スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yamato.jpg


123312 (1)


123312 (2)

12331.jpg

スポンサーサイト

胡蝶蘭

~胡蝶蘭の花言葉~

『幸福が飛んでくる』 『変わらぬ愛』


そんな想いを込め、贈り物にぴったりの器の紹介です。

【胡蝶蘭 飯碗・湯呑】華山/窯作
kotyouran.jpg

グラデーションを生かした上品な絵付けが特徴。

並べてみると、左右対称に蘭が描かれています。

リップ(舌のような中心の花弁)の色違いでペアになり、大きさは男性用が一回り大き目です。
kotyouran4.jpg



使い勝手の良い楕円皿、パスタやサラダ、フルーツなどを盛り付けても◎ 

絵の配置がとても良いので、料理が映えますよ^^
kotyouran2.jpg

胡蝶蘭 飯碗(大) φ12.0 × H5.5cm 飯碗(小) φ11.0 × H5.2cm

湯呑(大) φ7.0 × H8.0cm 湯呑(小) φ6.8 × H7.8cm

胡蝶蘭 パスタ皿 20 × 25.5 × H4.5cm 


昨年12月に頂いた胡蝶蘭
kotyouran6.jpg


あれから4ヶ月、未だに一つも花を落とすことなく、店内で美しく咲いています。
kotyouran3.jpg


よほど株が良かったのか、環境が良いのか、、特に手入れはしてないんですけどね^^;

みずごけが乾いたらたっぷり水遣りするくらいです。

胡蝶蘭には寿命がないので、上手く栽培すれば、10年、20年続けて咲かせる事ができるそう。

何度とチャレンジしましたが、未だに成功しておりません。。。花芽はついたんですけど(涙

いつか成功したらまたUPします。


陶磁器サロン 彩   → HP



ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→


Birthday Dinner

日ごろお世話になっている方の誕生日会を兼ねた家ごはん。

そんな特別な日には・・・・

THE すきやき です!(笑
sukiyaki.jpg

若いころは「質より量」でしたが、歳を重ねるごとに「量より質」となり、美味しいお肉をほんの少しで大満足なのです。

食べ過ぎて胃がもたれるなんて数年前まではなかったのになぁ・・・(涙


(雑誌に載っていたレシピを参考に作った今半風?割り下)  なかなかイケます^^ 
sukiyaki9.jpg



腹9分目にとどめ、お次はスウィーツタイムです。人の誕生日に便乗して食べるケーキは不思議と罪悪感を感じません。

・・・・・って、、私だけでしょうか?^^;
sukiyaki5.jpg


ずっと気になっていたケーキ。やっと買う機会が訪れました♪
くるみ・ドライフルーツ・栗まで入ったずっしりとした濃厚チョコレートケーキ♪美味しい^^
sukiyaki7.jpg



ごちそう様でした♪




この歳になって思うこと。早生まれって羨ましい~!




でも、そんな方々も「早生まれが損だと感じること」があるようで・・・

・幼少期において、体格・体力・学力に差がでやすい。
・早い時期にその格差に劣等感を感じてしまうと、その後に影響する可能性もある。
・高校3年のとき、すでに運転免許を取得している友人が羨ましかった。
・定年が誕生日ではなく年度末の場合、退職してから年金の受給までの日数が遅生まれのひとに比べて遅い。

等々。。まぁ、損とか得とか一概には言えないんでしょうけど。



なにはともあれ、

また来年もこうしてお祝いできることを願って・・・Happy Birthday♪






陶磁器サロン 彩   → HP



ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→










今、偕楽園です。梅の香りをおくります。kairaku.jpg

と・・・・・・・今日お客様から頂いた写メールです^^

水戸の偕楽園(かいらくえん) といえば、言わずと知れた日本三名園のひとつです。

今日はポカポカ陽気で、梅を見ながらの散策にはもってこいの天気でしたね!

うらやましい~~~^^;

今日で8分咲きくらいでしょうか。。



次は桜!!

桜の開花予想によると、群馬県は4月10日くらいに満開になるようです。


花咲き誇る春!なんだかウキウキしますね~♪


「偕楽園」・・・藩主のみではなく、家臣や領民が共に楽しむ場所として、水戸藩第9代藩主徳川斉昭(とくがわなりあき)公が開園。
        「偕楽」とは「偕(とも)に楽しむ」の意味です。偕楽園の入園料は無料。(好文亭は有料)
「梅の数」・・・偕楽園本園に100品種、3000本。田鶴鳴梅林等に1000本。品種が多いこと、また風格ある老木も魅力です。





陶磁器サロン 彩   → HP
misegamae2.jpg




ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→

お気楽ひとり鍋

今日も暖かくなりそうですね^^

春はすぐそこまで来ていますが、あえてこの冬に大活躍した鍋の紹介をさせていただきます(笑


【お気楽ひとり鍋】

鍋がそのまま器になったら・・・

鍋料理は、肉・魚・野菜を汁ごといただけるから、栄養バランスが良く、外食が多く栄養バランスが偏りがちなシングルライフの方には、お勧めの優れもの料理です。


hiotori.jpg

● 「お気楽ひとり鍋」の特長 (土と釉薬の特性)
・ 従来の土鍋では、ご使用になる前に米のとぎ汁などで煮だきする必要がありましたが、この鍋は普通洗いのみでご使用いただけます。

