーンレスト : 約10.7cm×2.3cm×高約1.3cm  ¥525(税込)~


ご自宅用はもちろん、ご進物にも喜ばれております。




陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




染付地紋長角皿

今日のお昼は、全て昨夜の残り物で♪ご飯が無いけど、これくらいが軽めでいいかなと。

汁モノ(かぼちゃのスープ)があるだけで、満腹度はぜんぜん違います(笑。

729.jpg



いんげんの胡麻和え
7292.jpg



小アジの南蛮漬け
7293.jpg



オクラの煮浸し
7291.jpg


【使った器】染付地紋長角皿  7 × 27 × 1cm ¥1,470(税込)

7295.jpg


以前、カプレーゼで紹介しました。
7294.jpg

スタイルの良い細長タイプが、食卓の雰囲気を変えてくれます♪細長で重なりも良いので収納にも場所をとりません。

青海波・十草・ドットの三種類の絵付け。そして、全体で見ると市松模様になっています^^

ありそうで無かった細長タイプのお皿。使ってみると意外なほど使いやすく、料理が映えるのでかなり重宝しています。

ちょっとお洒落なおもてなしにもいかがですか♪


陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



イタリアへの贈り物

「イタリア人の友人が結婚したので、有田焼の器を贈りたい。」と、ご来店されたお客様。

お選びになった器はこちらのセット↓ チェルキオパスタ皿

イタリア国旗のデザイン 【ビバイタリアン】
611.jpg

大胆なトマトの絵付け 【トマト】
612.jpg

イタリアンの代名詞とも言うべきパスタ料理の皿。

日本が誇る有田焼に、イタリアの国旗がデザインされているパスタ皿をプレゼントなんてなんて粋だと思いませんか^^


念入りに、、、いつも以上に念入りに梱包をします。
728.jpg


イタリアの宅配事情はひどいということは前から聞いていましたが、ネットで調べてみるとイタリアの悪名高すぎる配送業務が出るわ出るわ(涙)。

7281.jpg

そんなことをご承知の上、あえて割れ物の有田焼をお選びいただいたお客様には感謝感謝です!

開店以来、商品破損のクレームはありませんでしたが、場所が場所だけに“これでもかっ!”と受取人様にっとっては嫌がらせなくらい、きっちり梱包させていただきました。

7282.jpg


極めつけ!エアパッキンで完全に荷物を埋もれさせ、梱包完了!
7283.jpg

受取人様、開けても開けてもプレゼントにたどり着きませんが、ご了承くださいm(_ _)m

(↑イタリア語ワカリマセン・・)


どうか無事、届きますように! そして、喜んでいただけますように・・・♪
7284.jpg




陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

透かしビアグラス~畑萬陶苑HATAMAN~

暑い夜には、こんな涼しげなビアグラスでビールはいかがですか?^^

「究極の透かしビアカップ」
727.jpg

《究極の透かしビアカップの特長》
・ 手仕事で透かし彫刻をし、厚さ1mm位まで彫る技術で造っています。
・ 特殊な陶土で白さがあり透光性もあるため、ビールが入っているのがうっすらと見えて楽めます。
・持ち手をリング式と彫刻の彫りによって持ちやすくしています。
・カップを冷蔵庫に冷やしておいてビールを注ぐと、クリーミーな泡立ちでより一層美味しいビールが楽しめます。
・冷たいウーロン茶等も中身がうっすらと見えて楽しいものです。


高い技術を誇るこの透け感。
7271.jpg



7272.jpg



7273.jpg


ラインナップはこちらです↓
7275.jpg



beercup_image.jpg


究極の透かしビアカップ  φ7.6cm×H14cm・容量350ml 各¥10,500(税込)

畑石 眞嗣

1955年生まれ
佐賀県伊万里市大川内山
畑萬陶苑4代目 (創業80年)代表取締役社長
日本伝統工芸士会 伊万里有田焼伝統工芸士
日本文化振興会 会員
ハプスブルク芸術友好協会 宮廷芸術会員

