スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなしあわせと吹きガラス 

突然ですが、↓右と左の写真をよ~く見比べてください。 

一ヶ所だけ違うところがありますよ!


皆さんご存知、ヱビスビールのラベルです。

6165.jpg








違いに気づきましたか?

そうです、右側の恵比寿さまには鯛が二匹!後ろにある魚篭から鯛のしっぽが覗いてます。
6164.jpg


実は私、2年ほど前に、とある飲食店でこのビールに遭遇しました。見つけた人には「福がおとずれる」として、正式には「ラッキー・ヱビス」と称するのだそう。それ以来、このビールを飲むときには真っ先にチェックしていますが、未だに出会っておりません。

う~ん・・・^^; あれから2年、気づかぬうちに“福”の訪れがあったのか、、、はたまた、これからいらっしゃるのか(笑)。

でも、どうしようも無いほど不幸のどん底にいる覚えが全く無いのは確かです。

健康で働くことができて、好きなものを食べられビールも飲める。

何でもないようなことが、この上なく幸せなのかもしれませんね。

家族、友人、お客様に支えられている事をこんな都市伝説的な記事を書きながら改めて実感した私です。







さて、今日は大阪の吹きガラス職人による作品の紹介です。
6162.jpg

吹きガラスとは、熔解炉などで高温溶融されたガラスを、吹き竿に巻き取って息を吹き込んで成形するガラス工芸技法です。



機会で量産される製品とは違って、ガラスにもかかわらず、手作りならではのぬくもりがあるのが魅力。
616.jpg





私も愛用しています。コロンとしたフォルムが可愛い^^ また、口縁が広がっているので、滑り落ちる心配もなく、女性の手にも優しくフィットします。
6161.jpg

グラスの中で鳴るカラン♪という氷の音色が涼感に包まれます。

手造りならではの微妙な違いが味わい深い吹きガラス、ぜひ一度お試しください。

吹きガラス製品 ¥3,675~




追記:ちなみに、ラッキー・エビスは瓶製品の数百本に1本あるもので、缶製品では製造していないそうです。






陶磁器サロン 彩   → HP

misegamae2.jpg





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→
スポンサーサイト

ガラスの器入荷のお知らせ

☆ガラス製品入荷しました☆

食卓を涼やかに演出するガラスの器たち。

伝統工芸品である『津軽びいどろ』は1つとして同じものがなく、職人の手仕事の良さを実感できるというのも魅力です。

6143.jpg




ひとつひとつが熟練の技で丹精につくり上げられた逸品です。
614.jpg




涼しげな箸にゼンマイ型の箸置き、いずれもガラス製品です。
6144.jpg




多彩の色合いが楽しい“ぐい呑”は、お酒を呑むだけでなく珍味などを入れたり違った用途でもお使いいただけます。
6141.jpg

ぜひご家庭にガラスを取り入れて、涼感のある食卓を工夫してみてはいかがですか^^。







陶磁器サロン 彩   → HP

misegamae2.jpg





いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→


フレンチプレス

フランスで生まれたフレンチプレス。

あまり馴染みがありませんが、簡単に美味しいコーヒーが淹れられることで最近注目されています。

今日は、bodum社(デンマーク)のコーヒープレスを使って淹れ方を紹介。

【コーヒープレスbodum社】 径70㎜ × 高150㎜ × 容350   ¥3,990
624.jpg


① まず粗挽きのコーヒー粉を用意。これくらい粗い方が◎↓
622.jpg



② 沸騰して少し落ち着いたくらいの湯をポットに静かに注ぐ。
623.jpg



③ プレス部分を一番上まで引き上げ、ふたを静かにセットする。そして、タイマーをスタートさせる。4分がベスト。
621.jpg



④ 4分経ったらプレス部分を水平に丁寧に押し下げ、カップに注ぐ。
625.jpg


⑤ 写真だと分かりにくいが、きちんと淹れたプレスコーヒーは表面に油(コーヒーオイル)が浮いている。これが味わいの決め手!
626.jpg


コーヒーの美味しさは本来コーヒーに含まれているオイルにギュッと詰まっています。

フレンチプレスで使われている金属メッシュのフィルターはオイル分が漉されずにしっかりとコーヒーに入ります。

コーヒー好きのお客様、ぜひお試しください。


陶磁器サロン 彩   → HP




いつも読んでいただきありがとうございます。 応援クリックお願いします→




プロフィール

彩SAI

Author:彩SAI
群馬県桐生市で有田焼を中心とした
陶磁器店を営む2代目店主。
九州の窯元に出向き自分の感性で買付け。
『本物の良さ』を日常生活の文化として,
若い人たちにも発信していくことを心掛けています。

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。