・ 空焚きができるので石焼ビビンバも調理できます。

・ 土、釉薬の特性により従来の土鍋と比べ、素材が強くて割れにくく、汚れにくい。

・ 電子レンジ・オーブンもご使用いただけます。

※IH調理器には対応していません。ご注意ください。



我が家では風邪を引いたときに~
kayu.jpg


おかゆを作ったり
kayu2.jpg


ときには湯豆腐♪ ・・・って、全く手間が掛かってないですね^^; 
gohan10


一般的な使用例はこちらを^^↓
mein.jpg
  キムチチゲ ・ ラーメン ・ 鍋焼きうどん ・ 石焼ビビンバ ・ サラダボール 等々


kuro.png
黒釉 お気楽ひとり鍋 ※鍋敷き板 付
容器φ16.0×H8.0cm   3,990円(税込)

    
siro.png
白釉 お気楽ひとり鍋 ※鍋敷き板 付
容器φ16.0×H8.0cm   3,990円(税込)



一人暮らしの方、または残業で遅くなったお父さん、受験生の夜食に、食べる量が少なくなったお年寄りの方たちの「お気楽ひとり鍋」

使って便利、もらって嬉しい逸品です。




陶磁器サロン 彩   → HP
misegamae2.jpg




ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→

方皿(ほうざら)~源右衛門窯~

柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、

日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。

ローマ法王が来日した際の晩餐会では、ティファニーとのコラボレーションによる器が使用されました。

また、記憶に新しいG8北海道洞爺湖サミットでは日本政府から各国首脳に万年筆が贈呈されました。
mannen3.jpg


各国首脳へ贈呈された有田焼万年筆オリジナルパッケージ
mannen5.jpg

このように源右衛門窯は、日本の外交シーン等での調度品や献上品としても選ばれています。




今日は源右衛門窯の中から、日常使いに重宝する「方皿」の紹介です。

一昨年前に「方皿展」と題してイベントを開催した際には、予想以上の反響でご自宅用の他、

縁起の良い八角であることから、ご進物用にも大変喜ばれました。

【赤濃枝梅方皿】
houzara4.png


【青彩菊絵方皿・染付有明買海図・染付梅地紋方皿】 左上から時計回り
houozara3.jpg



【染錦梅小紋方皿】 我が家でも頻繁に登場しております。
houzara.jpg



美しさ・使いやすさ・丈夫さを兼ねそろえた日々の器として末永くご愛用いただけます。

食卓を華やかに彩ってくれる魅力的な作品をどうぞ手にとってお確かめください。





陶磁器サロン 彩   → HP
misegamae2.jpg




ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→

急須~常滑焼~

【常滑焼】

日本六古窯(常滑、信楽、備前、丹波、越前、瀬戸)の一つとして長い歴史を持っています。

その中でも常滑焼を代表とする「急須」は、江戸時代末期から明治にかけて始まり、

今では「伝統工芸品」として多くの伝統工芸士が熟練の手技によって「究極の常滑急須」作りに励んでおります。

今日はそんな「究極の常滑急須」の中でも、私が一目ぼれして選んだ2作品をご紹介します。




【焼〆急須 錦絵桜】
ふっくらしたボディに金彩錦絵桜をあしらったもの。若手の星、都築豊氏のロクロに奥様の彩色。kyuusu.jpg



素地と同じ素材で多数の穴でお茶を美味しく抽出する細(ささめ)
kyuusu2.jpg



バランスの良い急須はこのように立つんです!

皆さんのお手持ちの急須はどうですか?くれぐれも蓋をとって注意して試してみてください。

(もちろん、持ち手の形が特殊だったり、デザイン性の高い急須など、立たないものもあります。)
kyuusu3.jpg



そしてもう一つ。私の好きなブランド【長三郎】の急須。

明治初期に常滑焼を陶磁器産業として振興発展させた「伊那長三郎」の名から命名されて新ブランド。

【黒泥富士形布目】
布生地の目の繊細な文様に柄をあしらった常滑焼らしい急須です。しっとり落ち着いた色合いとこのシェイプが好きです♪
kyuusu4.jpg



余談ですが・・・購入時には注ぎ口にビニールのチューブが付いています。
kyuusu7.jpg
これは、しずくが垂れるのを防止するために付けられたものではありません。

商品を運送しているときに注ぎ口が欠けてしまわないように保護をしているのです。

ビニールを付けたまま使用していると、そこに雑菌がたまってしまいます。

購入したら取り外して使いましょう。




お気に入りの急須で淹れるお気に入りのお茶は格別においしいですよ^^
kyuusu6.jpg




陶磁器サロン 彩   → HP
misegamae2.jpg




ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→


すりすり急須 

今日はちょっと変わった急須のご紹介です。

すりすり急須
suri3.jpg


茶葉をすりつぶして、お茶が持つ健康成分を最大限に引き出す「すり鉢茶」が簡単に作れる優れもの。

以前、「NHKためしてガッテン」ですり鉢茶が放映されて以来、人気商品となっております。

当店でもテレビや雑誌でご覧になったお客様方がお買い求めくださり、さらに口コミで話題になっています。



【特徴】
1. 急須の内側がすり鉢状になっているので、「すり鉢茶」を作ることができます。
2. ステンレス茶こしが付いているので、普通の急須としてもお使いいただけます。
3. キレの良い注ぎ口と、洗いやすいボディ。