1986(昭和61年)
第10回全国伝統的工芸品展 会長賞受賞
1989(平成元年)
第86回九州山口陶磁展 入賞
第7回日本新工芸西九州工芸展 入選
第30回全日本中小企業総合見本市 中小企業庁長官賞受賞
第32回陶磁器デザインコンペティション 入選
1990(平成2年)
第87回九州山口陶磁展 通商産業大臣賞
1991(平成3年)
佐賀国際デザインコンペティション 優秀賞
第88回~97回九州山口陶磁展 入選8回
1999(平成11年)
日中友好団美術展 北京美術館にて
2002(平成14年)
全国伝統的工芸品展 入選
2003(平成15年)
朝日陶芸展 入選
第100回九州山口陶磁展 第3位受賞
2004(平成16年)
日本文化振興会 国際芸術文化賞受賞
欧州国際芸術祭リール2004 リールグランパレにて欧州重要伝統文化大賞受賞
2005(平成17年)
第4回芸術空間展 エビスガーデンホールにて
第3回メラヴィリア日伊芸術 驚異と美の饗宴展 日伊表象文化特別賞受賞
エコロジー・アース・アート21 第5回記念展 埼玉県立近代美術館
日仏久遠の栄光祭~至高なる日本芸術~ 東京ドームホテル ファンタジア芸術ワイン金賞
第8回北京国際芸術博覧会 中国国際貿易センター 第3位受賞
第5回新世紀宮廷芸術祭 オーストリア・インスブルク宮殿 マキシミリアン芸術賞
第3回トルコ日本現代芸術世界展 イスタンブール・ミマールシナン美術大学 絵画彫刻美術館
2006(平成18年)
和の宝珠展 モンゴル国際大学
ブルガリア国際芸術博覧会 国立海外美術館
2007(平成19年)
美の継承展 鎌倉美術館
第104回九州山口陶磁展 第3位受賞
台湾EARTH展(国際巡廻美術展) 国立中正紀念堂
第10回北京国際芸術博覧会 中国国際貿易センター 特設
モスクワ国際芸術博覧会 ロシア国立芸術 アカデミー美術館 総裁賞
日本・モロッコアートエキスポ IN カサブランカ サクレ・フール聖堂 カサブランカ市長賞
2008(平成20年)
第11回エイズチャリティー美術展 フジテレビジョン賞
第105回九州山口陶磁展 経済産業大臣賞(おもてなし紅茶碗セット)
世界文化功労賞 イギリスアカデミー
2010(平成22年)
第107回九州山口陶磁展 STSサガテレビ賞(四季透かしビアグラス)
2011(平成23年)
第108回九州山口陶磁展 入選(桜前線大鉢)




陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

蚊遣り

私は蚊遣りから漂う線香の匂いが大好きです(笑)

電子式液体蚊取りも便利ですが、やっぱり蚊取り線香の香りって、本格的な夏到来!!と感じさせてくれるので、私はずっと蚊取り線香派です。

インテリアにもなる、有田焼のこんな蚊遣りはいかがですか^^


【山帰来】
kayari1.jpg


【朝顔・風鈴】
kayari2.jpg


有田焼蚊遣り ¥3,675(税込)~



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



ヘルシーイタリアン

今夜は近所の方に夕食に招かれ、イタリアンをご馳走になりました。

・トマトソースパスタ
・かぼちゃの冷製スープ
・グリーンサラダ

725.jpg

月に1回、都内のイタリアン専門の料理教室に通い、本場の味を習得されている勉強熱心な奥様。

今日はシンプルかつヘルシー料理です。

こんなに美味しくできるかは別にして、私にもできそうなイタリアン。


【トマトソース】
湯剥きしたトマトをざく切りにし、オリーブオイルでひたすら煮るだけ。バター・コンソメ一切不要。

パルメザンチーズをかけていただきます。
7251.jpg


【かぼちゃの冷製スープ】
くし型に切ったたまねぎ、種と皮をとったかぼちゃを煮る。牛乳を適量入れ、ミキサーにかけたものを冷蔵庫で冷やす。
余計な味付け一切不要。たまねぎとかぼちゃの甘さが相まって、十分すぎる美味しさ。

