スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて使うその前に

以前、つかさ画廊さんで催された二人展に伺った際、平岩さん(陶芸家)の作品を一つ購入していたのでここでご紹介を^^


こちら!粉引の鉢です☆
touki.jpeg
素朴な中にも温かみのある平鉢は、内側にわざと土の色味を残し、デザインのアクセントに。

写真だと分かりにくいかもしれませんが、無造作に付けられた藍色の斑点も珍しい。
touki2.jpeg

直径16センチ、このサイズが調度いい^^ 煮物、サラダ、フルーツなどを盛ったりと活躍の予感♪

早速使おう♪

でも、その前に!一手間加えてあげることで、器への負担を減らし、良い状態がキープできるのです。

今回はこの鉢を使ってお手入れ方法をご紹介します。(※陶器のお手入れ方法です。)



基本は水にさらせばOK!!
真水に浸ししばらく置いておく。こうすることで、器の表面にある無数の穴を引き締め衝撃や汚れに強くなる。
また、料理の汁気も入り込みにくくなりシミやカビもできにくい。
touki3.jpeg



米のとぎ汁に浸す場合も
器肌が粗く軟質な器は、米のとぎ汁で浸け置くか、煮沸する伝統的なメンテナンスで。
ただし、特殊な技法を使っている作家も多いので購入店で確認が必要。
touki4.jpeg

水やとぎ汁に浸す作業は購入時にしておくと安心です。あとは、面倒でも一度水にさらし、ふきんで軽く拭いてから使用すると、汁気がしみこみにくくなります。




ふきんで水気を拭き取る
水気を切らないまま放置すると、シミやカビの原因に。必ず水気を拭き取り、かごなどに入れて乾燥。
その後しばらく使わないと思われる場合は、1日ほど陰干しするとよい。
touki11.jpeg



収納する時は緩衝材を挟む
キッチンペーパーや布、パッキンなどを器の間に挟んで、重ね傷や割れを防止。
分かっていても、家だとこれがなかなかできない・・・^^;
touki7.jpeg





ほんの少しの配慮で器の景色は格段に変わります。お気に入りの器を末永く使うためにも、お手入れ上手な扱い方をしたいですね。

touki.jpeg






→ 陶磁器サロン 彩 HP
misegamae2.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。