【すり鉢茶の作り方】
surisuri.jpg


【すり鉢茶の効能】

茶葉をすりつぶすことで、お茶が持つ健康成分カテキンを最大限に引き出す飲み方です。 お茶の粉を飲むことで
・ βカロテン(抗酸化作用)
・ ビタミンE(血行促進作用・免疫機能改善効果)
・ クロロフィル(腸内環境を整える働き)
等があります。
また、茶殻を焼きそばやサラダ、煮物をはじめとした料理に混ぜて食べると、
茶葉に残った健康成分を余すことなく摂取できます。


【すり鉢茶ラテの作り方】たまには違った味で楽しみましょう♪

牛乳の脂肪分がカテキンとくっついて血液中へ吸収されやすくなり、健康効果をさらに高めることができます。
<材料>
・茶葉2g ・熱湯50ml 
・牛乳50ml
<作り方>
1.すりすり急須に茶葉2gを入れ、小さじ約1杯の熱湯を入れ、ペースト状になるまで1分ほどすります。
2.熱湯50mlを(1)に入れて2分間待ってから、茶こしでこします。
3.温めておいた牛乳を(2)に入れて出来上がり。
※茶葉やお湯、牛乳の量は、お好みに合わせて調節してください。


【すりすり急須 ラインナップ(税別)】 ※山椒のすりこ木は別売り300円(税別)
suri6.jpg


すり鉢茶で家族全員で健康に!

私も愛飲中♪安いお茶が美味しくなってびっくりしました^^

ぜひお試しください。




陶磁器サロン 彩   → HP
misegamae2.jpg




ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→





佐藤走波 さとうそうは

私も大好きな作家、6代佐藤走波さんによる作品のご紹介を。

当店では特に女性のお客様よりご注文をいただいております。

繊細な筆さばきで京風のやわらかさを持ち、初期伊万里の素朴さと豪快さがあります。

明治半ばで、走波焼は「廃藩置県」で、自然と窯の火がとだえました。

六代走波は、五代走波を継承して、走波焼の流れをくみ、

有田創磁、中国、そして走波写しなど創作陶芸一筋に巾広く研鑽を続けています。


【赤濃牡丹大福碗 左】 【染錦花割花文大福碗 右】
souha.jpg


内絵も繊細に描かれています
souha2.jpg


有田焼には珍しい地の色と花文様。女性に人気の理由の一つ・・・とても温かみを感じます。
souha5.jpg


souha3.jpg


バランスの良い高めの高台、マグカップ。
souha7.jpg

【秋桜小丼】
 飾っておくだけでも絵になる逸品。やわらかい色合いのコスモスが咲き誇ります。
地の色を灰色にすることで、特に白が浮き出て見えます。私が一番気に入っている作品です♪
souha4.jpg

う~ん。。写真で魅力をお伝えするのは難しいですね^^;