7252.jpg


今までの自分の味付けは何だったの?!と思わせるほど、こんなにシンプルなのに旨みが凝縮されてとても美味しいのです。

バターや生クリーム、コンソメ不使用なとってもヘルシーなイタリアン。


やはり食材にはこだわっていました。道の駅などの直売所で朝取り野菜を買っているそうです。

ご馳走様でした^^

725.jpg


陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





粉引き草花急須

今年2月のブログで紹介した一服碗。
2140.jpeg



お揃いの急須が入荷しました^^
724.jpg


手造り感のある粉引きに手描きの絵柄がマッチします。

網は取り外しできますので、お手入れも楽々です。
7242.jpg


茶器揃えで上品なおもてなし。
7241.jpg


粉引草花急須   ¥5,775



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

マグカップコレクション

普段使いに最適なマグカップは、飯碗・湯のみと並んで贈答用の人気商品となっております。

当店おすすめのラインナップを紹介。


着物の柄を思わせるような鮮やかな古典柄。
723.jpg


染付けの野草絵柄、絵変わり5種。
72311.jpg


手造り感と珍しいフォルムが人気です。
72310.jpg


安定の良い大きめのマグカップ。
7239.jpg


土モノ(陶器製)、独特の質感と大胆な絵付けは年配の方に人気です。
7238.jpg


中央の小窓は透け感のある水晶彫り。シンプルな白磁にもあそび心を。
7237.jpg


窯元・一葉/作  落ち着いた地色に絶妙な色使いで描かれている馬。揃いでミルクピッチャーもご用意。
7236.jpg


パール掛かった美しい地肌は特に女性に人気があります。口が広いのでスープマグにも最適。
72312.jpg


便利な蓋付きマグカップ。年配の方向けの贈答にも喜ばれています。
7231.jpg


淡い梅の花がぐるりと一周描かれています。手造り感のあるコロンとしたフォルムがかわいらしい。
7232.jpg


女性のファンが多い水彩画を思わせるような絵のタッチ。
7233.jpg


緩やかに面取りが施されています。鉄線が鮮やかに咲き誇ります。
7234.jpg


基泉窯のロングセラー商品。白磁の部分を生かした絵柄の配置が飲み物を一層美味しく引き立てます。
7235.jpg



サイズ・価格などのお問い合わせはこちらへ→ HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

究極のラーメン鉢

昨日の晩御飯。

・野菜あんかけラーメン
・餃子(リベンジ)
・ポテトサラダ(前日の残り)

722.jpg

あるはずの冷凍ご飯が無いことに気づき、急遽献立を変更しました。

朝食を野菜ジュースだけにしたことや、我慢した日中の間食も全てチャラになってしまいそうな、そんな晩御飯です^^;

とりあえず、冷蔵庫にある野菜は使いきったし、たまにはこんな夕飯もいいかなと。

7221.jpg


使ったラーメン鉢とは違いますが^^; 当店オススメのラーメン鉢の紹介。

「究極のラーメン鉢」
7222.jpg

たったひとつのフォルムとサイズでありながら、13の窯元それぞれが得意とする釉薬や絵付の技法を施すことにより、130種類もの絵柄のバリエーションを揃え、ラインナップに奥行きが生まれました。



使いやすさを追求した形。
7223.jpg

なぜ、究極なのか?そこには7つの秘密があります。

7224.png


こだわりの「レンゲ」使いやすさの秘密
7225.png


絵柄のラインナップは約130種類!!
7226.jpg


ご飯茶碗と同じように、ご家族それぞれのマイラーメン鉢として揃えたいアイテムです。

また、お祝いやお返しなどのギフトに、企業の記念品などにもご好評をいただいています。


ラーメン鉢  ¥2,310(税込)~



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

まろやかポテトサラダ

昨夜の晩御飯。

じゃがいもレシピの定番、「ポテトサラダ」。調味料をちょっと加えるだけで格段に美味しさがUPするので、私はいつもある方法で作っていますよ。(じゃがいもは潰さない方が好きなのでいつも原型をとどめています)
7214.jpg

ポイントはたった2つ。

1.じゃがいもを茹でる時に砂糖を入れる。
じゃがいも大3個に対し、砂糖は大さじ2くらい。塩茹でやレンジでチンしたときよりもコクがでます。


2.味付けはマヨネーズに酢を混ぜ合わせたものを。
お酢を入れると驚くほど味が引き締まり、マヨネーズも少ない量で済みます。あとは、塩コショウ、マスタードなどお好みで。



7215.jpg
レモン汁を絞っておいたので、今夜の食卓にも登場します。




ご飯に合う「なすのしぐれ煮」
7212.jpg




「焼き餃子」浜松餃子風に真ん中に茹でたもやしをトッピング。

でも、なんかおかしい、、、美味しそうじゃない(涙)

