スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲穂の鉢

ちょっと珍しい菓子鉢の紹介です。

【稲穂の鉢】

971.jpg




よ~く見ると・・・分かりますか?その名の通り、稲穂のもみ殻を漆で固めた器です。
97.jpg



皆さん手にとって、あまりの軽さに驚かれます。使うごとに艶を増し、長くお使いいただくことで、色々な表情を楽しむことができるのも魅力。
972.jpg



【6.0 稲穂の鉢】径18.9 × 高5.3cm  ¥5,544(税込)


《山中塗り》
山中漆器の始まりは、安土桃山時代に木地師が山中温泉の上流に移り住んだことが起源とされています。
当時の製品は、漆を施しておらず、白木地のままの挽き物として売られていました。

その後、京都などから漆塗りの技法が伝わり、山中漆器独自の技法も生まれました。轆轤を使い木地に極細の筋を刻む加飾挽きは、山中漆器の木地師たちが最も得意とする技法です。その技法は、千筋、糸目筋、轆轤目筋、稲穂筋、平溝筋、柄筋、ビリ筋など数十種に及びます。




陶磁器サロン 彩 →HP



いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


スポンサーサイト

漆の銘々皿

来月、九州出張を予定しております。

窯元巡りで良いものに出会えるよう、今から興味のある窯の下調べ。

いつもこのブログをご覧になってくださっているお客様、

「こんなのが見たい!」というご希望があればゴールデンウィーク明けくらいまでにご連絡ください。(→お問い合わせ先はこちら)

できる限りご要望に沿えるよう、張り切って探してきます^^




ということで、まずは航空券の手配を今日中にしなければっ^^; 
4204.jpg





さて、昨日の温泉饅頭からのー、



柏餅
420.jpg


5月にお子さんが初節句を迎えられるお客様からの差し入れです^^

連日、甘いものを口にする罪悪感を緩和するため、昼食としていただきました(笑

ありがとうございました^^ お子さんの輝かしい未来とご健康をお祈りいたしております。

【柏餅へ込められた願い】
柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があるので、これを「子供が産まれるまで親は死なない」=「家系が途絶えない」という縁起に結びつけ、「柏の葉」=「子孫繁栄」との意味を持つそうです。




【使用した皿】三角波根来銘々皿/和歌山県
緩やかな曲線が親しみやすい漆の皿。刷毛目模様になっていますので、キズが付きにくいのも魅力。また使えば使うほど艶を増し、また、ほどよく擦れ、中塗りの黒が浮き出て、とても良い表情となってくれます。
4202.jpg



程よい厚みがあるので、手作り感のある湯呑の茶托として使うのも粋だと思いませんか^^
4203.jpg


いつものお皿を漆器に変えるだけでしっとりとした和の雰囲気が楽しめますよ。

4205.jpg



陶磁器サロン 彩   → HP



いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→

漆器のポットと湯呑

陶磁器が大半を占める店内で、一際目を引く商品。

漆器のポットと湯呑。山中塗/石川県

418.jpg




根来塗(黒漆による下塗りに朱漆塗りを 施す漆器)のポットは、使えば使うほど艶を増し、また、ほどよく擦れ、中塗りの黒が浮き出て、とても良い表情となってくれます。付属の茶こしは取り外せ、お手入れも楽です。
4181.jpg



実際手にして、あまりの軽さに皆さん驚かれる組湯呑。とても薄く、程よく反った口当たりの良い口縁です。
4183.jpg

漆器(木製)は軽く、落としても割れにくいのが魅力の一つ。

また、木は熱の伝導率が低いので、表面が熱くなりにくく、尚且つ中のお茶は温かさをキープしてくれます。

軽く、割れにくく、表面が熱くなりにくいので、特にお年寄りの方にオススメです。

自然のぬくもりを感じさせる木製品は、長く使うほどに手になじみ、つややかな風合いが加わります。

ぜひ、手にとって木のぬくもりを体感してください。




陶磁器サロン 彩   → HP
misegamae2.jpg




読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。