5月に出張を予定しておりますので、仕入れましたらまたUPさせていただきます。


【佐藤走波】
昭和28年 佐賀県に生まれる
昭和50年 5代走波に師事
昭和63年 6代走波を継承

日本伝統工芸展
西部工芸展
九州山口陶磁展
全日本総合美術展



陶磁器サロン 彩   → HP
misegamae2.jpg




ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→




スタッキングマグ

明日24日は大安ということで、今日は一日納品で外に出ておりました。

器好きなお客様は、日本に留まらず、世界の名品を集めていらっしゃいます。

説明つきで色々拝見させてもらいました。

大変勉強になります。

私は有田焼の販売を生業としていますが、他の器を知ってこそ、有田の魅力をお伝えできる。。。

そんなことを思った一日でもありました。がんばりますー^^





さて、カップル、新婚さんに人気のマグカップのご紹介を。
【スタッキングマグ】 
sutakkingu.jpg


その名のとおり、スタッキングしやすく、安定がいいので、収納のスペースをとりません。

有田焼も新しいアイデアをどんどん取り入れて、日常で使いやすい器作りもしています。
sutakkinngu2.jpg


【ハッピーフラワースタッキングマグ】

高さ 7.5センチ 口径9センチ スタッキング時 13センチ



陶磁器サロン 彩   → HP



ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→

豚人(ブタンチュ)~高崎~

学生時代の友人と高崎で待ち合わせ、こちらのお店で語らいました。

豚しゃぶ専門店 豚人(ブタンチュ)
buta.jpg

群馬県産 上州もち豚を使用した豚料理専門店です。

JR高崎駅 西口 徒歩2分と立地も良く、出張サラリーマンにも人気らしい。

使えるものは使おうと、店を前にして友人と携帯でクーポンをチェックします。

ありました、

「しゃぶしゃぶ 一人前無料^^」  ラッキー♪



とりあえず、豚しゃぶメインに何品か注文。

つきだし
buta2.jpg




サラダと串かつ
buta3.jpg



私は車だったので飲めませんでしたが、日本酒「聖」@渋川市
buta5.jpg



こちらが看板メニューでもある、もち豚のしゃぶしゃぶ肉。
buta4.jpg



手作りのポン酢・ゴマだれ・厳選したお塩で、三種の味が楽しめます。

やっぱりもち豚 美味です! 野菜もたくさん摂れて◎
buta6.jpg


ごちそうさまでした^^

全体的にちょっと味が濃い目なので、お酒好きな方、若い人向けかもしれません。

ランチメニューもあるみたいですよ^^
buta8.jpg



豚人 @ 高崎市八島町32-4 TTSビル2F

営業時間/昼 11:30~15:00 夜 17:00~25:00

定休日/日曜日

027-386-9408






陶磁器サロン 彩   → HP



ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→




残り物アレンジ

昨日のシチューでドリアを作りました。

作ったといっても、

ライスをバターとコンソメで炒め

シチューをかけ

とろけるチーズにパン粉を乗せただけです^^;
doria.jpg





屋外にこもって器ばかり撮っていたので、たまには上を向いて
sora.jpg


陶磁器サロン 彩   → HP



ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→





家ごはん~赤濃金彩唐草~

久々の洋食です。パスタ・クリームシチュー・サラダ・バタール
pasta.jpg

寒波は去っても相変わらず野菜が高いですねぇ(涙) 例年に比べまだ5割り増しくらいです。

今日のサラダはスーパーの見切り品♪

彩りよくカットされた数種の野菜がパックになっているもの。

我が家のように少人数だと消費のスピードが追いつかなかったりすることもあるので、

あれこれ買うよりお得です^^


パスタの盛り付けが雑ですが・・・^^;   ひねってこんもりができませんでした^^;


使った器は基泉窯“赤濃金彩唐草”シリーズ
pasta2.jpg

日本人が西洋の華やかな文化に憧れた明治初期。

有田焼もまた、ヨーロッパの薫り高い洋食器を作り上げました。

染付(藍と白)のように呉須(ゴス)だけで成立している器は数多くありますが、

朱赤だけを使って濃みを施した器はそう多くはありません。

さらに、洋食器であるため、器の内側は白。

内絵をほどこす有田焼では極めて珍しいものです。


そしてカトラリーは、ラッキーウッド
pasuta4.jpg

ご存知の方も多いと思います、日本におけるカトラリーのトップブランドです。

当店では一年ほど前より取り扱いを始めました。このミルトアシリーズは

◆2009グッドデザイン賞受賞◆

シャープでスタイリッシュなデザインでありながらも、モダンな表情をもつカトラリーシリーズ。

シンプルな形状のハンドルは、独特な光沢のある「ブラスト」仕上げになっています。

今回使ったのはスプーン&フォークですが、用途に応じて種類も豊富ですのでまたご紹介させていただきます。



【使った器】
パスタ・・・赤濃金彩唐草 ミート皿 23 × 高3センチ/基泉窯

シチュー・・・赤濃金彩唐草 サラダボール 径18センチ/基泉窯

【カトラリー】
デザートスプーン ミルトア 19.5センチ/LUCKYWOOD

デザートフォーク ミルトア 20.1センチ
/LUCKYWOOD


陶磁器サロン 彩 →HP
misegamae2.jpg



ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→




カップのリユースと文山窯

お客様が持ち込まれたカップ。

あらら・・・・^^; 見事に取っ手が取れてしまっています。
magu.jpg

愛着のある器こそ、簡単に処分できないものです。

修復できる状態であれば、ぜひ他の活用方法をみつけて再利用してみてください。

陶磁器用の接着剤で手当てをし・・・・
magu2.jpg



フラワーベースに♪ 即席だったので、地味ですが・・・
野の花や野草、ハーブなんかのポットにしてもいいかも☆
magu3.jpg


取っ手部分は元通り修復できても、今までどおり飲み物を入れてご使用になるのは危険です。

こんな風にアイデアを取り入れて、違った用途で器を蘇らせてください^^



さて、私の好きな窯の一つである、有田焼「文山窯」の商品が入荷しましたので紹介します。

【プラチナ牡丹 蓋物】

器に大輪の牡丹が咲き誇りる贅沢な絵付けと上品な色合いが特徴。
bunzan.jpg

一珍いっちん(細い針穴から搾り出しながら素地に盛り上げて模様を描く技法)で表現し
花びら一枚、一枚が立体的に浮きでています。
bunzan6.jpg


bunzan2.jpg

15 × 15 × 高8センチ

品のいい大きさのこの蓋物は、おせち料理、ちらし寿司、菓子器 など、年間通してお使いいただけます。




そして、ブライダル・退職のお祝いに人気なのがこちらです↓美しいフォルムとモダンさが表現されています。
【プラチナ牡丹 コーヒーカップ&ソーサー】
bunzan3.jpg

古典的なモチーフを現代感覚にアレンジして、華麗さと優美さを兼ね備えたプラチナ牡丹シリーズ。

ぜひ手にとってご覧ください。


陶磁器サロン 彩   → HP



ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→



子供の器

お客様ご注文の「子供の器」が入荷しました。

だいちくんへ
kodomo2.jpg

みことちゃんへ
kodomo.jpg


れいちゃんへ
kodomo3.jpg

kodomo4.jpg


オリジナルで名前が入れられるこの器は、誕生日・出産祝い・お食い初めなどにご利用頂いており、私もよくプレゼントに使っています。



食育ということからも、陶器は乱暴に扱うと割れてしまうことの物を大切にするといったことや、食のマナーを教育するには、早い時期から陶器・陶磁器に慣れさせておく必要があるかと思います。

プラスチックの器でなく「やきもの」の器をお使いになられることをお奨めします。
 
自分の名前が入った器を毎日使う・・・・  すごく愛着がありますよ。

全国発送承ります(別途送料)。

ご予算に応じて組み合わせも自由です。詳しくはHPに掲載中。



HP内「こどもの器(名入れ)」をご覧ください。 陶磁器サロン 彩 →HP
misegamae2.jpg




ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→



藍の器

不安定な天気が続いてますね。今日もシトシト冷たい雨です。

「暑さ寒さも彼岸まで」とは言うものの、今年は例年より寒いせいか実感が沸きません^^;