・・・って、盛り付け逆さだった~( ̄□ ̄;)!!
7213.jpg

本来はこんがり焼き色がついた方が上になるはず。

理想型↓ こんなのを目指したつもり。。。味は良かったけど、盛り付けって大事ですね(涙。
7216.jpg




気を取り直して、「なすのしぐれ煮」で使った皿の紹介。

【染濃道具尽し浅鉢 / 源右衛門窯】 径18.5 × 高 5.5cm
7217.jpg


長年愛用しております、大好きな紋様。

数ある窯元の中で、大工道具をうつわの紋様にしてしまう大胆な発想は、恐らく源右衛門窯くらいだと思います。

色々な道具が染濃により美しく浮かび上がり、窓絵には唐草、葡萄絵、梅小紋が趣き深く描かれています。

伝統技法を用い一品一品をすべて手描きで仕上げている源右衛門窯。

その繊細にして艶やかな作品をぜひ手にとってご覧ください。




陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→







和装小物

大きさ5cmほどの“おかめさん”。これ何だかわかりますか?^^
720.jpg



裏側はこんなふうに金具が取り付けてあります。
7201.jpg



実はこちら、元は有田焼の箸置きだったものを、母が職人さんに頼んで帯止めに作り変えてもらったものです。
7202.jpg

今では私の宝物の一つですが、こんな遊びごころのある帯止めをして粋な着こなしができたらステキだろうな~、とつくづく。

堂々と身につけられる着物のアクセサリーである帯止め。特に帯の中心にくるものですから、個性を発揮したコーディネートが楽しめますよね。

動植物を象った帯止めで季節感をだしたり、お花見や飲み会など、目的や行事にちなんでもお洒落です。

催し物やお茶の席の帰りに、着物でお立ち寄りいただくお客様の着こなしはとても勉強になります。




さて、8月3日~5日は桐生祭りです!

7206.jpg


少しくらいはお祭りの雰囲気を味わいたいなと、桐生の外れから行く気満々でございます。

22時までだったと思うので、ちょっとでもあの雰囲気を味わってみよう。

ちなみに八木節は忘れました(ノω・、)。見て思い出します。


お祭りで着る予定の浴衣。
7204.jpg


地元、桐生の呉服屋さんで見つけた「とんぼ玉」。金魚が涼しげで一目ぼれです。
7203.jpg


夜な夜な半幅帯のアレンジを研究中。いろんな結び方があるんですね^^
7205.jpg


行事満載で見ごたえ十分の桐生祭り。友人は新生八木節を踊るそうです^^



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→






萩の月~緑釉角銘々皿~

言わずと知れた宮城の銘菓「菓匠三全の萩の月」

719.jpg

カステラに濃厚なカスタードクリームがぎっしり入っているこのお菓子、皆さん一度は食べたことがあると思います。

(宮城県の県花が「ミヤギノハギ」であることにちなんで名付けられたそうですよ。)

常温で食べるのが普通で美味しいのですが、一晩くらい冷蔵庫に入れておくと、カステラはしっとりと、カスタードクリームがひんやりとして、また違った食感が楽しめます。

冷凍庫に1時間半くらい入れて、半冷凍にする食べ方も試しましたが、個人的には「冷蔵庫に一晩」がオススメです(笑)。

冷やすと甘さも抑えられるので、男性にも食べやすくなると思いますよ。




さて、冷蔵庫から取り出した萩の月をちょっと涼しげにもてなすならば、こんな感じはいかがでしょう。

7191.jpg

皿・茶器・もみじ・抹茶ようかん、さり気なくグリーンで統一してみました。

萩の月“冷蔵バージョン”は↓カスタードが程よく固まっているので、断面もキレイ^^
7192.jpg



【使った皿】 緑釉角銘々皿   15 × 高1cm  5枚¥6,300(税込)
7193.jpg


貫入がまた新しい景色を作り出しています。
7194.jpg


高台(糸尻)はありませんが、縁が程よく上がっているので、扱いやすくなっています。
7195.jpg


定番のお菓子も、ちょっとしたアレンジで違った楽しみ方ができますね。
7191.jpg



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



バラ絵角丸仕切皿

誕生日に友人が贈ってくれた

永遠に咲く 魔法の花 “プリザーブドフラワー”

私の小さい頃は、ドライフラワー押し花しか花を永く愛でる方法は無かったけど、このプリザーブドフラワーは最高に美しい状態で保存できるなんて、お花の世界も進化しているんですね。

埃や日光に弱いと教えてもらったので、専用ケースに入れて大切に飾りました。

タイトルは【妖艶】だそうです^^

7173.jpg



日々、有田焼に囲まれて仕事をしておりますが、見つけてみるとバラの絵付けがされた器、結構あります。

今日は、その中でも新作である仕切り皿の紹介です。

【バラ絵角丸仕切皿】 和洋どちらの料理にもマッチします。
717.jpg



「すわり」がいいように、また洗った後の水切がいいように高台は工夫されており、程よい縁の上がりは、盛り付ける料理の幅も広がります。
7171.jpg


色違いで染付けもご用意。流行のワンプレートディッシュでカフェのようなおもてなしも。
7172.jpg


【バラ絵角丸仕切皿】  25 × 14 × 高2cm

赤 ¥3,150(税込)  青 ¥2,940(税込)