一雨ごとに春へ向かっているようなので、もう少しの辛抱です。



さて、本日入荷した「藍の器」の一部を紹介させていただきます。

【花芯 茶器揃え】
gosu.jpg

手作り・手描きの藍と白の 染付の器。ふわっと広がる藍色の花に花芯の白いポイントが引き立ちます。

急須のつまみは、引っかかりをつけ、摘みやすい作りに。(蓋ってよく落とすんですよね^^;)
ちょっとしたことですが、この気遣いはありがたい。
gosu2.jpg


こちらは取皿。深さのある取皿は汁物も取り分けられ重宝します。直径14センチ
重なりが良いのも◎
gosu3.jpg



どことなく欧風な雰囲気の上の器と打って変わって

こちらは和風のそば猪口型の小皿。
gosu4.jpg


大きさは手のひらサイズ。醤油の小皿として、もちろんお蕎麦をいただく時、薬味を乗せたりしても面白いですよね。
gosu5.jpg


飽きの来ない変わらぬ魅力を持つ藍の器(染付)は、贈物にも好適です。


以前、家庭画報に掲載されていたコシノジュンコさんの古伊万里コレクション。
17世紀の中国・清朝の磁器や、韓国・高麗青磁の写しなども含め、20年近くに渡り集めているそう。

それにしても、すごい数ですね・・・^^;
sometuke.jpg


陶磁器サロン 彩 →HP
misegamae2.jpg



ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→



ツナマヨと春の彼岸

今日は風も無く、穏やかな良い日ですね^^

接客をしていると空腹を忘れますが、最近はどんなに遅くなっても(夕方5時だろうが)お昼は食べるようにしています。

今日のお昼。私の中のロングヒット商品。ツナマヨネーズおにぎり(笑
(美味しいものってなんでカロリーが高いんでしょうかね^^;)

そしてカップ味噌汁。汁物があるとないのとでは満腹度がぜんぜん違います。

値引き販売の棚で見つけたときはラッキー(笑) でも、滅多に無い(涙)ツナマヨ
ohigan.jpg



さて、明日は彼岸の入りです。今日のうちにお花だけは用意して。


仏壇用
ohigan2.jpg




お墓用(春のお彼岸にふさわしい、チューリップとストック)
ohigan3.jpg




仏壇用は水切りをして
ohigan4.jpg



活けます。花瓶が窮屈^^; あとで3つに分けよう。
ohigan5.jpg


延命剤は必須! 酢とか漂白剤とか10円玉も試してみたけど、やはりこれが一番よい。
ohigan6.jpg




明日は開店前にお墓参り。

あ、今日中にお仏壇の掃除もしないとだった・・・^^

明日のお昼はぼたもちかなぁ



【使った花瓶】

弥左衛門窯 つるぶどう花瓶


陶磁器サロン 彩 →HP
misegamae2.jpg



ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→



味ごよみ宮田 ~大洗~

休日、出かけついでに足を延ばし、茨城県の大洗に行ってきました。

北関東道が開通したので、太田桐生IC~水戸大洗ICまでは1時間半程度で着きます。

(桐生はインターまでのアクセスが悪いので、+30分ですが^^;)

大洗といえば「あんこう鍋」。

「あんこう=高級魚」のイメージが強く、漫画「美味しんぼ」で読んだ事はあっても、実際目にしたこともありませんでした。

今回はコストパフォーマンス◎で、地元の人もオススメのこちら↓

【味ごよみ宮田】さんで、あんこう鍋を初体験です。お店はサーフスポットの大洗サンビーチの近く、和モダンな外観です。
miyata.jpg


店内は広々と落ち着いた空間・・・
最近改装されてカウンター、テーブル席、お座敷に加え、テラス席もあるらしい。

案内された席の横には、笠間焼きらしき土物の器がお行儀良くならんでおりました。
miyata9.jpg



念願のあんこう鍋登場!火にかけるその前に、あんこうの肝をフライパンでトロッと炒め~
miyata10.jpg



お野菜やアンコウの身・皮・肝 がいっぱい入ったお鍋に加えます。
いわゆるどぶ汁鍋
miiyata3.jpg


できる間に(友人が)飲んでいた地酒「月の井」。瓶がかわいい^^

miyata4.jpg



【あんこうの七つ道具】肉・肝・水袋(胃)・ぬの(卵巣)・えら・ひれ・皮。
「骨以外捨てるところがないむだのない魚」といわれる理由に納得です。
miyata7.jpg


いよいよ食べごろ。味噌仕立ての濃厚スープ。身はほっこり、皮はとろっぷるん、内臓各所まで美味しい。
驚いたことに全く生臭さもありません。コラーゲン豊富、美肌、老化防止・・・と連想される言葉を思い浮かべて頂きます(笑
miyata6.jpg



そして鍋の定番、あんこうエキスたっぷりの雑炊で〆。ごちそうさまでした^^
1ヶ月分の栄養補給をした気分。充電完了!今日からまた仕事がんばります!
miyata11.jpg


あんこう料理メニュー(11月~3月)

味ごよみ 宮田
@茨城県東茨城郡大洗町大貫町256-488
TEL/029-267-0045
営業時間/ (昼)予約限定 (夜)17:00~23:30
定休日/月曜日



陶磁器サロン 彩 →HP
misegamae2.jpg



ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→


全国行脚営業マン と イケメンくん

関西より漆器メーカーの営業マンがやってきました。

定期的に新商品やら、売れ筋商品をこうして持ってきてくれます。

私の年間出張回数も限られているので、このように現物を見て商品選びができるのは、安心です。

eigyou.jpg


先ほど、長距離運転と日々の営業活動でスーツのパンツが破れてしまったらしい(涙
eigyou2.jpg

当店で仕事を終え、次の目的地は50号沿いにある「紳士服の青山」だそうです^^

全国行脚の営業マンにとってスーツは消耗品。

気分新たに、次の営業先へ~。若き企業戦士がんばってください!



そして今日はかわいいお客様が、ドーナツの差し入れを持って来てくれました♪
お持たせのドーナツをほおばり・・・ざくろジュースをグビッ。
ikemen.jpg



ちょっとぉ~ このまなざしは危険でしょ(>_<;) かわいすぎます!
ikemen2.jpg


ファインダー越しに思わず「かわいい~!!」と言ったら

「ぼく、カッコイイって言われる方が多いんだけど」と・・・・

失礼しました^^;  またおばちゃんと一緒に来てくださいね!イケメンくん♪



陶磁器サロン 彩 →HP
misegamae2.jpg




ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→


贈答

今日も上州名物「からっ風」が強く吹きつけ、のれんが飛びそうでした(><)

春はすぐそこなのに、どうりで寒いはずです。

↓久々の風花(かざはな)
kazahana.jpg

この辺りではよくあることですが、赤城山に降り積もった雪が風によって飛ばされ舞っています。

小さいころは何とも思いませんでしたが、こうして文字にすると「風花」なんてステキなネーミングですね^^


さて、贈答のシーズンではあるものの、ここ最近はホワイトデーの贈り物を求められるお客様が増えました。

特に、ご主人に代わって奥様がお見えになるケースが多く、バレンタインにたくさん女子社員からチョコをもらったご主人を持つ奥様はお返しも大変^^;

当店をお選びいただきありがとうございます。



リボンにちょっとお花を添えて華やかに。
hana2.jpg


喜んでもらえますように・・・☆
hana3.jpg



陶磁器サロン 彩 →HP
misegamae2.jpg


ランキングに参加しました。 応援クリックお願いします→




3.11

東日本大震災から今日でちょうど1年。

当たり前のことが本当に有り難いことなのだと、

恥ずかしながらこの歳になって初めて知ったような一年でした。



改めて、地震や津波の被害や避難生活のなかで亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

また、仮設住宅などでいまだ避難生活を強いられている方々には、

一日も早く新たな生活が始められることを願っております。



3.11

一生忘れません。


そして同じことが二度と起こらないことを心から祈って・・・。



陶磁器サロン 彩

おふくろの味

「今日の夕飯何にしよう・・・・・・・・^^;」

作るだけでも大変なのに、毎日献立を考えるのは、なかなか大変です。

買い物に行きそびれ、材料も限られると、マンネリ化してしまいますしねぇ。

ご存知の方も多いと思いますが、これ、かなり便利。

日本最大級のレシピ投稿サイトクックパッド

cook2.jpg


冷蔵庫にあまっている材料からレシピを検索できたり、

読者から一般応募した新しいお手軽メニューなども検索することができます。

カロリー表示があるのもありがたい^^


今まで、家族間でしか伝えられることのなかった「おばあちゃんの味」「おふくろの味」が、

ネットを通して若い世代に伝えられるのも良い点かもしれません。


・・・・と、普段は大活躍のクックパッドですが、今夜は「本物のおふくろの味」

舌の記憶を頼りに作った~こちら
gohan.jpg



二色そぼろご飯

gohan3.jpg

育ち盛りのころは結構な頻度で食卓に登場しておりました。

今日は、鶏そぼろの水分を飛ばしすぎたかな・・・^^;


簡単☆きのこの酒蒸し。
gohan2.jpg


gohan4.jpg


ごちそうさまでした^^

ちなみに

☆おふくろの味ランキング☆(某雑誌の調査による)

1位 肉じゃが 
2位 カレーライス 
3位 みそ汁 
4位 煮物 
5位 卵焼き 

だそう。

皆さんのおふくろの味は何ですか?^^



【使った器】

鶏そぼろの蓋物   金彩色絵菊花唐草文蓋物 基泉窯
古伊万里ワイングラス   基泉窯
きのこ酒蒸し鉢    絵唐津 鉢




陶磁器サロン 彩 →HP
misegamae2.jpg




カバーいろいろ & 識庵~足利~

こんにちは。今日も冷たい雨ですね。

足元の悪い中ご来店いただいたお客様、ありがとうございました^^

今は日本酒ブームなんでしょうか?

若い男性が数名立て続けに酒器をお求めにいらっしゃいました。

世の中の「食&お酒ブーム」も要チェックですね。


さて、日本酒ブームとは全く関係ありませんが、器の話ばかりもなんなので、、、

いま身近にある、器とは全く関係ないマイブームであるアイテムのご紹介を。

私は、毎日手にするアイテムに自分好みのカバーをつけて楽しんでます^^



その1【ほぼ日手帳】
愛用してる方も多いのでは?「ほぼ日刊イトイ新聞」から生まれた手帳です。
私も好きな糸井重里さんが発行人。

糸井さんとお仕事を一緒にされているカメラマンの方から頂いた貴重な手帳♪

(左)去年 →(右)今年 使い勝手◎ もう他の手帳には戻れません^^ ありがとうございます。
今年のカバーはエスニックな花柄のパターンでかわいい♪
hobo.jpg


1日1ページ。くだらないことから、お客様との大事な仕事の内容まで、私にしか読めないような乱筆でしたためております。
これは絶対に無くせません!
hobo2.jpg