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



6代 佐藤走波 鉢

「どんなに上等なものでも、しまっておいたら必ず顔色が悪くなる。」

白州正子/著 「美は匠にあり」

せっかく気に入って購入した器を「使うのがもったいない。自分が気をつけていても、家族にまたすぐ壊されてしまう。」

などと感じて、大事に押入れの奥にそっと眠らせいてる器はありませんか?^^

確かに、壊してしまった瞬間は金額が頭をよぎったり、贈り物なら贈り主の顔が頭に浮かぶことがあると思います。

でも・・・大切にしすぎて、日の目を見ることができない器ほどもったいないものはない、と私は思うんです。

せめて、「よそゆき」で来客のもてなしに使ったり、目に留まる場所に飾るなどしていただければいいなと。


何より、自分の気に入った器でいただく食事は、心を豊かにしてくれます。




さて、久しぶりの作家の紹介です。

若かりし頃の6代 佐藤走波先生↓ 繊細な筆さばきで京風のやわらかさを持つ作風は、当店でも特に女性のお客様にファンが多くいらっしゃいます。

716.jpg


先日入荷しましたこちらの鉢は、残り1点となっております。既にご購入いただいたお客様は早速お使いになってくださっているようで、形・大きさ・絵付けのバランスの良さから、とても使いやすいと好評をいただいております。
7161.jpg


【佐藤走波 鉢】 径17 × 高6cm  ¥15,750(税込)
7162.jpg


【佐藤走波】
昭和28年 佐賀県に生まれる
昭和50年 5代走波に師事
昭和63年 6代走波を継承

日本伝統工芸展
西部工芸展
九州山口陶磁展
全日本総合美術展





陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





子供の器 3点セット

子供の器、新商品入荷しました♪

子供達の大好きな可愛い動物が描かれた、仕切り皿・飯碗・マグカップの3点セットです。

【うさぎ】
715.jpg


7151.jpg


裏面は後姿が絵付けがされていますよ。
7152.jpg

他にも・・・

【いぬ】
7154.jpg


【ねこ】
7155.jpg


お子様が3歳くらいになられたら、プラスチックの器でなく「やきもの」の器をお使いになられることをお奨めします。
 
食育ということからも、陶器は乱暴に扱うと割れてしまうことの物を大切にするといったことや、食のマナーを教育するには、早い時期から陶器・陶磁器に慣れさせておく必要があるかと思います。

また、プラスチック製には表面に付いた小傷に菌が入り込んだりする恐れもあり、衛生的にも特に陶磁器の器をお奨めします。

おにいちゃん、おねえちゃんになってからも使える食器。

出産祝い、お食い初めなどの贈り物としてもオススメですよ^^

715.jpg


【動物3点揃え(税込)】 ※ 単品でも承ります。

仕切り皿  ¥1,575

飯碗 ¥819

マグカップ ¥1,260



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




香立て

今日は可愛い香立ての紹介です。

スティックタイプのお香専用となっております。

714.jpg


【かえる】 葉っぱに気持ち良さそうに寝転ぶ姿が可愛いでしょ。
7141.jpg


【ねこ】 左手をあげているの分かりますか?左手は人を招く、招き猫。
7142.jpg


【うし】 なんともいえないこの表情(笑)受け皿は牧場をモチーフにしています。
7143.jpg


香立てと受け皿は別になっているのでお手入れも楽々です。
7144.jpg


好きな香りに包まれたリラックスタイムで、心身の疲れを自然と解き放ってくれます。

夏夜にお一ついかがですか。
714.jpg


【香立て】税込

かえる  ¥1,890

ねこ   ¥2,520

うし    ¥1,260

恵比寿  ¥2,625








陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





グリルチキン~染付芙蓉手ミート皿揃~

今日は蒸しましたね~。

開店前に花壇の草むしりをしましたが、日差しは出ていないのにすっかり汗だく、本日二度目のシャワーを浴びてからの出勤となりました^^;

蒸し暑く、小雨がぱらついたりする中、本日もご来店いただいたお客様には感謝感謝です。


さて、いつかの夕食です。↓

・グリルチキン トマトソース添え
・かぼちゃの冷製スープ
・バゲット

鶏もも肉をオーブンでカリッと焼けば、余計な脂が落ちるかなと思いましたが、やっぱりボリュームありますね(笑)。

713.jpg


先日訪問したお宅のご主人がおっしゃっていました。

腹7分目にすれば、寿命が5年延びる。

と・・・。

TVや雑誌などでも、必要な栄養分を取りつつ、腹8分目ならず 腹7分目くらいに抑えておくことが、寿命を延ばし、老化防止にもなることが立証されたと発信していました。

将来のことも考え、ちょっと節制しよう・・・^^;