その2【ノートPCカバー】
カスタムする際、悩みに悩んでオーダーしたPCカバー。イラストレーター Lim Heng Sweeの[The Beach]
pc3.jpg


The Beach(笑
pc6.jpg



その3【iPhoneカバー】
iPhoneをゲットする前から狙っていたkate spade のカバー。ネットでどこを探しても無く(涙)。。
大学時代の友人がニューヨークにいるとたまたまTwitterで知り、すぐに連絡!SOHOの直営店で購入してきてもらいました。
SNS感謝! 最後の一つだったらしい、、、、これは絶対に落とせません!(笑
phone2.jpg

以上、器とは全く関係のない、アイテムの紹介でした。



そういえば先日、出かけた帰りに立ち寄った、おしゃれなスポットがあったのでちょっとご紹介を。

織庵(しきあん)
sikian.jpg

住宅街に浮かぶ北欧を連想させるウッディーな佇まいのこのお店。
sikian2.jpg



奥には広く開放感のあるお座敷。個室になっているので、落ち着いて食事&お酒を楽しめます。
sikian3.jpg

旬の食材を使った和食ベースの創作料理。日本酒や焼酎の種類も豊富です。
器は信楽焼きっぽい、流行の「和モダン」な感じ。

食べ過ぎるほど色々頂いたのに、話に夢中になり、だし巻き卵しか撮れませんでした^^; 
ランチはセットメニューがあるとのこと。また機会を作ってお邪魔します♪
sikian4.jpg


織庵(しきあん)
@栃木県足利市鹿島町738
TEL/0284-65-4060
営業時間/ ランチ11:00~15:00、カフェ15:00~18:00、ディナー18:00~23:00
定休日/水曜日






陶磁器サロン 彩 →HP

幸楽窯

有田焼の名工、幸楽窯による「錦菊シリーズ」から蓋物に続き飯碗・湯呑も仲間入りしました。

菊の大輪をバランスよくあしらったやさしい色合いの器たちは、秋に限らず通年お使いいただけます。


kiku2.jpg

他にも・・・



【紅玉】 飾りや珍味入れとして。径4×3.5cm
kiku1.jpg

【錦銀叩き菊尽し銘々皿】 和菓子のおもてなしにピッタリ。11×11×高さ2cm
kiku4.jpg

毎日のうつわにこそ、華やぎとこだわりを大切にしてほしいという思いで作られた、まさに用の美を備えた贅沢な逸品です。

普段使用する食器として、また贈物としても大変喜ばれております。



陶磁器サロン 彩  →HP

ステキなご趣味で

手先が器用なお客様による作品をご紹介^^
(すみません。売り物ではありません^^;)

お三方による三つの作品です。



【太田のI様/作】 
芯はなんと綿棒です!古布ちりめんを幾重にも重ね、見事に男雛・女雛を表現。
今では手に入らないような希少な布を使っているそう。
hari.jpg



【渋川のK様/作】
本物の蓮に綿をくるんだ古布を埋め込んでいます。シックな色使いがステキです。
右はどんぐりで作ったもの。絣(かすり)や紬(つむぎ)の着物を着たときに根付として使えそう。
hari4.jpg


【前橋のN様/作】
ね・うし・とら・う・・・・・・・そう、干支の細工です。見事に特徴を捉えていますよね!
初めに頂いたのは「とら」だったのですが、さかのぼって「ね・うし」も作ってくださいました♪
着物の柄や色使いで男女を表現するところもさすがです!
来年の「み(へび)」は難しそうですよね・・・^^;
hari3.jpg


人は誰しも、得て、不得手があるとは思いつつ・・・・

針仕事をもっとも苦手とする私にしてみれば、皆さん  です!! 

大切に飾らせていただいております。

ありがとうございました^^




陶磁器サロン 彩 →HP
misegamae2.jpg

ステキなご趣味で

手先が器用なお客様による作品をご紹介^^
(すみません。売り物ではありません^^;)

お三方による三つの作品です。



【太田のI様/作】 
芯はなんと綿棒です!古布ちりめんを幾重にも重ね、見事に男雛・女雛を表現。
今では手に入らないような希少な布を使っているそう。
hari.jpg



【渋川のK様/作】
本物の蓮に綿をくるんだ古布を埋め込んでいます。シックな色使いがステキです。
右はどんぐりで作ったもの。絣(かすり)や紬(つむぎ)の着物を着たときに根付として使えそう。
hari4.jpg


【前橋のN様/作】
ね・うし・とら・う・・・・・・・そう、干支の細工です。見事に特徴を捉えていますよね!
初めに頂いたのは「とら」だったのですが、さかのぼって「ね・うし」も作ってくださいました♪
着物の柄や色使いで男女を表現するところもさすがです!
来年の「み(へび)」は難しそうですよね・・・^^;
hari3.jpg


人は誰しも、得て、不得手があるとは思いつつ・・・・

針仕事をもっとも苦手とする私にしてみれば、皆さん  です!! 

大切に飾らせていただいております。

ありがとうございました^^




陶磁器サロン 彩 →HP
misegamae2.jpg

「わっぱ」と「おにぎりBOX」

昨日のブログからの弁当箱つながりで、商品の紹介です(笑

【曲げわっぱ弁当箱】
wappa.jpg

呼吸する木のお弁当箱だからごはんが美味しい!


蓋を開けた瞬間に やさしい杉の香りします。

わっぱはご飯の余分な水分を吸収してくれて夏は保冷、冬は保温に・・・ご飯が美味しく保たれます。

仕切りを外し、余ったご飯をいれておひつ代わりに使うのもいいかも♪

wappa2.jpg



そしてもう一つのオススメがこれ↓ 【あじろおにぎりBOX】(右)
wappa3.jpg


上におにぎり、下におかずを入れられるコンパクトサイズです。
ajiro5.jpg
中蓋を外せば電子レンジの使用もOKです!

MY弁当をいつも会社に持参しているというお客様から、このおにぎりBOXの使い心地を先日写メールで頂きました☆

ajiro1.jpeg

ajiro2.jpeg

はい!完璧です!^^
 美味しそう♪

毎日のお弁当だけでなく、春の行楽にも大活躍しそうですね!



陶磁器サロン 彩 →HP

CM弁当箱

私の好きなCM。少し前話題になり、広告大賞もとりましたね^^  泣けます・・・(涙

東京ガス CM 「家族の絆・お弁当メール」篇



家族の絆の大切さ。

いつも感謝はしているけど、なかなか言えない「ありがとう」を伝えようと思った人も多いのでは。

たった90秒で完全なストーリーを作り出し、人の心を動かせるってすごい。

陶磁器サロン彩HP






手づくり

器が大好きで、遠方より長年足を運んでくださっているお客様が、ご夫婦で来店されました。

いつも時間をかけてじっくり店内をご覧になります。

一服して頂こうと、いつものようにコーヒーをお出ししたところ、ご主人がこのコーヒー碗皿をとてもお気に召したご様子。

【源右衛門窯 七宝紋中碗皿】
gen2.jpg

数日後、再度ご来店され、ご購入を決定。

あいにく窯には在庫が無く、二ヶ月ほどお時間を頂戴し制作を依頼することに。


そして出来上がったのがこちらです↓
gen1.jpg


違いがお分かりでしょうか?

写真では分かりづらいのですが、絵付け、色の出方に若干の違いがあります。

これは機械で量産された器と違い、手づくりならではの起こりうる“味”のひとつです。

特に呉須ゴス(藍色)の発色は微妙な窯の温度差で大きく変わります。

ぜひ、手づくりならではの景色を楽しみつつ、他の器同様、大切に可愛がっていただければと思います。

奥様の碗皿も来月に出来上がる予定ですので、こちらもまた楽しみです。



本物の良さを実感してください。 →陶磁器サロン彩 HP
misegamae2.jpg











ひな人形とその並べ方

3月3日、桃の節句、ひな祭り。

地方により色々な風習があるようですが、この辺り桐生市内は1ヶ月遅れの4月3日が桃の節句です。

当店もあと一ヶ月ほど、並べておりますのでぜひお立ち寄りください^^

hinasama5.jpg




さて、皆さんは雛人形を並べようとして、男雛と女雛の位置を迷ったことはありませんか?

結婚式では新郎の左手に花嫁ですし、男雛を右(向かって左)に配置するのが一般的ですよね。

↓この陶板も右(向かって左)が男雛。
hinasama1.jpg


でも、まれにカタログや雑誌、TVなどで、逆の配置を目にしたことがあり、以前気になって調べました^^;

(※諸説ありますが、内一つ)


hinasama2.jpg


最初は「男雛が左、その右手側に女雛」

論語に「天子南面」という言葉があります。

皇帝などの偉人は南に向いて座り、北面は臣従することを意味しています。

また、南に向いたときに日の出の方角(東。つまり左手側)が上座で、日没の方向(西。つまり右手側)が下座とされています。

この考え方は雛人形にも当てはまり、本来は「男雛が左、その右手側に女雛」を飾ることが当然でした。




現在は「男雛が右、その左手側に女雛」

現在、ほとんどが「男雛が右、その左手側に女雛」。当初とは逆の配置になっているのはなぜでしょう?

それは、プロトコール(国際儀礼)が右上位だったため、昭和天皇の即位の礼が催されたときに、プロトコールに従い「天皇が右、その左手側に皇后」が並ばれたことからきています。

また、かつて掲げられていた御真影(天皇皇后両陛下のお写真)もプロトコールに従った並び方だったため、関東の雛人形業界では、それまでとは反対の並び方にしたのです。

しかし、全国一律に変わってしまったわけではなく、現在でも、伝統を重んじる京都では、本来の「男雛が左、その右手側に女雛」とするところが多く見られるようです。



ルーツを辿ると昭和初期までさかのぼりましたが、当店でも夫婦茶碗や夫婦湯呑みの陳列も、このプロトコールに従い?(笑)

右に男性用を置くようにしています。


一生知らなくても困らない知識ではありますが、知っておくと意外なところで役に立ったりすることもあります。

ちょっとした疑問があったら、些細なことも調べて知ると、また視点が変わって面白いかもしれませんね^^


hinasama1.jpg

【紹介した陶板】

おひなさまプレート(大) 陶房「京千」

縦15 × 横17.4cm 皿立て付

世界的にも珍しい、情熱的な赤。セレン赤といわれる上薬を使用。

この綺麗な赤は「南天赤」とも呼び、「難(南)を転(天)ずる」縁起物で、魔除け・厄除け・災難除けの由来もあります。



hinasama2.jpg

【紹介した蓋物】

錦菊絵ひな人形珍味

高さ9.5 × 横6cm 

珍味入れです。




→ 陶磁器サロン 彩 HP
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。