【使った器】 染付芙蓉手ミート皿揃 径 23 × 高3cm 5客揃 ¥15,750(税込) ※単品でも承ります。
7132.jpg


赤濃金彩唐草ミート皿揃 径23cm × 高3cm ¥18,900(税込) 単品でも承ります。
6253.jpg


いずれも基泉窯の定番人気商品です。



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


源右衛門窯ハンカチラインナップ

源右衛門ハンカチ 各¥840(税込)

更紗手
更紗手

桜・黄
桜・黄


桜・青・赤
桜・青・赤


鹿絵・赤
鹿絵黄・赤

鹿絵・青
鹿絵青


荷姿
荷姿


ぶどう・赤
ぶどう赤

花絵・青
花絵青


花絵・赤
花絵赤


花唐草・青
花唐草青


花唐草・緑
花唐草緑


間取り唐草・青・赤
間取り唐草青・赤


あざみ・黄
あざみ黄


あざみ・青
あざみ青2


あざみ・緑
あざみ緑


あじさい
あじさい


鉄線
鉄線・緑

唐草・赤
唐草赤

梅地紋・青
梅地紋青

野いちご・青
野いちご青


うずら
うずら1
うずら2


陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

勝どき~月島

都内は中央区勝どき、元同僚で今も親しくしてもらっている友人新居へ初訪問^^

まず目に飛び込んできたのは東京湾を臨むこのロケーション、リビングから毎日こんな素敵な夜景が見られるなんてステキ!
7125.jpg


う~ん^^; 携帯カメラではこれが限界・・・ スカイツリーも見えました♪
7127.jpg



そして夕食は、歩いて5分ほど、“もんじゃストリート”内の「小町さん」にて月島名物のもんじゃ焼きをいただきます。
7123.jpg

本場のもんじゃ、美味しくないワケがありません!でも・・・・

食べるのに夢中で写真を撮り忘れましたm(_ _)m ということで・・・

〆のやきそば(笑
7124.jpg


別腹のデザート?お姉さんが手際よく作ってくれたあんこ巻き。初体験でしたがとても美味♪
7128.jpg

黒蜜でいただきます。


すっかりお腹も満たされ、心地よい海風に吹かれながら月島の下町を散策しました。
7126.jpg

下町の風情そのままに、お洒落なお店が立ち並ぶ路地裏。


看板がお洒落だったのでパチリ。
712.jpg



7121.jpg



橋を渡れば銀座、自転車でお台場まで行けるし、時には築地で新鮮な食材が買える。

下町の風情を残しつつ、近代的な高層マンションが立ち並ぶ、新旧の街並みがとけ合う街 勝どき。

彼女がここに住んでいなかったらきっと来なかっただろうな。すっかり好きになりました。

またお邪魔します。そして、末永くお幸せに・・・☆
7125.jpg


陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


手捻りのぐい呑~皓洋窯(こうようがま)~

あたたかさを感じる染付と個性豊かな手捻りの和食器をつくる窯元・皓洋窯(こうようがま)のぐい呑

7101.jpg


一つひとつ違う表情の手捻りは手にも優しくフィットするので、肌合いが心地よいのです。
7102.jpg


イクラや塩辛、佃煮を入れたり小付としてもお使いいただけます。
7103.jpg



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



蚊遣器

つるりとした滑らかな肌合いの蚊遣り。

和・洋どちらのシーンでもマッチ、有田の伝統技術に個性的なデザインが光ります。

7091.jpg




夏場以外では、花器や水盤、ポプリ皿としてお使いいただけます。
7092.jpg


7093.jpg



しらたま(太白)蚊遣器  径22 × 高6cm  ¥4,200(税込)
7091.jpg


有田焼の蚊遣りで風情のある夏のひと時をお過ごしください。



ちなみに、蚊に刺されやすいのは一般的に以下のような人だと言われています。

  ・O型の人
  ・お酒をよく飲む人
  ・暗い色の服を着ている人、色黒の人




陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




急須 メッシュ160

「お母さんの大事な急須割っちゃった~!!」

と友人が駆け込んできました^^;

さすがにここまで大胆な壊れ方をしてしまっては、直しようがありません。。

取っ手を接着できたとしても、一番重さが加わる部分ですし、熱湯を注ぐわけですから万が一のことを考えるとその状態で使うのは危険すぎます。。

7081.jpg



ということで、新調していただきました。割れてしまった急須は鉢カバーにするなど再利用してくださいね^^
7082.jpg
つれづれ十草急須

全く同じものなのですが、実はこちらの急須、「茶こし」に秘密がありますよ。

ほんのちょっとパワーUPして新登場です。

メッシュ160 超極細茶こし網
7083.jpg

写真では分かりにくいのですが、従来品より4倍網目が細かいのです。

メッシュ160の細かい網が茶葉のかけらも通さず、口当たりのよい、美味しくて飲みやすいお茶を淹れることができます。

従来品
7084.jpg

《メッシュ160特長》

      ⒈ お茶を注いだあと、細かい茶葉のかけらが出ません。

      ⒉ 細かい茶葉が詰まりにくく、とても洗いやすい。

      ⒊ 丈夫で長持ちします。



7082.jpg


 お茶の味、お手入れの楽さも数倍UP! 少し遅い母の日のプレゼントにするそうです。

喜んでもらえますように。


陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




スイカの箸置き

食卓が楽しくなりそうな、スイカの箸置きが入荷しました^^

もちろん一つ一つ手造り、手描きで、小さな種までよく表現されています。

7071.jpg

季節に合わせて四季折々の器を揃えるのは大変でも、ちょっとした演出で四季は表現できます。

小物を使って夏を演出。食卓が楽しくなりそうな箸置きです^^

7072.jpg

スイカ箸置き  赤・黄 各¥630(税込)



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



ハルニレテラス~軽井沢~

休日を利用して、久々に軽井沢へ行ってきました。

6時過ぎに出発し、

8:00a.m.

友人オススメのこちらで朝食です。

【ハルニレテラス】 


100本を越える春楡(ハルニレ)の巨木が立ち並ぶ、モダンな温泉街。

このエリアには温泉の他、信州や軽井沢にこだわるレストラン、カフェ、デリカテッセン、ワイン、日用雑貨店などが軒を連ねています。


その一角にあるパン屋さん

【沢村 SAWAMURA】にて

朝食をとります。



7061.jpg


店内にたちこめる香ばしいパンの香り、ズラリと並ぶ焼き立てパン、どれもこれも美味しそうで目移りしてしまいます。。
7062.jpg



7063.jpg


私は、チョコレートデニッシュと野沢菜のパン(渋い?笑)をチョイス。
7065.jpg



友人のパンもパチリ。右側のプリンみたいなのはカレーパンだそう。
7064.jpg
ランチ・ディナーもあるそうで、調べてみると、新丸ビルと広尾に出店してるそうです。

清々しい朝に、緑に囲まれたウッドデッキでいただく天然酵母の焼き立てパン。

(座る場所によっては近くを流れる小川のせせらぎがBGMになるそうです。)

地元にも美味しいパン屋さんはたくさんあるけど、こんなステキなロケーションはなかなか無いかな。

ごちそうさまでした。


一日軽井沢を堪能した後、

夕方またこちらに戻ってまいりました(笑)

高原野菜をたっぷり使ったヘルシーな料理とローマ風ピッツァ?なるものがいただけるこちら、

【イタリアン イル・ソーニョ】にて夕食を。

7068.jpg


店内のお客さんは、ゴルフやアウトレットの話題で盛り上がりながら食事をしていました。
7067.jpg

体は疲れているはずなのに、リフレッシュでき、とても充実した休日でした。


【ハルニレテラス】 こんなところです→  http://www.hoshino-area.jp/shop/



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



グリーンスムージー

美容と健康に関心の高い知り合いの方のオススメでグリーンスムージーなるものを始めてみることにしました。

お宅にお邪魔したした際、作ってくれました♪味はもちろん、身体が美味しい!って言ってる感じ^^

7051.jpg

青梗菜・ロメインレタス・キウイ・グレープフルーツ・水適量をミキサーでミックスしたものです。


7053.jpg


レシピや効果が載っている本をお借りしたので、早速読んでみようと思います。
7052.jpg


酵素や食物繊維たっぷりでデトックス効果も期待でき、作り方はシンプルだし良いことづくめ、何より美味しいので続けられそう^^

グリーンスムージーとは、ほうれん草などの生の野菜(グリーン)とフルーツと水をミキサーで混ぜ合わせたフレッシュジュースです。

グリーン・スムージーの提唱者ヴィクトリア・ブーテンコ氏によると、緑色の野菜に含まれる「クロロフィル」の分子は人間の血液の分子にとても近く、摂取すると血液がきれいになるそうです。


陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


ブルーム バターケース~白山陶器~

桐生市の今日は、梅雨らしい小雨の1日となりました。
7031.jpg


先日紹介した
【ブルームジャムケース】径10 × 高5.8cm  ¥3,150(税込)
6224.jpg


私も気に入っているので、しつこいくらい載せちゃいます(笑)
4251.jpg


バターケース(上)も入荷しました。
425.jpg



【ブルームバターケース】  高5.5 × 幅14.5 × 奥行8.8cm  ¥4,200(税込)

手書きのクラフト感あふれる花柄モチーフが、和洋問わず、お使いいただくことができ、バターの他、キャンディー・チョコレートなどのスイーツや、アクセサリー・小物入れにもよく似合います。

アンティークのような雰囲気で、どこか懐かしさを感じさせながらも、新鮮さを運ぶデザイン。

プレゼントにも最適です。


7035.jpg



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→





名入れの器~子供食器~

ご注文の名入れの器が入荷しました^^

オリジナルで名前が入れられるこの器は、誕生日・出産祝い・お食い初めなどにご利用頂いており、私もよくプレゼントに使っています。



食育ということからも、陶器は乱暴に扱うと割れてしまうことの物を大切にするといったことや、食のマナーを教育するには、早い時期から陶器・陶磁器に慣れさせておく必要があるかと思います。

プラスチックの器でなく「やきもの」の器をお使いになられることをお奨めします。
 
自分の名前が入った器を毎日使う・・・・  すごく愛着がありますよ。



きいちゃんへ♪
702.jpg



それぞれに名前が入ります。
7021.jpg



みくちゃんへ♪
7022.jpg


お子様が使いやすい形状のフォークとスプーン。木製なので安心です。
7023.jpg


今回はお客さまのご希望で飯碗のみ、名入れではなく、生まれ年の干支の絵柄が入ったものをセットにしました。
(※ こちらは名入れではありません。)
7024.jpg



縁起の良い干支の茶碗、十二支の絵柄をご用意しております。
70251.jpg



《色のラインナップ》イエロー・ブルー・ピンクの3種類。 《サイズ》 径9 × 高5cm  《金額》 各¥1,050(税込)
7029.jpg



全国発送承ります(別途送料)。

ご予算に応じて組み合わせも自由です。詳しくはこちら→こどもの器



陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→



歳をとるごとに・・・

早いもので今日から7月、2012年も後半に突入です。

 「歳取ると1年が短くなる」なんてことを親やその同年代の人たちが言っているのを、若い頃に聞いたことが何度かあったけど、最近になってその意味が分かるようになってきました^^;。

「歳をとるごとに一年が加速的に早くなる」 理由は諸説あるようですが、なるほどと思った理論が以下の二つ。

<年齢分母理論>

 10歳の1年: 1年/10年 = 10.0(%)

 40歳の1年: 1年/40年 =  2.5(%)

つまり、10歳のときより20歳の時の1年の速度は2倍、10歳のときより40歳の時は4倍の速さで進むことになるのだという。

でもこれって、どんなに努力をして充実した生活を送ったとしても、年が経つに連れて加速度的に早くことになるってことですよね。

せつな過ぎる・・・( ̄Д ̄;)

 

そしてもう一つ、

<アクティビティ量理論>

年をとるに連れて、1年に起きた新しいチャレンジ、新しい発見、新しく覚えたことが減っていき1年は短くなっていくという考え方。

楽しく熱中していると時間が短く感じると言うが、それは、その時間を過ごしている間の感覚である。 多くの新しい経験をした時間は充実した長いものに感じる。

この考え方であれば、これからの10年間も工夫次第で充実した時間を長く楽しめることになりますよね。 

(*^-゚)v

そのためには効率よく時間を使い、アイドルタイムをもっと有効活用すべきなだなと。

前半期のなんとなくやり過ごしてしまった時間に反省しつつ、後半頑張っていきます!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


仕入れで八丁堀に行った際、立ち寄った銀座にて。

15年ほど前、この近くに勤務しておりましたが、たった10年あまりで街並みって結構変わるもんですね。

世間で話題になっているアパレルブランドもあり、元に何があったのか思い出せないままちょっと歩いてみました。



中央通りの歩行者天国。
7014.jpg



毎年恒例の七夕飾りが始まっていました。
701.jpg



ミキモト本店前には「真珠の耳飾りの少女」と咲き誇る紫陽花が歩行客の目を惹きます。
7013.jpg


百貨店の和洋食器フロアも見てみたかったけど、時間がなく断念。。。

私の場合、時間の有効活用 + 計画性が必要です。。。^^;




陶磁器サロン 彩   → HP





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。